経済・政治のニュース バズってる順 6/7

ドトール、大人気のツナチェダーチーズ&クロックムッシュ販売終了 常連客に衝撃...会社「定期的な改廃の一環」 20

ドトール、大人気のツナチェダーチーズ&クロックムッシュ販売終了 常連客に衝撃...会社「定期的な改廃の一環」

コーヒーチェーン、ドトールコーヒーショップの人気商品「ホットサンド(ツナチェダーチーズ)」「クロックムッシュ」が、2022年9月21日までに販売終了していた。運営会社が同日の取材に明かした。根強いリピーターが少なくなかったようで、SNSでは惜しむ声が相次いでいる。「目を疑いました!!ドトールの人気ランキング上位の...」ドトール広報によれば、ツナチェダーチーズは8月初旬に、クロックムッシュは9月初
5日前 132 バズる指数 20
首相サイドの「独断」があだ 国葬「逆風」 調整・説明不足で拡大 20

首相サイドの「独断」があだ 国葬「逆風」 調整・説明不足で拡大

安倍晋三元首相の国葬が27日に行われる。7月8日の安倍氏の死去後、政府は早々に国葬実施を決定したが、その後、安倍氏と世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係などで国葬への批判が強まり、報道各社の世論調査で反対が賛成を大きく上回る状況となった。「逆風」の背景には、岸田文雄首相サイドの調整・説明不足
2日前 56 バズる指数 20
これは一億総下流社会への序章だ…生活保護増加の一方、1.2億円タワマンが発売直後に完売する二極化の極み 「成長と分配」と岸田文雄首相は言うが、「絵に描いた餅」 19

これは一億総下流社会への序章だ…生活保護増加の一方、1.2億円タワマンが発売直後に完売する二極化の極み 「成長と分配」と岸田文雄首相は言うが、「絵に描いた餅」

日本人の生活はますます二極化している。経済ジャーナリストの須田慎一郎さんは「ホームレスや生活保護受給者が増加する一方、富める者がより富む現象が起きている。『成長と分配』と岸田文雄首相は言っているが、ほとんど『絵に描いた餅』だ。以前ならどうにか太刀打ちできた中間層も、手をこまねいているうちに貧困層に陥る可能性すら出てくる」という――。
3日前 75 バズる指数 19
旧統一教会追い50年、中村敦夫さん「安倍氏への忖度で右往左往」 19

旧統一教会追い50年、中村敦夫さん「安倍氏への忖度で右往左往」

 
9日前 180 バズる指数 19
日経平均株価700円以上下落 世界的に景気減速への懸念強まる 19

日経平均株価700円以上下落 世界的に景気減速への懸念強まる

26日の東京株式市場、欧米などの金融引き締めの動きが相次ぎ、世界的に景気が減速するとの懸念が強まって売り注文が膨らみ、日…
1日前 35 バズる指数 19
原発再稼働“影の主役”は嶋田隆首相秘書官 その狙いは「東電救済」だ|特別寄稿 19

原発再稼働“影の主役”は嶋田隆首相秘書官 その狙いは「東電救済」だ|特別寄稿

9月9日、私は某メディアの取材メモを入手した。岸田文雄総理の首席秘書官、嶋田隆氏を取材したものだ。そのポイントは...
4日前 90 バズる指数 19
国葬で葬るべきは安倍氏ではない、私たちの「欲望」だ - 白井聡 19

国葬で葬るべきは安倍氏ではない、私たちの「欲望」だ - 白井聡

 
14時間前 24 バズる指数 19
旧統一教会信者「萩生田さんとの絆は深い」 政界復帰は「神の計画」 18

旧統一教会信者「萩生田さんとの絆は深い」 政界復帰は「神の計画」

 
5日前 111 バズる指数 18
トヨタ、ロシア生産撤退 ウクライナ侵攻で供給網混乱 18

トヨタ、ロシア生産撤退 ウクライナ侵攻で供給網混乱

【ロンドン時事】トヨタ自動車は23日、ロシア工場での生産から撤退すると発表した。ロシアのウクライナ侵攻に伴うサプライチェーン(供給網)の混乱で部品調達に支障が生じ、事業継続は困難と判断した。生産終了に伴って販売も打ち切ると説明している。
4日前 78 バズる指数 18
「国家は市場に勝てる」というのが岸田文雄首相の考える「新しい資本主義」ということなのだろうか 18

「国家は市場に勝てる」というのが岸田文雄首相の考える「新しい資本主義」ということなのだろうか

岸田氏は首相就任前の総裁選の時から、「新しい資本主義」を掲げてきた。だが、岸田首相が繰り出す具体的な政策を見ていると、やはり「市場」に背を向けようとしているのではないかと思えてくる。
2日前 56 バズる指数 18
ファミリーマートの公式アプリ、普及策を仕切り直し 18

ファミリーマートの公式アプリ、普及策を仕切り直し

コード決済機能を備えたファミリーマートの公式アプリ「ファミペイ」は、2022年7月にサービス開始3周年を迎えた。鳴り物入りで3年前にスタートしたサービスだが、必ずしも思惑通りに事は進んでおらず、22年に入って仕切り直しに踏み切った。ファミペイの肝は、「Tポイント」「dポイント」「楽天ポイント」とマルチポイントに対応しつつ、各共通ポイントのIDとファミマのID(以下、FM・ID)を連係させている
2日前 57 バズる指数 18
渋滞の「先頭合流」はズルい? 大多数が未だ勘違い… 渋滞時の正しい本線合流「ファスナー合流」の効果とは 17

渋滞の「先頭合流」はズルい? 大多数が未だ勘違い… 渋滞時の正しい本線合流「ファスナー合流」の効果とは

渋滞時の高速道路やバイパスの合流では、車両の流入が増えてさらに流れが悪くなりがちですが、渋滞を緩和する正しい合流とは、どのような方法なのでしょうか。
10日前 194 バズる指数 17
生産性に自信? 在宅勤務めぐり上司と部下で大きな認識のずれ 16

生産性に自信? 在宅勤務めぐり上司と部下で大きな認識のずれ

コロナ禍で多くの企業で在宅と出社を組み合わせた働き方が定着しましたが、部下の生産性に自信があると答えた上司が1割程度にと…
4日前 73 バズる指数 16
英国債利回り急騰、財政懸念で「トリプル安」 減税策受け 16

英国債利回り急騰、財政懸念で「トリプル安」 減税策受け

【ロンドン=篠崎健太】23日のロンドン金融市場で英国債の利回りが急騰した。2年債は前日より一時0.4%あまり上昇(債券価格は下落)して4%を上回り、2008年10月以来約14年ぶりの高水準になった。トラス政権が大規模な減税策と国債の増発計画を打ち出し、財政や債券需給の悪化懸念が強まった。英通貨ポンドは対ドルで37年ぶりの安値をつけ、英国株も下げて「トリプル安」になった。長期金利の指標である10
3日前 70 バズる指数 16
今こそ冷静に考えたい「アベノミクス」失敗の理由 15

今こそ冷静に考えたい「アベノミクス」失敗の理由

政治におけるリーダーの最も基本的な使命は、自分の国を、自分が最初にその役割を担うことになったときよりもよくすること、あるいは少なくとも悪くしないことである。この最低限の目標において、安倍晋三元首相は…
6日前 107 バズる指数 15
安倍元首相「国葬」で交通機関への影響は? 路線バスは大幅遅延のおそれ。タクシー配車不可の区域も 15

安倍元首相「国葬」で交通機関への影響は? 路線バスは大幅遅延のおそれ。タクシー配車不可の区域も

安倍元首相の「国葬」による交通規制で、都内では路線バスの大幅な遅延が想定され、一部運休や止まらない停留所も。会場周辺の駅などではコインロッカーが封鎖されます。現在までに発表されている運行情報をまとめました。
1日前 30 バズる指数 15
エリザベス女王と安倍元首相の国葬 受け止め方の違い、どこから? 13

エリザベス女王と安倍元首相の国葬 受け止め方の違い、どこから?

8日に死去したエリザベス英女王の「国葬」が19日午前11時(日本時間午後7時)、首都ロンドンで執り行われる。折しも27日には安倍晋三元首相の国葬が予定されており、改めて国葬の在り方が注目されている。国によってどんなルールで行われ、国葬になった人、ならなかった人は誰か。英国、米国、韓国の国葬事情を調
8日前 125 バズる指数 13
特集ワイド:安倍氏国葬、実態は「内閣葬」 憲法学者・木村草太さんが語る「儀式の矛盾」 13

特集ワイド:安倍氏国葬、実態は「内閣葬」 憲法学者・木村草太さんが語る「儀式の矛盾」

定義あいまい、議論も混乱  国会の閉会中審査で岸田文雄首相と野党サイドの論戦はかみ合わず、約16億6000万円の概算費用に納得できた国民はどれほどいただろう。安倍晋三元首相の国葬が行われる27日に向けて岸田政権が遮二無二突き進む中、法的分析の必要を指摘する人がいる。東京都立大教授の木村草太さん(42
7日前 103 バズる指数 13
10月に厚生年金の適用拡大 中小事業所のパートも対象に 12

10月に厚生年金の適用拡大 中小事業所のパートも対象に

10月から厚生年金の適用対象の範囲が広がる。これまで短時間労働のパートやアルバイトが加入するのは従業員数が501人以上の大きな企業に限られていたが、101人以上の中小規模の会社まで拡大する。新たに対象になる人は自己負担が増える場合もあるが、老後に備える年金額など保障が手厚くなる。厚生年金は公的年金の一つで、会社員らが加入する。共働き世帯の増加などを受け、政府は短時間で働く労働者も対象にするよう
2日前 41 バズる指数 12
スタグフレーションに備えよ 株・債券安に負けない運用 11

スタグフレーションに備えよ 株・債券安に負けない運用

「物価安定の回復に失敗すれば、後々にはるかに大きな痛みを伴う」。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は21日、米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で強調した。今回のFOMCでは3会合連続となる0.75%の大幅利上げを決定。政策金利の誘導目標は3.00~3.25%に達した。FOMC参加者の22年末時点での政策金利見通しの中央値は4.4%となり、11月の次回会合でも大幅利上げが継続する
2日前 36 バズる指数 11
タイトルとURLをコピーしました