メディア記事

右派の論客「一水会」創設者、作家の鈴木邦男さん死去 79歳

バズる指数ピーク 2,977

 twitterコメント 523件中 1~100件
「愛国と憂国と売国」
「愛国心と声高に言う人は偽物。心の中から湧き出てくるものであって、他人や国家から押し付けることなどあってはならない」
「一水会」創設者、作家の鈴木邦男さん死去79歳
この人は数少ない国士だったなあ。謹んでお悔やみ申し上げます🙏
鈴木邦男の死の扱いが小さすぎる。それが今の日本の言論空間の空虚さを象徴している。菊一輪
浪人の時、河合塾の塾生向けイベントで鈴木邦男と牧野剛が対談する左右激突討論会というのがあったのだな(司会は北野誠)。当時の青臭い私は心の中で鈴木氏に反論できない悔しさを感じたのでありました。合掌。
「一水会」創設者、作家の鈴木邦男さん死去 79歳
この人が亡くなったのは残念だが、この記事を読んで改めて思った。
“「親米」を掲げた旧来の右翼団体とは違い、「反米」を掲げた同会は「新右翼」と称された“
…って(呆)。日本の右翼が「親米」というのが論理矛盾だし、勝共連合も含めて金儲けの為だけの商業右翼の証拠だ。
アメリカや韓国カルトに媚びない真の愛国保守の人だった。反米が過ぎてロシアに肩入れしてる時が気になったが。
鈴木邦男さんが、お亡くなりにとのニュースが。約束の時間に遅れない方でした。検察裏金告発、三井環さんが静岡刑務所にいる時も面会と同行。1時間早く静岡に向かうとすでに鈴木さんが。気配りの方でした。合掌
・対米追随ノー
・愛国心は個人の心の問題、政治家が国民に言うことではない。
・国民の自由を奪う自主憲法はノー
などなど右翼とは言えないほど、極めてまともな方
「一水会」創設者であり作家の鈴木邦男さんの印象に残る言葉
「愛国心とは心の中に持つものであり、声高に叫ぶこと自体がどうなのか?それは決して押し付けるものではない」右とか左とかそれを超越したお考えをお持ちの方でした。
ご冥福をお祈りいたします🙏
民におしつ
ならずもの 最後の 逃げ場
一貫
言論活動
柔らかな姿勢
超越
愛国心
心の中
噛み締めていきたい
ご冥福をお祈りいたします
右派 武闘家 反米 独立
亡くなってたのか。知らなかった。
この方自分が某大検予備校行ってた時の講師だったんだよね。世間ではお固いイメージだと思われてるけつど、いつもニコニコしてるイメージだったな。ご冥福をお祈りします。
”反米”(右派)勢力の一水会創設者が物故。
一水会が今後どうなっていくかは興味深い

◆
鈴木邦男さんがお亡くなりになった。講道館の道場で稽古中、または阿佐ヶ谷の映画館で「サンダ対ガイラ」を観ていて「おー、松原さん」と声をかけられた。籠もった優しい声だった。
「ホンモノの右翼」一水会の鈴木氏逝去。「自称愛国者は攻撃的マッチョなだけで他への愛が無い」と喝破。対米追従にNO。口先だけの安倍ネトウヨとは違った。左派毎日がしっかり報道するだけの傑物/
晩年の発言や交遊には疑問を持つ事も多かったが、多くの思想人に影響を与え、戦後の思想史に名を残す人である事は間違いなかろう。お悔やみ申し上げます。
右派と言っても非常にバランスの取れた論客だったと思います。
お疲れ様でした、ご冥福をお祈り申し上げます。
著名人だということをおくびにも出さず、誰にでも分け隔てなく本当に優しい人だった。一番びっくりしたのが頂いた名刺にはご自宅の住所が入っていたこと。ああいう懐の広い人間になりたいね。ご冥福をお祈りします。
ご冥福をお祈りする。
ううむ🤔
合掌。
昔、夕刻のコペルニクス読んだな。 合掌
大学生の時は目の敵にしていましたが、最近では発言に共感することが多い方でした。それにしても、また「誤嚥性肺炎」か…。R.I.P.
三島由紀夫を推しの井浦新が演じた映画を観に行ったら隣の席に鈴木さん、、柔和な笑顔のダンディーな方でした、、南無🙏
鈴木さんだがムネオではない
(^o^)
誤えん性肺炎って怖いな
ゆっくり食べないとな
おおう、ご冥福をお祈りいたします(79か……
尊敬できる人だった。
氏は月に30冊の本を読むことを自らに課していたとのこと。

いきなり30冊は無理だが私も自らにノルマを課してみる。
この1,2年『創』もろくに読んでないので、連載が続いていたのかもよく知らないのだった(定期購読しているのに)。
朝刊で、鈴木邦男氏、天沢退二郎氏の訃報を目にした。鈴木氏とは左翼運動のなかで、天沢氏とは編集者として関わりがあった。ご冥福をお祈りします。
最近は同年代の人たちが次々に亡くなっていき、寂しい限りだ。
名前知ったのは小林よしのりのゴー宣だったけど、西部邁同様、安倍政権とネトウヨを真っ向から批判した本物の保守だった。合掌。
寂しいです…。

その昔、文化放送『夕やけ寺ちゃん活動中』にて、毎週水曜日レギュラーでご一緒させて頂いてました。
その時までの活動を考えると信じられないのですが…
鈴木邦男さん亡くなられたのか。。。柔軟にしてブレない方だった。。。ご冥福お祈りします😔
この人本当に「右派」なの?

たまに流れて来る一水会のツイートを見てたら、殆どがサヨク系の主張と紙一重だったように記憶してますが?

※お悔やみ申し上げます。🙏
今こそ、 には、この国の状況について厳しく語ってほしかった。残念で悲しい。
心からお悔やみ申し上げます。
現存する極右としては言論でモノを語れる数少ない本物の右翼の方でした。
まだまだご健在かと思っていただけに残念です。
「左は冷戦が終わった時に死に絶えた。右は思っているほどこの国で力を持っていない。今この国を覆っているのは【ふわふわ漂う気分】」
この言葉が、自分の左右観に大いに影響を与えました。
ご冥福をお祈りします。
物腰の柔らかな人だった。R.I.P
あら。でしたか。
「まっとうな右翼」という存在をこの人で初めて知った。後に続く人はいるのだろうか。合掌。
鈴木さんは半世紀以上自分が「立ち上がれなかった」ことに対して問い続けたのだなぁ……。共感するかしないかは別だけど。
極右とかましてやネトウヨ如きではない「チャンとした右派」の方でしたな。全てに同意する気はないけど、傾聴に値する意見を述べられる方でした。合掌。
思想はまったく違うのだけれども、著書も多く読んでいた。

合掌。
リスペクトの対象がまたいなくなってしまった…
ご冥福をお祈りします。
以前、雑誌の対談で、お世話になりました。戦後、思想の混乱期を知る右派の論客として、リアリティあるお話しに瞠目しました。保守、右派のイメージが変わりました。合掌
思想や言動に共感するわけではないのだが、著作「竹中労---左右を越境するアナーキスト」はなかなかスゴかった。RIP
ご冥福をお祈り致します
亡くなられたのか。
残念。
右派の論客でありながら、時には左派に対してもリスペクトを忘れない、お人柄を感じる人でした。
プロレスの解説者、アーチャリーさんの父親的存在でもありました。
ご冥福をお祈りいたします。
邦男よ、さらば!
私の中では鈴木邦夫氏は転び右派の論客でした。ご冥福をお祈りします。
亡くなられたのか…
残念です。
ご冥福をお祈りします。
晩年は左翼に擦り寄ってましたね。
ご冥福をお祈りします。
79歳か。この方は新右翼なので、右派と言っても意味合いが異なる。
ここ20年位は左旋回しててば晩年の塩見孝也とよくつるんでたよな。
鈴木邦男氏が亡くなられた、晩年はあまり名を聞かなかったな。
SPA連載の「夕刻のコペルニクス」が面白くて時々読んでたのを思い出す。
お疲れ様でした、ご冥福をお祈りいたします。
右翼左翼の思想
に興味はありませんが
この方の著書 公安警察の手口
を読んだ時は同じ被害者として
親近感を覚えました
右左の垣根なく警察組織の非合法
活動に対して共闘出来る筈だし
していくべきだと思います
ご冥福を
邦男さん・・
最後に会ったのいつだったろう。塩見(孝也)のおっさんが「ようやくこっちに来たか」と言ってそう。あの世でも仲良くやりあってください。ご冥福をお祈りいたします。
北朝鮮や新左翼にシンパシーを感じ、無差別テロをやらかしたオウムにすら友好的だった右派。
フツーに偽装左派だけど、キャラクター的には憎めない人だった。
鈴木邦男先生、亡くなったのか……。
無念。
「一水会」というと反米右翼を連想する。。
自主独立防衛を掲げて、右翼や保守の代表格なのではないかなと。。本来の右翼や保守のあるべき姿だと思いますね。惜しい人を亡くしました。
ご冥福をお祈り申し上げます。
右派?記事やヨシフが追悼ツイート見る限り右派ではないだろ?
一度だけ一緒に食事をしたことがある。「グラップラー刃牙
」の板垣さんも一緒だったな。ものすごく温厚で知的な人でした。一般的にいう右翼って感じじゃなかったな。
な、なんと……
正しく右翼化しすぎて、ずっと右側に進んでいったら、地球の反対側、左から出てきてしまった御仁。
日本の事を真剣に本気で考えてくれていたと思う。
ご冥福をお祈りいたします。
毎日★右派の論客「一水会」創設者、作家の さん死去 79歳
同じ、 からのスタートで、 同世代の (日本会議の立役者)との決裂の話しをもっと知りたかった。国士として生を全う。 合掌。
もう79歳になってはったんか。全国学協知っている人も少なくなっているだろうな。
👨‍🌾アメリカに屈従するウヨクは右翼ではない。新右翼というが右翼本筋に近いと思う。対米自立において中心となる建設的理論を提起できる人だったと思います。日本の左派にはそれができない。
ショックだ……(泣)⇒
鈴木邦夫死んじゃった。
右派を名乗るに値する右派論客でしたね。
合掌!
近年は右派にはとても見えなかった
ご冥福をお祈りします
真の愛国者にして右翼の良心、逝く。三島由紀夫氏には会えたかな。
名刺もらい挨拶したことあるけど、右翼で愛国とは思えなかったね。
あらー/
ご冥福をお祈り致します。
この方を知ったら「ネトウヨ」など右派左派以前にただの事実誤認の妄想集団に過ぎないと分かるはず。
ご冥福をお祈りします。
保守本流の西部氏と鈴木邦男氏
2人とも反米を基本とする。
ヘイトもやらない。
統一教会など当然排除。
今の自民党与党の政策なんか
ほぼ反対派

普通の日本人てこれだよね?
数年前の西部邁氏といいこの鈴木邦男氏といい、いい意味で「右翼左翼の枠を超えて、色々とおもしろく興味深い」論客の方がまたあの世に行ってしまったのは本当に寂しいねえ…。
健全な保守派は今の自民党をどう考えているんだろう。昔の自民党にはもう戻れないのでしょうか。
鵺(ぬえ)というか、元右翼 転向して今は左翼の死ですね。彼が右派だったのはずいぶん昔のことです。
いわゆる新右翼の人物の経歴を眺めると極右と極左の極端な政治思想の間を行ったり来たりしている「ブレ」が目立ちます。その中で殺人事件も起きている。
真の右派言論人が逝った。故西部邁氏もそうだが、
自分の思想とは基本異なるものの、真の保守・右派言論人から学ぶべき点、共感することもあった。
今の自称ホシュの連中には
そういう感情は起きない。

"
右翼の物騒なイメージを爽やかなイメージに変えるべく奔走して最終的には左側に侵食されつつあった鈴木邦男氏も、逝ってしまわれたか…(・∀・;)
ご冥福をお祈りいたします。
日本に本物の右派と左派はいません。いるのはエセ右派とエセ左派のみ。
右派・左派を超越した
偉大な思想家 合掌
えー。亡くなったのかあ...
鈴木邦男さんと重信房子さんの対談を聞いてみたかったなぁ。
明日の辻田真佐憲さんと浜崎洋介さんの対談は福田恆存の保守思想についてだけど、鈴木邦男さんの考える保守との違いについて知りたくなった。逝去はほんとに残念。
鈴木さんがTOPの時は今のように反米のためなら共産勢力とも手を組むようなことは行われませんでした
本当に惜しい
鈴木邦男さんとはライター時代に阿佐ヶ谷ロフトのイベントで良くご一緒させて頂きました。

戦いは他人とではなく、自分と向き合う為の孤独との戦い。
他人が介在しない分、比べる対象がなく、常に自分を見失わない戦いは孤独だ。

ご冥福をお祈り申し上げます。
鈴木さんが麻原彰晃役で演劇に出ていたときに見に行ったのが最後だ。昔、私の写真展にも来てくれました。あの頃は、一水会まわりにいる女の子たちをよく撮っていたから。
なんとなく長生きするイメージだったのにな。ご冥福をお祈りいたします。
まともな右派、まともだから晩年はリベラルに近かった…この時代に生きていてほしかった方(たくさんいる)、残念です

右派論客「一水会」の鈴木邦男さん死去
鈴木さんは早稲田大学政治経済学部の出身。著書の執筆をかつてお願いしたことがありました。
ご冥福をお祈りします。

◇ …
まともな右翼の方でした!
合掌。
ご冥福をお祈りします、確かに貴方は国のために闘う、人だったから
タイトルとURLをコピーしました