メディア記事

小6の6.5%「家族世話している」 ヤングケアラー初の児童調査
小6の6.5%「家族世話している」 ヤングケアラー初の児童調査
 家族の介護や世話をする18歳未満の子ども「ヤングケアラー」について、政府は7日、全国の公立校に通う小学6年生を対象に実施した初の実態調査の結果を発表した。6・5%(約15人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答し、既に調査結果を公表している中高生同様に、低年齢層でも一定程度が家族ケアに追われ

バズる指数ピーク 1,665

 twitterコメント 380件中 1~100件
驚愕の数字。小6の6.5%「家族世話している」。
憲法26条「保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。」違反。好きに違反しているんではなく、周囲のバックアップがない。
ここに来ても「自助」を言うか自民党。インドに5兆円差し出すんだったら日本の子供に金使え。
既に調査結果を公表している中高生同様に、低年齢層でも一定程度が家族ケアに追われる実態が判明。大学生への調査も初めて行われ、進学や就職の不安につながっている実態も分かりました。
”児童がケアする相手(複数回答)は、きょうだい(71・0%)が最も多く、母親(19・8%)、父親(13・2%)、祖母(10・3%)、祖父(5・5%)”
自分自身も、元介護福祉士なので、何とか救いの手を差し伸べたいし、声にならない、声の届かない小さな声を1つ1つ摘み取っていきたいです。
まだ小学生なのに自分の時間がないと感じるなんて…。絶望する以外に自分にできることが何もないのが悲しい
厚労省がヤングケアラーの小学生調査の結果を公表しました。幼いと、自分の置かれた状況、家族の病気や障害について理解するのが難しいということがよく分かります。大学生調査の結果も公表されました。
「児童がケアする相手は、きょうだい(71・0%)が最も多く」

長期休みのたびに毎日朝8時から16時まで三五郎(仮)を面倒見ている誠一郎(仮)も、余裕でヤングケアラー認定だったわ
小学生が遊んだり、勉強する時間を家族の世話に使ってる
一部の子供は中学受験の勉強に精を出し
一部の子供は家族の世話
これも格差

政治家はどうするのか?
ロシアの外交官を追放する話し合いをしている間に
日本の子供のことを考えんかい!!

小6の6.5%が「ヤングケアラー
小6なら、弟妹と遊んで面倒みるのは当然かと…。
→両親揃って稼ぎに出ないと生活出来ない状況にまで陥った家庭が増えているという事か、、、。
とか 、こんな社会望んでないし。
小学生にこんな思いをさせてはいけない

>頑張って世話をしていることを認めてほしい、褒めてほしい
>少しでいいから話を聞いてほしい。弟たちにもっと楽しく過ごしてもらえる方法を教えてほしい
昨年、中高生に対して実施したヤングケアラー全国調査を今回は小学生大学生に広げて実施。ヤングケアラー問題の放置は、そっくりそのままビジネスケアラー問題、介護離職の問題に繋がることが読み取れます(続)
全国の公立校に通う小学6年生を対象に実施した初の実態調査の結果が発表されました。
今朝の野方駅の遊説でお話した新聞記事です。
これは何とかしないと
「旗(振り)当番など避けてほしい。お母さんがいない間、弟、妹の世話をして、自分が学校へ行くのが遅れてしまうから」
子どものため、子どものためのPTAねぇ。
◆小6の6.5%が 家族の介護や世話をする子供、小学6年生では6.5%になります。

その子達の7割以上が、悩みを相談したことがないそうです。

周囲の理解だけでなく、児童制度の充実や、支援団体の応援など、私達もできることがあると思います。
学校で言えば、クラスの約2~3人がヤングケアラーにあたる可能性があります。
そう考えると、ヤングケアラーは身近な問題であることが分かるのではないでしょうか?
そこまでしないと、家庭が成り立たないという現状。
厚労省がヤングケアラーの小学生調査の結果を公表しました。幼いと、自分の置かれた状況、家族の病気や障害について理解するのが難しいということがよく分かります。大学生調査の結果も公表されました。
最近よく耳にするヤングケアラーという言葉。
お手伝いの延長までもがそこに
入っている部分も垣間見えました。

線引きをきちんとしないと、
言葉だけが先走りしてしまいそうですね。
外国人留学生に税金を使うよりも、日本の子ども達を助けてほしいです。
毒親の世話をしてるのも、含めてあげて
先日伺ったフジテレビの番組で取り上げていただいた。お手伝いとの境目も微妙だが深刻な実態。→
あぁ…よかった兄弟のお世話も含まれるのか…。

それならうちの娘氏(5歳)遊んでくれたり、お菓子を一緒に食べたりしてくれているからヤングケアラーだわ。
「小学校6年制の6・5%(約15人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答し、低年齢層でも一定程度が家族ケアに追われる実態が判明。」

調査詳細まで見ていないけど、これはかなり大きな問題だよね。
ヤングケアラーが増えてしまう社会背景から考え直さないとですね❗
昔から、家族の世話は、共同生活の一つであった気がする。

農家であり、目の不自由な婆ちゃんが居たから何らかのケアをしていた事になる。

何を問題にしたい?。
天下り先作りか?。
引用
旗当番など避けてほしい。お母さんがいない間、弟、妹の世話をして、自分が学校へ行くのが遅れてしまうから

家事を中心にやっています。ストレスから宿題をやりたくなくて、やらずに怒られることもあります。もう少し援助をしてほしい。宿題がきついです
毎日新聞はじめ各紙にも掲載📰✨

伊藤たかえ議員 が
国会で取り上げた事で
"初の児童調査"も行われ
どんどん対策が進んでいます🌟

悩んでいる子どもたちの
声なき声をキャッチし
希望をある未来をつくってほしい🌷
政府の無策の犠牲はここにも
/
政府が初の実態調査を実施。全国の公立校に通う小学6年生の6・5%(約15人に1人)が「世話している家族がいる」と回答しました。

検討委座長•濱島教授
「子どもが負担を自覚するのは難しい。周囲の気付きが大切。奨学金制度など経済面の支援も期待したい」
人の子よ、私はおまえをイスラエル人におくる。彼らは反逆者で、私に背き、彼らとその父は、今日まで私に不実だったし、恥知らずで、心の固い者たちである。私はその人たちの中におまえを送る。

エゼキエルの書 第2章3,4
わからない(迫真)
この数字を多いと見るか、少ないと見るか。
※わたしは、多いと見る
※厚生労働省の他人事丸出しのコメント、ふざけんな
【小6の6.5%「家族世話している」】ヤングケアラー初の児童調査
“町の福祉の人たちに、もっと丁寧に優しく、ちゃんと考えて、助けてほしい。”
これは、世の中の全ての大人に対してだと、大人は読まないといけない。
「小6の6.5%が家族の世話をしている」というのも衝撃だが、それより「周りの大人にしてほしいこと」の第1位がぶっちぎりで「特にない」というのがもう戦慄。(記事でここもっと突っ込まないのはなんで?)
助けを求める選択肢すら持ち得ない状況なのか。政府は今すぐ動け💢
『少しでいいから話を聞いてほしい。弟たちにもっと楽しく過ごしてもらえる方法を教えてほしい』
⭐︎根拠がないと話を聞いてくれないらしいからねぇ。
6・5%(約15人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答、低年齢層でも一定程度が家族ケアに追われる実態が判明した。
読んでると悲しく切なくなる。こんな意見も。「旗(振り)当番などでお母さんがいない間、弟、妹の世話をして、自分が学校へ行くのが遅れる」

色々な人と共有したい。
この実態を見ても、勝ち組とか負け組とか言える奴がいることが驚きだね。
『
小学6年生の6%がヤングケアラーだった!
そのうちの75%はなんと相手は弟や妹なのだっ!

・・・いやぁ弟や妹の面倒をみることが『不幸』にされる時代に育たなくてほんま良かったわ
小6の6.5%「家族世話している」


「ヤングケアラー」について、政府は全国の公立校に通う小学6年生を対象に実施した初の実態調査の結果を発表しました。
“児童がケアする相手はきょうだいが最も多く"
毎度思うけど
年子レベルで2人目以降産んどいて
大変だと言う子持ち様ってなんなのだろうか?
長子や自分達の事考えたら2人目は少し余裕を持たせるもんではないの?
"初の児童調査"
今更初かい…親の大変は調査済なのに…
なんだか、 って言葉だけ独り歩きしてないか?本来は、自身のやりたい事が出来ないほど介護や家事に追われてる若年層のはずなんたけど…ただ兄弟の面倒見てるとかお手伝いの範囲も多く含みすぎ…こんな聞き方じゃアンケートとってはい終わりーやろ?
ヤングケアラーについて分からない人は「コーダ あいのうた」を見てくれ。ヤングケアラーについて掘り下げた作品ではないが、こういうのがヤングケアラーなのかと知れるはず
タイトルの誤認がひどい。数字に焦った。記事を読むと、アンケートの取り方に問題ありとのこと。深刻で大切な内容だけに、もう少し書き方を考えなければ、正しい議論を誘発できない
私もヤングケアラーでした。ヤングケアラーってワードが普通に記事タイトルとして使われて、こういうリサーチがニュースになるなんて世の中変わってきたなぁと思う(良い意味で)負担がより軽くなる社会へともっと変わっていけるといいね
これ衝撃的な話だけど💢世界の目を気にするのはよいが子供が辛い国はダメでしょう🙅‍♂️国が本格的にとりくまないと👊
今の日本はほとんど貧困国。
綺麗事は止めて、どこかで切り捨てをしないと、
ミイラ取りがミイラになる。

そういう意味でも、コロナ対策は愚策。
中学生・高校生へのアンケートはすでに報道されている。今回は小学校6年生および大学生へのアンケート調査の結果が発表された。
子供たちには大切な時間を好きに使ってもらいましょうよ。
公明党 伊藤たかえ議員の講演を初めて視聴しました。

ヤングケアラー支援、とても大事ですね。

公明党が牽引して、政府も本格的に取り組んで欲しいですね。
国は対応遅すぎる。
こういう恣意的な分析が部数を減らすという事を全く理解してないのかね
政治家が弱者に目を向けず私欲の政治を行い
公務員が行政を後回しして権力者に忖度し続け
企業が後先考えずに儲けだけを求めていた
その間に
貧困層はより広くより深くなっていく

この閉塞感を打破するのは
市民の権力を最大限発揮する必要がある
するしかない
>全国の公立校に通う小学6年生を対象に実施した初の実態調査の結果を発表した。6・5%(約15人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答
これは深刻🌪
なんと。。
これまじ、やばいやん!
対策打ってあげてくれ〜
ヤングケアラーを問題にするなら、まずは老人への手厚い補償をやめて、子供を増やし、将来的に介護職員となりうる人を増やすことを推進すべき。

もしくは生活保護を撤廃し、その金で介護職員を行政で雇って、納税者の家庭を手厚くフォローできるようにすべき。
福祉の設計がまともにできてない日本なんだから、当たり前のこと。
日本人は面倒なことは押し付ける文化。
自分か弱者になっている事に気が付かないのに弱者を叩くバカ国民。
うちの自治体の対応は?
ヤングケアラーであるということではなく、ケアがその子自身の人生を侵害しているかどうかが問題なのではないかと思うのだよね。
高齢出産化の弊害だとは思うが。
厚労省がヤングケアラーの小学生調査の結果を公表しました。幼いと、自分の置かれた状況、家族の病気や障害について理解するのが難しいということがよく分かります。大学生の結果も公表されました。
お父さんがだらだらしている時間を使って、お世話してほしい、旗振り当番を避けてほしい
政党を問わず、世襲議員を禁止すべき!

世襲議員やタレント議員に国を委ねると、貧困国家にまっしぐらだ!

↓

小学校6年生の6.5%「家族世話している」

ヤングケアラー初の児童調査
アンケートの自由記述、読んでてつらい。
こわ。
ヤングケアラー。
入退院支援加算の対象に加わりましたよね🤔
結構多いことに驚きです。
初の児童調査が行われました。

専門家は「子どもがケアの状況や負担を自覚するのは難しい。支援には周囲の気付きが大切」と。

行政面での支援も、一段と推進していく必要があります!

ヤングケアラー初の児童調査
周りの大人にして欲しいこと→「特にない」…もっと深堀りしてほしい。
なんだかなー
うむ。考えさせられる。
国民の生活の質を蔑ろにする国、日本↓
らんまのかすみさんは当てはまるかな?
緊急の課題は棚上げして、ワクワクとかやっちゃう政府。危機感も愛も情も無い政府。
SmartNewsで記事を開く "

Webで読むなら
本当に泣けてくる。

国の責任でなんとかしろよ。
これこそ児童虐待では?
子供には教育を受けさせる義務があると国が言うなら、国はその環境を整える義務があると思う。
衝撃的な数字だ
・お父さんがだらだらしている時間を使って、お世話してほしい

このコメントは我が家も頷ける。
衝撃的な数字。6.5%はさすがに多すぎる。
不安に思うのはこれからこんな子供達が増える気がしてならない。
若くして親が子を子が親を介護するような病気が増えなければと願うばかり😞
それでもワクチンだとは気づかないまま…😔
「過度な負担ではない「お手伝い」なども含まれているとみられ、実態より大きな数字が出ている可能性」

:
小学6年生を対象に実施した初の実態調査の結果を発表した。6・5%(約15人に1人)が「世話をしている家族がいる」と回答
>ケアがあるためにできていないこと(複数回答)は「特にない」(63・9%)が最多
小学生が他の家庭と比較して自分はどうかなんて考えられないでしょ。
2022年診療報酬改定でも登場している【ヤングケアラー】
支援の方向性と、現実に求められていることの乖離はきちんと整理すべきかなと感じています。
子どもらしい生活を送れていない。
心も体も疲れているのにどうにもできない。

当事者の声を聞き、胸が痛みました。
多くの人に、ケアラーという存在があることを知ってもらいたいです。
厳しい |
「ヤングケアラー」という軽い言い方、全然厳しい状況が伝わらないと思うが。
社会に出てもするから一生悩んで欲しい。
全国 350校
無記名 郵送回収 9759人回答

児童の混乱を考慮し、具体的な事例説明なしのため手伝いなども含まれ、実態より大きな数字の可能性ありと

( 私のケアラーのイメージからのもれ↓ )

・日本語が母国語でない親の通訳
早急に具体的な支援が必要であるとともに、介護の社会化を行うべき
自民党が推し進める家族による自助から方向転換を求める
厚労省がヤングケアラーの小学生調査の結果を公表しました。幼いと、自分の置かれた状況、家族の病気や障害について理解するのが難しいということがよく分かります。大学生調査の結果も公表されました。
「ヤングケアラー」言うて実態を煙に巻くなや。
政治家を主とした大人の怠慢やろ。
この国って介護職必要じゃないの?

自然界の道理ってすごくて、
しっかりバランス取ってくれる。
つまり、要介護者が増えると介護を経験する人間が増える。

という介護視点でいくと
良い傾向にあるように思えるのだが、
何を危惧しているんだい?

こんな矛盾ほんと嫌い…
そんなに居るのか・・・・
子供にとってみれば「良い経験」ではあるのだが、社会全体としてはこれを認めてはいけない。

ーー
タイトルとURLをコピーしました