メディア記事

知っ得!?マイクロアグレッション:「納豆食べられる?」と尋ねる前に 日常に潜む無意識の攻撃
知っ得!?マイクロアグレッション:「納豆食べられる?」と尋ねる前に 日常に潜む無意識の攻撃
 「マイクロアグレッション」という新しい概念が注目されている。人種やジェンダー、性的指向などに関するマイノリティーに向けられる、一見あからさまな差別ではないように見えて、相手の尊厳を傷つけるような攻撃性が含まれている言動のことだ。マジョリティー側がこれに気づき、より公平な社会を作るためにはどうすれば

バズる指数 44     ピーク 233

 twitterコメント 162件中 1~100件
「マジョリティー側がこれに気づき、より公平な社会を作るためにはどうすれば良いのだろう。」

全人類自粛ひきこもり生活をオススメします。
読んだ🌱
「訊かれて何か後ろめたいことでもあるの?」という質問も、マイクロアグレッションになりそう。
相手のタイミングで情報開示することを待つのも大事な姿勢よなぁ
毎日新聞の「マイクロアグレッション」連載。「マイクロアグレッションというのは『〇〇は言ってはいけません』といったルールのリストを作るものではない」「隠された攻撃性」を理解するには「力関係の非対称性への理解抜きには難しい」
記事から抜粋
そもそもなぜ、「ハーフですか?」がマイクロアグレッションに該当するのか。(中略)マイクロアグレッションには必ず、隠された攻撃性が潜んでいます。
知っていたつもりで知らなかった「 」の意味。

"マイクロアグレッションには必ず、その属性においてマジョリティー性を持った側から、マイノリティー性を持った側に向けて行われます。"
この中の「またか」ていうの分かる。ずーっと「左利きなんだ!」って言われ続けてきたから。みんなが右手ですることを左手でするだけなのにね。→
「「あなた(マイノリティー)は私(マジョリティー)が望むタイミングで自分の素性を明かすことが当然だよね」といった暗黙の了解」「ミックスルーツを持つ学生は、別に周りの友人に自分のルーツを最初から開示しなければならない決まりがあるわけではない」
「初対面の人に「なに人ですか?」「ハーフってうらやましい」などと言う言動は、「ハーフの人はこう」といった一種のステレオタイプを押し付け、その人自身を民族・人種の属性だけで判断する、といった行為に当たる」「伝わるメッセージは「ここはあなたの国じゃない」」
マイクロアグレッション「差別したり傷つけたりする意図はなく、むしろ善意やほめ言葉のつもりであっても、発している本人には気づきにくい攻撃的なメッセージを含んでいる言動」→
最近はかなり気をつけてるけど思い返しても心当たりがたくさんあるし、ふと言ってしまう時もある。
“悪気なく”というのが本当におそろしい
"マイクロアグレッションというのは、「〇〇は言ってはいけません」といったルールのリストを作るものではないし、そうした解決法は使えないのです。常にその文脈において変わりますから。やはり日常の中で意識することが大切です" 知っ得!?マイクロアグレッション
"もちろん文脈も大切です…日本が初めての外国人観光客の中には、「どこから来たんですか?」と聞かれることで、日本人と交流ができたと喜ぶ人もいるでしょう。"
"米国では最近、「Where are you from?(どこから来たの)」と言う代わりに、「Are you from here? (この辺に住んでいるの?)」と尋ねたり、「I'm from 〇〇. Where are you from? (私は〇〇出身です。あなたは?)」と自己開示したりする" 知っ得!?マイクロアグレッション
本文>「あなた(マイノリティー)は私(マジョリティー)が望むタイミングで自分の素性を明かすことが当然だよね」といった暗黙の了解

無料記事です。
[ 一見あからさまな差別ではないように見えて攻撃性が含まれている言動ーー。「マイクロアグレッション」って知っていますか?
「マイクロアグレッション」だらけの日常で、これを意識している人は多くない。「日本人」という言葉さえその筆頭ではないかとさえ思える。「英語が上手」は誉め言葉だが「日本語が上手」は「差別」になる。世界がまだまだ端緒だ。我々「日本人」はまず気づきから始めたい。
関西人の話かな?/近くに色弱の方がいますがありがちな質問はグッとこらえてます。コミュ障で良かった(ぇ
知っ得!?マイクロアグレッション:無自覚ですいすい歩ける 自動ドアに似るマジョリティーの「特権」
クレしんも、アウトになる!?
Club with Sのミーティングで扱っているテーマ“マイクロアグレッション”について、とても参考になる記事を見つけたのでシェアします🤓
マイクロアグレッションについてすごい分かりやすかった!これは少しずつ自分も気をつけていかないと。
新しい差別用語開発して人権ヤクザのシノギを拡大してるとしか思えない
私、これものすごくやってしまってると思う。
多様性 という ファシズム が
日本に忍び寄っている

「納豆、食べられる?」と質問し、何の問題もない。
反省も必要無し。笑うわ。

家族・国家を分断し、コミンテルンに都合良い世界作りの一貫。

奴ら のカラクリは、
徳間書店で良く分かる
“「Where are you from?」と言う代わりに「Are you from here? (この辺に住んでいるの?)」
“「I'm from 〇〇. Where are you from? (私は〇〇出身です。あなたは?)」と自己開示したりすることで、相手をよそ者と見なしているというメッセージを回避”

なるほどな知恵!
無意識だけど言われてみれば確かにって話。
染み付いた意識を変えていくのは難しいね…。
「それはマイクロアグレッションだからやめるべきだ」と指摘して「なんでだ、どこが差別なんだ」と言われて、これに準ずるくらい言葉を尽くしても意地とか見栄とか一貫性とかあるから「なるほど」とはならないのはTwitterあるあるだけど、フラットに読めば(続
こういうのの例に何故かホームレスとかキモい男とかの話は出て来ない定期
「そんな些細なこと、いちいち気にしていられない」は、自分がたまたまマジョリティに立ったコミュニケーションの場にいられるときの感覚。
相手にとっては些細じゃなかった、ということを知っていけばいい。その積み重ね。
「ド日本人顔ですね」言うのもたいがい失礼やけどな
「えー。弁護士ならその六法全書に書いてあるの全部覚えてるんですかぁ?」って聞くのは、弁護士なら覚えていて当然という攻撃的な内容を含んでいると思いますので、マイクロなんとかです。気を付けましょう。
弁護士に「司法試験受かってるんでしょう。頭良いんですね~!」って言うのは誉め言葉のつもりかもしれないけど、「勉強以外は何もできないクズが。高校大学でもガリ勉で恋人いなかったんだろカス」と受け止める人がいるので、マイクロなんとかです。気を付けましょう。
マジョリティーの限界か。なるほど。気をつけたい。
日本人なのに目が大きいねとかですか?
「ミックスルーツを持つ学生は、別に周りの友人に自分のルーツを最初から開示しなければならない決まりがあるわけではない。本人が自分の意思で決めたタイミングで開示すればいいんだ、と私自身も腑(ふ)に落ちたのです」

数少ない友だちの一人は、顔に傷がある
→ここで言う『マジョリティ側の限界』というのががあることをを知る事がとても大事なんです。
???
BLMが話題にやった時のオコエ瑠偉選手の投稿見てから会話時に相手の属性に対する先入観をバッサリ意識から切り落とす事を心がけているけど、これがなかなか難しい
マジョリティ側の好奇心を無自覚にぶつけることって好奇心だからこそ攻撃性に気づきにくいものかも。年齢、婚姻(子供)有無、人種など相手の属性を知りたくなる自分は、NGワードだけが頭に浮かび話題が無くなるんだよ
一つ間違いがある。
朝鮮半島は日本の植民地ではなかった。
当時の朝鮮半島は日本であり、そこに住んでいた人々も日本人だった。
考えさせられるね…何気ない一言は悪意もなく発言してしまう…。
よく「乳がんになった友達にどんな言葉を掛けたらいい?教えて」と聞かれるんだけどその時に感じる違和感。解決のヒントがある気がした記事。
むしろ突っ込んであげないと失礼、みたいに思ってる人もいるよな、と思っている。聞かれるほうはその「マイクロ」が積み重なって、既に巨大になっていたりする。>
対人関係における多様性に対応できないセンシティブ仕草を膾炙させようとする新マナー滅ぶべし
無意識の攻撃なんかよりも、こうして意図的に相手をマジョリティ認定して、「些細なことにも気を使え」と主張することの方がよっぽど強い攻撃だと思う。他人を勝手に強者扱いして抑圧的な差別者として悪魔化するな。
重箱の隅がつつかれ過ぎて貫通しとるぞ。
というか、その細かすぎる言葉の取り締まりに心を痛めているんだが。
「納豆食べられますか?」というべき場面(ホームパティへのお誘いとか)もあれば、それが相手を疎外する場面もある。NG用語集じゃなくて、対話を深めるための概念だよ、というのがキモと思う。
「「あなたは私たちと違うよね」と線引きをされている感覚です」。ここでは触れられていないが、maが厄介なのは、〈あなたが何人だろうが気にしないよ〉や〈同じ人間じゃないか〉も属性の無効化というmaにカウントされるので、かなりデッドロック状態なんすよね。
ちょっとこういう概念、インフレ起こしていませんか?被害の訴え、多すぎませんか?何にでも拡大していきそうで怖い。自分にとって嫌なことを言われたとしても相手の真意を慮って善意に受け止めるってことは悪いことじゃない。それを捨てないで欲しい。
上智大教授(文化心理学)の出口真紀子さんは、歌舞伎町のラブホテルで修論指導を行っているのだろうか?
(注:上智大学はラブホテルで修論指導を行っても処分されないので、やりたい放題です。)
それこそ、「悪意がないんだからいいじゃん」的な発想を私も持っていたんですね
これは上手く理解できれば、
アウトサイダーやマイノリティな体験をせざるを得なかった人達の
心の負荷を減らせますね🤔
アサーティブコミュニケーションのような
「さらに、別の攻撃性も含みます。それは「あなた(マイノリティー)は私(マジョリティー)が望むタイミングで自分の素性を明かすことが当然だよね」といった暗黙の了解みたいなものです。」
生きずらそうな人達だ
むいてないんだよ多分
ここ分かりやすくて好き“「あなた(マイノリティー)は私(マジョリティー)が望むタイミングで自分の素性を明かすことが当然だよね」” / “知っ得!?マイクロアグレッション”
何が差別的発言なのか理解するのは難しくても、相手は毎回同じような質問をされてストレスかもしれないと思えば、そういう発言は無くなると思う。
そういうものがあるので、気をつけよっとぐらいの話で良いんじゃないかなぁ〜と思いました。

というか、結局は「ステレオタイプで人を判断するな」という話でしかないと思っていて、それは一方で「ステレオタイプで判断されても別にええよ」もいるよなぁと
攻撃、とは言いががりです。思いやりですよ。
この記事に書かれている例を見ると、状況によっては、言語学習教材の例文にマイクロアグレッションが多いなと思う。日本人キャラが白人キャラにCan you eat nattoとか
この人はアメリカのパーティ文化にもケチをつけるのかね。アメリカ人はパーティで相手の素性やどれくらいの付き合いをするのかを考察する。
出口先生!
今から過渡期に入れるかどうか
常に相手の立場を慮る想像力が必要なんだよな。
3回連載の第1回
わたしはこれをやる(私に対してだったり、他人に対してだったり)人は基本的に一回で縁を切る。数年に1人くらいしかいないけど。みんなたぶん「これは言っちゃいかん」て分かってるんだと思う。難しい話じゃない。
いい記事だった。
"ミックスルーツを持つ学生は、別に周りの友人に自分のルーツを最初から開示しなければならない決まりがあるわけではない。本人が自分の意思で決めたタイミングで開示すればいいんだ、と私自身も腑(ふ)に落ちたのです"

ゲイに置き換えても可能な良記事でした。必読
〝「外国の方ですか?」「ハーフですか」という質問は、彼らの視点に立ってみると、「またか。自分はマジョリティー側の好奇心の対象でしかなく、マジョリティー側が知りたいタイミングで自分の話を明かすことを強いられる側にいる」と、思い知らされるわけです〟
訊く側は初めてでも、容姿や出身をいじられる側は何度も訊かれてうんざりしてるとは思います
私も最近はこういう話題をさけるようにしてますが、これを『攻撃』と見做すのはその人も心外だとは思う……
差別だとかじゃなくて、差し障りのない話題を選ぼうねというだけかも
ホテルでの宿泊時で聞かれても
アウトって事だよね。
お・も・て・な・し❤は??
食べれない物出して廃棄。
フードロスやSDGsは
どうなるの( 'ω')?
矛盾だらけ。
これらは当たり前のことなんだと思う。
けど、無意識に攻撃をして排除をしていることがあるとしたら。
それは本当に恐ろしい
【「あなたは私たちと違うよね」と線引きをされている感覚です。「あなたは私たちの社会では異質だ、日本人ではない」というふうな】

無意識の線引き。

とても学びが深い。
いちいちなぜ髪をのばしてるか聞いてくる奴、失せろ、って思ってますよ実は。”マジョリティー性をもっていると、いくら想像力を働かせようと思ってもなかなか思い浮かばない…必ず、隠された攻撃性が潜んでいます”
全体的にはそうだねって思うけど“納豆食べられる?” は苦手な食べ物聞いといて除外しとくわの用途で相手が誰であれ聞いてしまうのだけどね
くだらね〜な
こんなことで給料貰える大学教授なんていらね〜よ😒
言ってはいけないことがどんどん膨れ上がってくる感じ。予め規制することで解決しますか?
重箱の隅を突く話。
人にこれ好きと聞けないんだ笑
私もある種のマイノリティ当事者だけどこっち側から見ても?となることある
語弊あるかもだけど過剰反応というか…
マイノリティも少数=弱者というメンタリティから離れて向き合ってコミュニケーションしたらいいことだと思ってる
これマイスモールランドを見てハッとした話だ。ミックスルーツの人への無意識の差別
こういうことに気をつけられる人間になりたい
マイクロアグレッションで被害を受ける方が加害しないとは限らないからなあ。女性差別するハゲは許せない!的な。みんな私の差別はキレイな差別だから。だから古臭くて乱暴な5文字がまだ有効。「気にすんな」。
太りすぎてるクセに牛丼並盛をオーダーするとデブなのに?って幻聴が聞こえてくる時代がありました。4軒はしご飯の1軒だったんだ、すまんな。
石川の純日本人と言わせてしまうのは、これに該当する案件だよねえ。
「マイクロアグレッションはマジョリティー性を持った側からマイノリティー性を持った側に向けて行われる。「ハーフ」について言えば、属性でマジョリティー側に属しているのは単一人種のルーツを持つ、あるいは見た目に日本人とみなされる人。それが日本社会では強者側」
その言葉が攻撃的なものかの決定権って観点では、マジョリティが弱者になるという逆転現象が起きていないか?という感想を持ってしまった
もっと移民受け入れて、どんな家庭も家族と認めて、逆に血縁に懐疑的になって…とにかく多様性受け入れ日本になれば。こういうことは減りそう。でも治安は不安定になりそう。治安を犠牲にしてもやるべきだと思う。
私にはここまで気を遣って話は出来ない!読めば分かるがある種の言葉狩りとしか言えない。
私のツイートも削除された経験があるが、人と人のコミュニケーションはその発言から始まる事もあるはずだ?
なるほど! 僕も「日本語うまいですね!」「ハーフなんですか?」ってこれまでもう100万回は言われた💦
その都度、説明するのうんざりしてたけど、仕方ないことなんだと思ってた。
なるほど😳マジョリティ側がアップデートしなきゃな。
会話の糸口としての食事や出自の話はあり得るので、ポジティブな興味とか馬鹿にしない・いじらない対応とか聞くことよりも聞いた後の対応が大事だと思う。これを気にし始めたら何にも話せなくなってしまう。
また毎日か
支持を失ったメディアの妄言がこれほど心地良いとは、逆にもっと惨めに垂れ流してほしい。とても納豆ご飯がうめえええええ…。
>人種・民族やジェンダー、性的指向、社会的階層などにおけるマイノリティーを差別したり傷つけたりする意図はなく、むしろ善意やほめ言葉のつもりであっても、発している本人には気づきにくい攻撃的なメッセージを含んでいる言動のことを指します。
引用
いわゆる日本で「ハーフ」と呼ばれるようなミックスルーツの人は、初対面の人から頻繁に「なに人?」「ハーフですか?」「外国の方ですか」などと聞かれます。これなどは多人種・多民族のルーツを持つ人がよく経験するマイクロアグレッションです。
「人種・民族やジェンダー、性的指向、社会的階層などにおけるマイノリティーを差別したり傷つけたりする意図はなく、むしろ善意やほめ言葉のつもりであっても、発している本人には気づきにくい攻撃的なメッセージを含んでいる言動のことを指します。」
これofこれ。

最近はあからさまな愛想笑いか聞こえなかったふりして乗り切ってる🌝
「自己申告するまで質問お断り」そんなプレートを、首からぶら下げておいてください
言葉狩り→日本語による語彙の抑制→日本文化の破壊。

いかにも毎日が取り上げそうな話題ですな。。
その種の問いが不快な人はいるかいないかなら『いる』だろうけど、これは基本的にかおける不可能なジレンマだと思うよ。そしてさらに言えば原理的にマジョリティーマイノリティ関係ない
タイトルとURLをコピーしました