メディア記事

長老たち「ロシアの言い分聞くべき」 若手専門家が猛反発
長老たち「ロシアの言い分聞くべき」 若手専門家が猛反発
 ロシア軍とウクライナ軍は即時停戦し、停戦交渉を正式に始めよ――。3月下旬、こうした主張を披露した声明が、ツイッター上で物議を醸した。声明を発表したのは、日本でロシアなどの歴史研究を担ってきた東京大の名誉教授ら14人。反発したのは、現在大学の一線で教壇に立つ若手の研究者たちだ。即時停戦を主張した先達

バズる指数ピーク 239

 twitterコメント 300件中 1~100件
へぇ!
?
私は今の勤務先にいた2人の先輩の名前にドキリ!1人は共著の編者ですが、ま、最近はさらに拍車がかかっているので「ここまで堕ちに堕ちたたか……」と嘆息だけでしたが、もうお一方は、尊敬していたので、心底ガッカリしました。まさに晩節を汚したと。
昔のSF大会かよ!😂😂😂😂😂
昔はソ連SF映画のジジイとヤマト世代が攻防を繰り返してしたそうで。
耄碌じじいは皆で「ハイハイ」言って聞き流しときゃいいんだよ。相手にすんな時間の無駄。
俺(=じじい)が言ってんだから間違いない。
読めてないですが、記事のような話かと。ウクライナ含め交戦国に即時停戦を求める側と、その見解に同意しない側がいるようです
「歴史的背景見るべきだ」「露にも言い分という考え方はあまりに鈍感」。ウクライナ侵攻の即時停戦を主張した名誉教授らに若手研究者が厳しく反論しています。正義や人権を巡り世代間の溝が浮き彫りになりました。
18/19/20日と載ってなかったので図書館で過去分も見てきましたが、15日以降の紙面にはありませんでした…。ネットオンリー?でも「長老」級がメディアの主流と異なる論を掲げていたことはもっと伝えるべきでは?
「歴史的背景見るべきだ」「露にも言い分という考え方はあまりに鈍感」――。ウクライナ侵攻の即時停戦を主張した名誉教授らに若手研究者が厳しく反論しています。正義や人権を巡り世代間の溝が浮き彫りになりました。
ゼレンスキー大統領が日本に要求していることは、①ロシアの経済制裁に参加すること、②戦後の復興、原発処理に経済支援してほしい等です。
この記事は面白い。専門家同士の世代を超えた議論が世間に公表されることは少ない。国民の議論も概ねこの二つの論理のぶつかり合いだろう。ゆえに紙面やネットでどんどん取り上げられるべきだった。できればこの論争の先、つまり日本の防衛問題まで行き着けばもっと面白。
長老と若手で単純に相対化する記事を作っちゃうのは、ロシアとウクライナをどっちもどっちとしてしまう発想に近いような
アホやろ。その言い分が聞くに耐えないから、世界じゅうがロシアの敵になっとるんやで、お年寄りの皆さま方。
有料部分は読めないし引用ツイートの前後もわからないけど… ロシアの言い分を聞いても軍事侵攻は許せないし、一方若手?の、ゼレンスキー氏に頼まれなかった事は一切やらなくていい、って発想も浅はかさを感じる
ブチャの惨状が明らかになった時点で、話し合いによる即時停戦は無理になったの。ロシアがプーチンの首でも持ってきて、すみませんでした撤退し責任とりますと言えば、話し合いで即時停戦になるかもね
いやあ、この見出し悪意ある。世代間の差というわけでもないと思うけど。
日本政府は何をなすべきか
ってこの長老連中は散々戦争反対というくせに、停戦交渉に日本を巻き込ませたいようだな。
「歴史的背景見るべきだ」「露にも言い分という考え方はあまりに鈍感」――。ウクライナ侵攻の即時停戦を主張した名誉教授らに若手研究者が厳しく反論しています。正義や人権を巡り世代間の溝が浮き彫りになりました。
正義や人権、戦争の終わらせ方などを巡り、研究者の間に横たわる世代間の溝が浮き彫りになった。
ロシアの言い分って、「NATOの東方拡大が脅威だからウクライナを攻める」だったのが、「スウェーデンとフィンランドがNATOに加盟しても何の問題もない」に変わってて、もう何がホントの言い分なのか不明だから相手にできないんだよなぁ…
ボケ老人?
これも同じ。長老vs若手の対立って恣意的な整理。「従米外交のみは危険」って思ってる若手もいるでしょ。新聞でありながら、言論統制を後押しする毎日新聞は、CNN日本支社とかに改名したらどう?
知識や考え方をアップデート出来ずに自分の考え方が正しいと酔いしれてる専門家ほど質の悪い奴はいない
てかこれ老害の典型例だろ
長老「我々の世代はソ連も見てきたし、変革があって、ロシアになったのを見てきました。世界では、ロシアだけでなく、米国も戦争をしてきた」

お、おお、わしもソ連見てきた(てか住んでた)。米国の戦争もようけ見たで。
うう、長老サイド(涙)
せっかく炙り出された馬鹿供なんだし、全員粛清したらいいのに。スターリン政治とか大好きでしょ。
「歴史的背景見るべきだ」「露にも言い分という考え方はあまりに鈍感」――。ウクライナ侵攻の即時停戦を主張した名誉教授らに若手研究者が厳しく反論しています。正義や人権を巡り世代間の溝が浮き彫りになりました。
チャンネルを開いておくと言う意味で言い分は聞くべきだけど、まぁ、聞くだけだよね

「ハイハイ、そうですね、おじいちゃん」的な
昭和の時代、和田春樹氏はロシア革命が専門の左翼学者だった。東側の崩壊で朝鮮問題に転じ、平成の時代は一貫して北朝鮮を擁護してきた。 令和の時代はロシア擁護を商売道具にするつもりなのか?
言うに事欠いて侵略を肯定するとは・・・。
発した言葉の意味さえ理解できてなさそうだな。
2019年のベネズエラ問題で、「長老」たちからやり玉に挙げられた当事者としては、ここに出てくる若手専門家とまったく同じ感想しかない →
タイトルはともかく、記事の通りならそもそも噛み合っていないというか、スパーギヤとヘリカルギヤを無理やり押し込んでいるような感じが。 ~
世代間やら、アカデミズム内の怨恨やら、という次元ではなく、両者の主張の相違が何処にあるのか、が重要だと思う。
豊臣家に徳川家康との和睦を受け入れよ、って言ってるわけか!
ロシア領に強制連行されたウクライナ人とかどうするんでしょうか?ブチャ虐殺が不都合だったみたいなことも言ってるし理解できない。
ロシアの言い分を聞いたうえで、すべてメチャクチャで話にならないと、多くの専門家が判断したのでは?
<読まれています>

東京大名誉教授ら「即時停戦し、交渉を始めよ」
↓
若手の研究者ら「自衛の武力行使は正当」

ロシア軍とウクライナ軍に対する声明を巡り論争に。世代間の溝が浮き彫りになりました。
このア○な主張
橋○さんの主張と近いですね
東大が世界ランキングで凋落しているのは、高濃度放射性廃棄物のような塵教授が居るからでないのか?
貴方達の持ってる歴史書には粛清した数が載っていないのかと
確か日本の戦争責任について言及し慰安婦問題など韓国に謝罪するべきとひたすら日本を貶めてきた有識者の方でしょう?この人といい他の有識者の方といい現実が全く見えてないみたいですね。ロシア(旧ソ連)
長老の主張が「酒酌み交わせばわかる」程度なのよね…。そりゃロシアがつけあがるわけだ。/
名誉がついている研究者はもう情報もアップデート出来ていないんじゃないかって。つまり意見を聞く対象にしちゃダメなんじゃないかと思う。
”世代間の闘争”なのか?
和田春樹先生らは「ロシアの言い分聞くべき」と仰っていますが、わたしはプーチン大統領側の思考枠組みへの理解は必要ではあるものの、自由で開かれた寛容な社会のルールに対するプーチン氏の不寛容な主張は聞き入れる必要はないし、譲歩や妥協も危険だと考えます。
毎日新聞
コイツらが日本だけじゃなく世界を不安定にしている張本人。早くおくたばりになられた方が言葉通り世の為人の為では無いで御座早漏。もう早漏でええやろw
↓ 正直この記事を読むためにわざわざ登録して金払うのはタイトルや無料部分を眺めてていると嫌になってくる。しかしまさに大新聞が出したネットまとめサイト」まがいの記事だからこそ変に話題になっていてやばいなと思う。とりあえず無料で言えることを少し。(続く)
ロシアの叡智を長年研究してきた人達が戸惑うのも分かる。今のロシアは、ずっと話の通る文明人かと思っていたら突如猿になっちゃって、うほうほ滅茶苦茶やって暴れ始めたようなものだから。
「歴史的背景見るべきだ」「露にも言い分という考え方はあまりに鈍感」――。ウクライナ侵攻の即時停戦を主張した名誉教授らに若手研究者が厳しく反論しています。正義や人権を巡り世代間の溝が浮き彫りになりました。
いみじくも若手の福田氏が述べる「今回の戦争に至った歴史的背景をもっと深掘りして話すよう努力すべき。ただ、テレビや新聞でコメントするのは時間が限られ、どうしても戦況分析が求められる。ロシアとウクライナを巡る歴史について十分に解説する時間が欲しい」は重要。
ロシアと平和条約も結べていない(正式に戦争状態が終了していない)我が国が停戦交渉の仲介ですか。何かのブラックジョークでしょうか。
日本が仲介者になり得るとか、どこからどう考えるとそういう結論を出せるの…日本も「領土紛争」を抱えてる相手だよ。
朝鮮戦争は韓国の先制攻撃だとか、北朝鮮の日本人拉致はでっち上げとか言ってた人達の主張って時点でな。アメリカ帝国主義と対立するものは全て正義というアカに染まりきったインテリの残滓
日本が政治的に1つの意見で固まった時って良いことないからこういうおじいさんがいてもいい。Twitterの2ちゃん世代のおっさんらがキャンセル騒動を起こそうが色んな意見はあってしかるべき。
ーーー
少なくとも日本が停戦交渉出しゃばるリスクの方が大きいのは同意です。ロシアもウクライナからも良い顔はされない。
有料部分も読みましたが、和田氏のほうが本来的な意味で保守的(啓蒙主義や進歩主義、正義やイデオロギーの単純な肯定に懐疑的という点で)でいろいろ捻れてるなと思った。
大学の先生が「べき論」を言うのは良いんですが、同時に具体的で実現可能な「方法論」をセットでご説明いただかないと。和田先生のやってる事をみてると「あなた長年、大学で何やってたんだ」「これが歴史学者の限界か」➔「これだから人文系は」の思いしか浮かばない。
日本では,残念ながら,このような良心派の意見は,封殺されてしまっています。
極左で第二赤旗である長周新聞と繋がる こいつらはウクライナの消滅を狙っている。
聞いたところでどーせ覆される
後でじっくり読む。
長老たち(笑)はイデオロギーにばかりこだわって現実を見てこなかったのでまぁそうなるなという感じ
「歴史学や国際政治学を専門としてきた名誉教授」

時代に取り残された裸の王様達。
このジジイは最前線へ
言い分を聞くまでもなく全戦争の目的は「経済」。なので日本の為すべきことは勝ち馬に乗る事。長老層が他の選択肢を模索するのは、どこかに正義の戦争があるとでも思っているから?謎。
🗨️長老たち「ロシア🇷🇺の言い分聞くべき」 若手専門家が猛反発‼️

👉 や 😷追加で との軋轢は,「
うん、年の功は侮れんね。
長い間、勉強・研究して、老学者が辿り着く知見がこれだとすると、学会何かおかしい気がするー なんて、大学生の時に散々感じてた事ですが
残念ながら、政治は、長老学者の影響を全く受けない。
「ロシアの言い分聞くべき」

これに若手専門家が猛反発しているとは危惧すべき事態です、何事も一方のみ聞いて沙汰してはなりません。
和田春樹みたいな「長老」は左傾化した日本学術会議の絞りかすのようなもんなんだから、外交安全保障で真面なことが言えるわけがないでしょう。斯様な面々は早急に放逐されるか鬼籍に入るべきです。
自分たちが理想とする社会とは何かというイデオロギーのぶつかり合い…
・「世界を専制主義と民主主義の闘いとすべきでない」
・「人権尊重や民主主義の価値観を重んじる」

毎日新聞
出来得れば、その寛容さをもって本邦帝国陸海軍の言い分にも耳を傾けて頂きたいものですな(笑)。
これとこの記事についてのネットの反応見ると、311や911同様、いざというとき「実務経験」の乏しい学者達とそれに頼る「世論」は「世代問わず役に立たない」事が再認識される。 "
和田春樹がまだ生きていたことにビックリ。
そしてかつて日本の「侵略戦争」は激しく非難したのにロシアの侵略戦争は言い分聞くんだ。
戦闘を速やかに中止させるにはそれに続く協議の中で双方が言い分を十分に述べて正当な言い分については取り入れられる保証が必要である。双方が受け入れる数か国の仲裁国をまず選ぶ必要がある。
見出しがミスリード
バベル17やねw
若手が正解‼️👍
じじいたちにとってはロシアは青春だから、否定されたくないんでしょうね。まあやつらの時代は終わったんですがね。ロシアに騙される時代というか。
ところで社会学の内部で東大上野千鶴子が猛反発を受けたという話は聞いたことがないのですが,私が聞いてないだけ,だといいな。
老害「話し合いが大事だ」
若手「○チガイ相手になにが話し合いじゃ。できるならやっとるわ」
もう退任して後続にポスト譲ればいいのに。世代の差とかよりも硬直した九条信者の弊害じゃん。
そもそもこの人達に共通するのは

「日本人性悪説」

なんだよね、昔から
この毎日の記事では和田春樹とはどういう人物か分からない。この人は常に邪悪な政権を擁護してきた人です。『拉致問題では和田氏が01年、「横田めぐみさんが拉致されたと断定する根拠は存在しない」とする論文を発表。』
ウクライナ戦争の言説をめぐり、東欧研究、国際政治、軍事分野の研究者らが相互批評できるのは非常に健全な状況だ。特に、学会では「重鎮」「権威」と称される者に中堅、若手の研究者らが自由闊達にものを言える環境は人文分野にとっても貴重である。社会学分野も見習うべき。
なんでここで争っているのかよくわからんし、争わせるような記事もどうかと思う。/
多くの専門家はロシアの言い分を聞いた上で今の判断をしているわけでw それを理解出来ていない長老たちは社会にとって不要だなと>
単純に話噛み合ってない(噛み合わせる気がない)。「即時停戦すべき」と「自衛の武力行使は正当」は別に国際紛争で両立するでしょ。
和田春樹、本当に世界情勢とか外交とか分かってないんだな…
なんでこんなのが東大の名誉教授なんだよ
聞いてないわけではないよ。でもおじいちゃんたちは耳が遠くて聞こえないかもしれないけど、ユダヤ系のゼレンスキーをネオナチとか陰謀論とか言ってるので聞き流しているのよ。
私は長老たちの意見に大賛成だけどな。見出しおかしくない?
>日本は、過去にロシアと戦争を繰り返し、北方領土問題も抱えているが、そうした経験を経て憲法9条で戦争を放棄した国でもあり、停戦交渉の仲介者にふさわしいと和田氏らは主張する

基本的に停戦の成否は侵攻したロシアの選択に委ねられるのに、「9条」で日本が優位→
こういう駄目な「長老」たちにはとっとと退場してもらいたい。宇露戦争ではテレビにまともな研究者が出てきて人文学もまだまともな人がいると見直していたのに。
こういうのもやってくれないかなあ※世間の関心小ですけど↓

国立大教授・中東調査会・元大使「アサドの言い分聞くべき」 現地取材者&現地縁者が猛反発
「長老たち」にあたる人々の主張はロシア寄りすぎる。そもそもクリミア自体、内戦ではなくロシアによる侵攻なので、根本的に間違っている。

「ロシアの言い分を聞いて」静かな非難に徹していたら、調子づいたロシアはウクライナへの直接的な侵略を開始。
そして虐殺と破壊。
日本のメディアは、ウクライナ戦争に関して、ロシア側の言い分も報道すべきだ。そして、それへの評価・判断は、視聴者に委ねるべきである。それが公正中立である、客観的である、ということ。親米なかよし倶楽部の若造ばかりテレビに出すな。
言ってることはどちらも正しいけど「ロシアの言い分も聞いて」が余計なんだよ。ロシアの無条件撤退と侵攻前の国境線の維持は最低ライン。そのために様々な方法で圧力をかけるべきだろう。
"福田教授は「最後は自分たちが理想とする社会とは何かというイデオロギーのぶつかり合いです」と総括する。和田氏は「世界を専制主義と民主主義の闘いとすべきでない」と持論を述べたが、福田教授は人権尊重や民主主義の価値観を重んじる"
そうそう、ヒトラーにも言い分はありますからね...

...ということじゃなくて、多くの人々はロシアの言い分を聞いた上で、それには正当性がないと判断しているのです。
〈…福田充教授は「最後は自分たちが理想とする社会とは何かというイデオロギーのぶつかり合いです」…和田春樹氏は「世界を専制主義と民主主義の闘いとすべきでない」…〉
引用「歴史学者でロシア史に詳しい和田春樹東大名誉教授らがホームページ上で発表したものだが、その呼びかけ人には東大や北海道大、早稲田大などで歴史学や国際政治学を専門としてきた名誉教授が名を連ね
ロシア侵攻当初に橋下氏が言ってた事と長老たちが言ってることそっくりだな。
「学会の長老」とか「文壇の重鎮」とか、その種の権威が、実は裸の王様どころかトチ狂った害悪である、とする批判が可視化されるのは有益。
2019年にチャビスタ独裁に際し「ベネズエラ情勢に関する有識者の緊急声明」 と自称有識者を騙る活動家が批判されたのと同じ展開。
タイトルとURLをコピーしました