メディア記事

「本の雑誌」創刊者・目黒考二さん肺がんで死去 76歳 「北上次郎」の名で執筆活動も

バズる指数 59     ピーク 219

 twitterコメント 118件中 1~100件
お疲れ様でした。
ペンネーム以外にも、 など数々の異名で界隈を賑わせた偉人でした。
ご冥福をお祈りします。

「本の雑誌」創刊 氏死去
北上次郎の書評のお陰で、
読み応えのある本を沢山知ることができ、
若い頃から読書時間が充実したものになった

感謝をこめて R.I.P. 北上次郎
マジか…。ちょっと今呆然としている……。|
氏に加え、椎名・沢野・木村の三氏で出版した「発作的座談会」という本が、まあ馬鹿馬鹿しすぎて面白かった。
ご本人は「恥ずかしい本」と称されていたが、もう一回買い直して読んでみようかしら。

合掌。
嗚呼。「本の雑誌」は全然読んだことないのだけど、北上次郎名義で書かれた「冒険小説論」はこのジャンルの数少ないまとまった評論で名著でした。ご冥福を。
残念です・・・。😢
丸一日気づかんかった・・・。合掌(-人-)
書評を読んで面白そうな本を発掘するのは勿論、書評そのものが面白い物なんだってことを教えて下さった方でした。ご冥福をお祈りいたします。
若輩者の私は、群ようこから彼の名を知ったのでした。そこから垣間見る氏の姿や椎名誠のあれこれは、人生経験に乏しい私にもおもしろかった。
「本の雑誌」
若い頃買ってた。
今も持ってるかも。
探してみよう。
安らかに…
書評家の目黒考二さんが亡くなった。ラジオ等で紹介してくださった本は、本当に面白い作品が多かったので残念でならない。まだ読めていない作品もある。もっともっとたくさん本の面白さを伝えていって欲しかった。
ご冥福をお祈りします。
東ケト会ってずっと
「ひがし」ケト会だと思ってました。
文芸評論家にして「本の雑誌」の元社長でもあった目黒考二さんが76歳で亡くなられました。創刊2年目からの熱心な読者であり、本誌や別冊にも何回かとなく寄稿させていただき、お世話になりました。最後にお会いしたのは3年半程前でしたが、お元気でしたし、大変残念です。合掌
コメントがみなさんあったかくて、涙。
あらー・・・悲しいです >
目黒さん亡くなってしまったのか…
AVANTIでの目黒さんのお話は毎回面白くて何度も聴いてた
悲しい。昔、本の雑誌を定期購読していた人間としてかなり。椎名誠のエッセイでも活字中毒者としてなかなかに無茶苦茶な生活されてたからなあ。また一つ時代が終わってしまった。ご冥福をお祈りしますします
北上次郎、死去。時に取り上げられる作品以上に面白く、熱い書評が後世に与えた影響は大。昨日買った最新号のミステリマガジンの連載“勝手に文庫解説2”は連載最終回となっており、つまりはそういうことだったのだろう。早川への貢献度も小鷹信光級。
えー、目黒さん。。。
釜炊き目黒、死んじゃったか…もうそんな年だもんな…
残念。
ある年齢の頃、この人を含む一党の活動を読むのが好きだった。ご冥福をお祈りします。
俺の中では怪しい探険隊の人。合掌。
北上次郎の書評は俺の読書の指針だった。合掌。
目黒考二さんというお名前ではピンと来なかったけど、北上次郎さんの本名だったのか…。ええ~…
なんと…
寂しいねぇ…/
この人だったのか、「藤代三郎」というのは。合掌
「本の雑誌」愛読者として、本当に悲しい。椎名誠さん、お辛いでしょう。
個人的には「北上次郎」さんの書評が大好きで、私の読書の目安にしていました。もう読めないなんて…
目黒考二さんのご冥福を、心からお祈り申し上げます(泣)(涙)
友人に薦められた「発作的座談会」が面白かった。東ケト会にも憧れたなぁ。年齢を見たら、もうそんな歳だったのか、とため息ひとつ。
昔、連載担当をさせていただきました。ご冥福を「お祈りします。
はあああー。すごくさびしい。
東ケト会の「釜炊きメグロ」さんでもあったんですよね。探検隊シリーズ、親父さんが入院するときに持ってって、「むっちゃオモロイけどな、今は腹の傷に響きすぎるわ」っていうクレームがきたおぼえが。
もちろん、北上次郎さんとしても、
結構ショックだ…
本の雑誌、最近読んでないけどずっと続いてるのか。椎名誠の小説を片っ端から読んだので、時々でてくる目黒さんが印象的でした。
グリーンチャンネル全日本はずれ馬券委員会でお元気そうだったので驚きました。はずれ馬券シリーズは一生の愛読書です。ご冥福をお祈りします。
一時期、椎名誠さんにハマっていた自分にとって、ショッキングなニュース。「藤代三郎」名義で競馬関連の著書も。ご冥福をお祈りいたします。 -
といえば、 の数々の書籍でお馴染みの御仁です。 を凌ぐ書評界の重鎮だけど、若き日の素顔は性格破綻者というのが、まだ微笑ましいエピソードになってしまうのが魅力でもあります。謹んでご冥福をお祈りいたします。
大大好きな共感共鳴できる書評家だっただけに、残念です(T_T)

RIP
彼が紹介してくれる本が好きだったのに残念です。
「黒と誠」でこの方のことを知ったばかりだったので、ただただ悲しい…
ご冥福をお祈りいたします
嘗て所属していた部署が「本の雑誌」を担当していたので電話を受けたことが何度かありました。その声はTBSラジオでも聞いたあの声。ご冥福をお祈りいたします。
残念。大ファンだった。。
日経新聞「目利きが選ぶ3冊」で拙著を取りあげていただいたものの★3しか取れず、担当編集者氏が「北上先生の★3は凡作と言う意味。こんな本、作って損した」と落胆したのを思い出しました…。

>「本の雑誌」創刊者・目黒考二さん死去 「北上次郎」の名で執筆活動も
活字中毒になったキッカケの人、この方と椎名誠に憧れて書き手の道を志した。違う方向だけど、文章書いて飯は食えるようになった。すごく感謝してます→
オレたちの(外れ)馬券オヤジ 藤代三郎RIP
何だか時代が隅から徐々に崩れてる感。ビレッジプレスもそうだな。
📕📖📚📙📃📗📕📘🔖🥖🥐🥖🥐🥖
驚いた。そうかもうそんなお年だったのか。
ご冥福をお祈りいたします。
『船に乗れ!』文庫本に解説を書いていただいたのを始め、拙作を認めていただいていました。有難うございました。一度お会いしたかったです。
懐かしいな、本の雑誌。ホラーとかミステリーのあらすじを紹介するコーナーだかがあって、クトゥルフのシナリオの為にそこだけを呼んでたことがあった。合掌。
また一つ時代が終わる感じがする
「本の雑誌」創刊者・目黒考二さん肺がんで死去
目黒さんが亡くなってしまった。

また「本の雑誌」の何かの機会で皆で集まって、その時に目黒さんのお顔を見れる時があるかと思っていた。
1つ1つ思い出が無くなっていってしまう。

ご冥福をお祈りします。
館長マジか
拙著の書評を書いてくださったことがある。
ご冥福をお祈りします。
ご病気されてたのか。全然知らなかった。これから、面白い本は誰に知らせてもらえばいいのだ?悲しいというより寂しい。心からご冥福をお祈りします🙏📿
外れ馬券シリーズの藤代三郎さんが亡くなってしまった!ご冥福をお祈りします。
活字中毒の目黒さんが、、
なんと!椎名誠さんはじめ、好きだったのに!発作的座談会とか良かったよね。
御冥福をお祈りします。
「本の雑誌」好きでした。ご冥福をお祈りします。
ああ、つらい😭
ありがとうございます
椎名さんの
目黒さんでしたね
怪しい探検隊シリーズは良く読んでました、ご冥福をお祈りします
この人のようになりたい。ご冥福をお祈りいたします。
私の青春…。本の雑誌、あやしい探検隊、椎名誠、沢野ひとし、木村晋介、目黒考二…。ご冥福をお祈りします。
げ!マジか!これはショックだ現役だったから
海外ミステリ書評七福神が休載だからどうしたんだろうと思ってたんだよな
ご冥福をお祈りします
グリーンチャンネルで一昨日もハズレ馬券について論評する健在な姿を見たばかりなのに…。ご冥福をお祈り致します。
アララ。目黒さん亡くなったのか。
ご冥福をお祈り致します。
昔から憧れた面白い大人の訃報に触れると自分もオッサンになったんだなぁと実感するんだが、この方が亡くなるイメージが全く出来ていなかったなぁ😭
えっ…ショック。
椎名さん、沢野さん、木村さんとの対談や旅がとても面白くて好きでした。
ご冥福をお祈りします。
うぅ
目黒考二さん亡くなった
残った3人は長生きして欲しい
学生時代大変お世話になりました。
合掌🙏
え、、、
好きだったなぁ本の雑誌。
個人的には藤代三郎名義でしか知らなかったけど、「本の雑誌」を創刊されてたのね。
Gallop創刊号から30年近くエッセイ「馬券の真実」を面白可笑しく読ませてもらってただけに、結構ビックリ。
目黒孝ニさん死去。
学生の頃、本の雑誌を定期購読していた。この時代の作家や編集者もどんどんいなくなる。
え!?
外れ馬券委員会は、どうなるの?!
はずれ馬券委員会の委員長・・・
ええっ! 『笹塚日記』好きだったなあ。書評家・北上次郎の中の人でもある>
ええええー。残念だ。
「本の雑誌」、昔は書籍選びに参考にさせてもらってたなあ・・・・・…。

謹んでお悔やみ申し上げます。
メグロがいったか。順番が近づいて来るなぁ。
えええええ…
メグロがいったか…もうそんな順番か
目黒孝二さんの代表的なものは、後に書籍としてまとめられている(けどまとめては読んだことはない)「本の雑誌」の連載「新刊めったくたガイド」ですよね。連載当時はずっと読んでましたが、本より書評の方が面白かったり。なんて言っちゃいけないよねえ。懐かしいものです。
ちなみにですが、映画ではないんですが、『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』は関西テレビでテレビドラマ化されています。 監督で!去年だったかスクリーンで観ることが出来たのは今では良い思い出。まあ原作とは随分テイストは違いましたが。映像化不可能だよね。
まじか。。
『記憶の放物線』なんかのエッセイが大好きでした。。
マジかよ・・!「本の雑誌」2000年に発行人から引退しても執筆活動は続けておられましたね。印象深い最初の出会いは、ご存知 著『もだえ苦しむ活字中毒者地獄の味噌蔵』のモデルとなったこと。著書では『本の雑誌風雲録』ですね。 さんの本音がだだ漏れで。
釜炊き目黒が…
東ケト会も寂しくなったなぁ
R.I.P
返事が遅くすみませんでした。
あたりでニュースになってますね。馬を貶めず、予想で頭ぐちゃぐちゃになりながら庶民的な感じで馬券を愉しんでる文章は共感を覚え面白かったです。残念です。
『怪しい探検隊』シリーズで拝見するお姿しか存じませんでしたが、この時だけは正直ダンシが羨ましい、と感じていました。
つつしんでご冥福をお祈り申し上げます。合掌。
え、お亡くなりになったのか。76歳、ご本をよく拝読しておりました。ご冥福をお祈りします。
ショックだけどもうそんなお歳なんだな…お悔やみ申し上げます
目黒さん(北上さん)の紹介でどれほど多くの良書を手に取ったことか。
若かった私にとって頼れる読書キュレーターだった。
どうぞ安らかにお眠り下さい。
エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?
「本の雑誌」はずっと購読していたし、ツイートも拝見していた。いままで様々な愉しみを有難うございました。
椎名誠さんと仕事してた方やったんか。椎名さんの本は若い頃に何冊か読んだけど、目黒考二さんのことは知らなかった。
嘘だろ!

グリーンチャンネルの「全日本はずれ馬券委員会」も好評で第2シーズンに入ったばかり。
来週の予告もあったし。

悲しすぎる。

ご冥福を。。
目黒さん…亡くなられたのか。お悔やみ申し上げます。ゆっくりお休み下さい。
目黒考二さんが、お亡くなりになりました。76歳。
ご冥福をお祈りいたします。

出版界における功績は、はかりしれません★
タイトルとURLをコピーしました