メディア記事

「1Byteが8bitに決まったワケ」についての長い話 まずは「バベッジの階差機関」から
「1Byteが8bitに決まったワケ」についての長い話 まずは「バベッジの階差機関」から
Twitterで話題になっていた、「1Byteは何故8bitなのか?」という課題に、コンピュータの歴史に詳しい大原雄介さんが取り組んでくれた。

バズる指数ピーク 549

 twitterコメント 268件中 1~100件
»
「草稿の中でノイマン博士は、ENIACで採用された10進ベースの演算回路に代わり、2進ベースの回路にすることで回路がシンプルになり、かつ確実に動作しやすくなることを提案」
元アセンブラプログラマーなのに知らなかった>
最初のコンピュータが10進数だったのは驚きです🤯。
➡➡➡

--
▶ブログ【IFTTTの先へ】のサイトマップ(目次):
とても詳しく正確で、原典にもあたってよく調べてある記事。惜しいのは通信業界でのパリティの扱いにふれていないこと。
「1byteは何故8bitなのか」
要約するとBCD(2進化10進数)の為ってことになるのかな?
通信(内部バス)だと、I2CやDMAなんかは7bitだったりするね。
引用されてる文献によると、bitの集合体を表す造語としてbiteが作られたが、bitと混同するので、byteになったそう。むちゃくちゃ興味深い >>
昔の Sendmail とか 7bit だったし FTP にはアスキーモードとバイナリーモードがあった。8bit クリーンなんて言葉あったな。
知見ですね〜。
歴史解説記事。 1/2/4/8が自然と言えば自然だとは思うが、コンピュータは道具なわけで、そちらの影響も大きい(通信系7bitとか、ビジネス計算用の10進とか)
> 256文字分の容量は、大多数のアプリケーションに十分であると考えられる

欧米な考えだなあ...
6bit Byteとか歴史的には色々あったけどIBMがSystem/360を開発する時、4bitで10進の一桁を扱うBCD(Binary-Coded Decimal)を2桁ずつ格納するのに都合が良いので8bit Byteを採用したとのこと。
ふむふむ
科学計算より商用計算の効率を重視したわけね
特にコンピュータ業界と通信業界の姿勢の違いがおもしろかった。そういえば7bitを基本単位とするUTF-7という規格もあるなあ、と
メインフレームの話題も今となっては歴史の彼方か..
《今では想像もつかないが、1970年代や80年代はメモリが超貴重であった》。
まったくの門外漢なので書かれていることの9割は理解できなかったがそれでも面白かった。
規格・規定というのは高度に知的な選択と判断の産物だし、そうであるべきなんだよね。
ド頭のツイート、ふるいにかけたいのはわかるけれど人として生理的に無理がまず先にきちゃって吐きそうになったよ……
ノイマンの提案もあったか。
(2022/02/03)
なんとなく知ってる。:
長くなるので割愛される部分を割愛しないといかほどに長くなるのかを味わえる記事だった
メモメモ
自分でも気になっていろいろ調べてたけどこの記事には到底かなわない --
計算機、最初は10進数だったけど、2進数の方が装置を小さく出来て都合が良く、演算や文字表記などを考慮して最も都合が良さそうだったのが8bitだったから、それが主流になったのね。
端緒は「バイトで経歴詐称を洗い出す」って話だったらしいですよ? 参考:
詳しくまとまってて良い。しかし「キリの良い10bit」とは?w bitで考えてる時点で10進数によるキリの良さはもはや関係無くなるよ。BCDはまあ話が特殊だ。
:コンピュータ分野の8-bit Byteと通信分野の7-bit Byteの闘い…。
📱スマホで絵文字(Unicode)が普及してなかったら、今も🤬文字化けで苦労してたのかな😨
“1Byteは何故8bitなのか? 話はバベッジの階差機関にさかのぼる フォン・ノイマンの草稿”
大原さん元気だなあ。
後藤弘茂さんは…
「間違いなどあれば、適宜Twitterなどでご指摘いただければ」とのことなので。
そこからかー
これ全部説明できないとダメだってさ。
そう言えば(?) 1Byte == 9bit のソースコード見たことある (C言語)
シフト使って導き出して, 8 or 9 で define分けてた, はず
(それまで 9bitマシンって物語の話かと思ってた)
コンピュータの歴史の話。面白かった!
なるほどー
ちょっとした発言から多くの人を巻き込むことになりましたね(ハナホジ
文字集合の都合、商用演算の為のBCDの都合、ハードウェアの実装の都合等の色々な都合が合わさって1byte=8bitが事実上の標準にまで普及し他が淘汰されて、最終的に標準規格に採用されたと>
1 byte = 1 characterであり、1 characterは必ずしも8 bitではないの面白い。
良い記事。
へえええええ…
「2008年にISOなどで~」と言われてもそれ以前からあった訳で違和感しかなかった。デファクトスタンダードってヤツかな 『
丁度勉強している部分だから興味深い記事。2進数だと歯車式でも機構が単純で故障しにくそうとも感じました(10進数だと複雑になりそう)。
超なげぇのだ! でも勉強になたのだ!
中学生の時に学校に置いてあったむちゃくちゃ古いプログラミングの入門書(K&R かな?)に「1 byte は 8-bit とは限らないから決め打ちせずに sizeof しろよ!」って書いてあって「そうなんだー」と思っていた。
NowBrowsing:
まずは「 バベッジ の階差機関」から

大原雄介
すげえ面白かった。
いい記事。
いいまとめだ。
一応情報系の大学出てるけど、こういった歴史は全くと言っていいほど知らなかった。
なかなか興味深いお話
TLで紹介されていた記事ですが、おもしろいですね。ワイ的にはやはり「コアの時代」は好き放題だったのがシリコンになって淘汰圧がたかまったのかな?なんておもいました。いまにして思えば2の累乗になったのも結果的によかたですね。
やっぱり起源はIBMが決めたから…なのかな
これが、ファイナルアンサーのようです。
私もIT素人の仲間入りだわー。
壮大な歴史だ…
そうだったんか
思ったよりちゃんとした理由だった。
>
知らない事が多くあって面白かった。
でも、これで疑問に思った8bit=1byteがデファクトになった後に増えなかった理由が結局分からなかったな。
こういった話題になったことを早い段階で、歴史から振り返って記事になるのありがたい
初期のsendmailが、7bitまでしか処理出来なかったのは、こういう理由があったのか。
分かりよくまとまった大作である。これを面接で答えないと駄目って大変ですね。
アルファベットと数字と記号を格納するのに十分なサイズ、としか記憶してなかった。ド素人だったわ…。
これを即答できなきゃならないのどんだけ早口なんだろう.
すごく面白かった。文字を意識してcharacter相当のbit長を表現する存在として生まれつつも、文字以外の取り扱いも含めた汎用的な最小単位としてより抽象化された概念としてのbyteが確立していった感じなのか
へーへーへー。
ここまできっちりと歴史を調べた事は無いので面白い。
8bitマイコン時代にはもう1byte=8bitで固まったようなもんだったけどそこに到るまでの昔話、面白い >
当該記事の元ネタになったツイートだけでは咀嚼できなかったので大変参考になった。

スノビズムかも知れないが、「これを即答できないとダメなんスかね?」という感情はある。
ちょっと前に話題になった面接ネタから派生した記事だが面白かった。元ツイも恨み節じゃなくこういった感じで締めてくれたら良かったのに。
いい話だ
数学的に必然的理由があるんだと思っていた(数学苦手)。選んで決まった結果とは知りませんでした。。。
すごい
昔のasciiコードのマッピング図を思い出したw
読み応えあり、面白かった
そこから説明……、やっぱり私は素人だわ。/ISO-2022-JPは7bitでしたね。
結局の所、6とか12ビットとか使ってみて一番収まりが良かったのが8ビットだったわ、でFA?
おはようございます!埼玉県ふじみ野市は晴れました。今日も10時から開校して皆様のお越しをお待ちしております。
今朝はITmediaさんの【
こうやってちゃんとまとめられた結果、元ネタの問いが回答可能な質問になったというのが面白い
かなりおもしろい内容でした。
歴史を感じますね
面接でこれをこたえるのは無理やなw
『機械仏教史縁起』にこの話は出てくるでしょうかw
これの諸説のところを明確にしてくれてる。自分の回答がいい線いってて自画自賛。
・
ロンドンのscience museumの写真がパッとでてくるところがいいね。
これは良記事
この理由を即答できない人はIT素人なので
ワイもIT素人やったわ
で、これを理解してれば経歴的に大丈夫、と採用するして大丈夫なんですかね。
勉強になった。けどこれを回答できるのは簡単ではない
二進数だから……?とか思ってましたがいろいろあったんですねぇ
おっもしろ!
読み応えあるのう
各社各業界色々理由があって最終的に8bitに収束しただけで最初から8bitにしようって規格から始まったわけじゃないのね
この辺りの話ってそれこそ情報学(特にコンピュータと通信の歴史)を学んだ事がある人じゃないとサラッとは出んわな
自分も読みながら「あーそういやそんなのあったなー」だったし
[Link] ITmediaで7ページってなかなか見ない奴だ。通信の7+1とは別のコンピュータ都合もあったのだなと
あとで読む
表題の前半まで見て「ENIACが10進数だったところからかな」と思って題の後半でもう負けた。コメントを見ると、この長文でもまだ不完全らしいが
即答できるような簡潔な内容じゃ無いので0点?
1byte が 8bit は当たり前のように受け入れてたから、知らなかった。
発端の人はなんか言い訳を重ねててクソ野郎という印象しかなかったんでこの話題敬遠してたんだけど、この記事が読めたという点で価値はあった。ありがとうクソ野郎!
これを面接で即答できないといけないのか…
長いなー

もうちょい短く書いて。
面白い記事です。 時代に、 と の変換は大変でした。 の文字コードを から に変えたとき格納文字数が減るため苦労するのと同じように、36ビットから32ビットに変換するのは苦労します。
長文だけど超面白い>
昔は8bit通さない実装とか割とあったよね。RFC821とか。
タイトルとURLをコピーしました