メディア記事

Yahoo! JAPAN、欧州からの接続遮断へ 「法令順守の対応コスト面からサービス継続不能」
Yahoo! JAPAN、欧州からの接続遮断へ 「法令順守の対応コスト面からサービス継続不能」
ヤフーが、欧州経済領域とイギリスにおけるYahoo! JAPANのサービスを4月6日に終了する。法令順守の対応コスト面から、継続的なサービスの提供が困難であると判断したとしている。

バズる指数ピーク 395

 twitterコメント 175件中 1~100件
突然メール来て何事かと思ったけど、具体的な理由は発表してないのか。やはりGDPRなんですかねぇ?
デジタル ブロック経済からのサイバーWWIII勃発か?

--
[ばばさん通信ダイジェスト] 賛否関わらず話題になった/なりそうなものを共有しています。
Yahoo!からお知らせメールがきて、何だ?と思ったらコレらしい。ヤフオク!とかが欧州から使えなくなるのか。
⭐️Yahoo! JAPAN❗️☝️メールが届きましたネ…
EU一般データ保護規則(GDPR)が背景にあると見る向きが強い。GDPRは「クレジットカード情報など利用者の個人情報の域外移転を禁止するもの」。Googleも巨額な制裁金が以前課せられた。
日本語のWebサービスを提供しているYahoo! JapanがEUから接続遮断したのは正解ではと思ってしまいますね。
お?これは…
「何の法令」なんですかねぇ🤔
迷惑メールかと思ったらほんとだった・・・。
詳しく説明せんとなにが起きてるかわからんやないか。。
なんだかヤフージャパンから「欧州からの接続遮断」というメールが来ていて、迷惑メールではないようなんですが、ついに鎖国でも始めるんでしょうか。

法令順守のためとあるけど「具体的な関連法令などは回答できない」というのは回答になっていないような。
> サービス終了の理由についてヤフーに問い合わせたところ「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」と答えた。


(´ω`)…
「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」だそうだが何事なんだろうか。
つまりEUでは通用しないようなことをやってるんだな?
ヤフーメールは使えるみたい
こういうことのようです。
欧州の法令遵守による対応コストを考え、 AppStore 以外も認めろとか にAppStore一括だから安全な面もあったのに、クソな国だね ! JAPAN、欧州からの接続遮断へ 「法令順守の対応コスト面からサービス継続不能」 - NEWS
「ヤフーは
欧州経済領域(EEA)と
イギリスにおける
Yahoo! JAPANのサービスを
4月6日に終了。
EU地域の法令順守に対しコスト対応できないため、つまり「 」や「検索」を始め、Yahoo!危ないポータルサイトでもあるという事です。GDPRの事だと思いますが、日本もこれと同等レベルのものを持つべきではないでしょうか。
観測中・・・:『
EUに対してサービスを開けるメリットが無ければ当然の選択。
ヤフーが世界的にオワコン化していくのかなぁ
多岐にわたってややこしいのか、もしくは「絶対に名前を出してはならないあの法律」的存在があるのか、どちらかみたいですいね。

> ヤフーに問い合わせたところ「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」と答えた。
対応すんのめんどいって事か🙄
ボーダーレスなネットの世界での規制…時代に逆行?>
法令は接続をどう判断してるのだろう
仮に英語の壁がなくなっても、法務とか税務面での壁は残るのだなと認識した。
EUって外側からかかわるとだいたいめんどうくさい。Androidでアプリを有償配布しようとしたときにあきらめたことがある。
〈法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない〉
さぁ 出てくる 出てくる 😏✨
EU圏の法規制は日本より厳しくなってきたしね。プライバシー関係が特に。
「サービス終了の理由についてヤフーに問い合わせたところ『法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない』と答えた。」って怪しいだろ
となると、ウェブサービス展開するときに、欧州向けでないなら、初めから接続遮断してる方がGDPRリスク回避できることになるなあ
ヤフーは欧州におけるYahoo! JAPANのサービスを4月6日に終了すると発表した。法令順守の面から継続的なサービスの提供が困難と判断したためである。 や検索、ヤフオク等は接続不可になるが、Yahoo!メール等の一部機能はユーザーの影響を考慮して提供を継続。
昔、GDPR対策について悩んだけど。やっぱ大手も「遮断」に踏み切るしかないのねぇ。
GDPR対応はしないということかな --
EU圏でYahoo!JAPANのサービスを利用している方は要注意ですね
Yahoo!JAPANが4月から欧州で利用不可能に
ほぅ…こういうことになったのか。
◎イギリスにおけるYahoo! JAPANのサービスを終了
・法令順守の面から継続的なサービスの提供が困難
・出前館やアスクル、GYAO!など提携企業のサービスは引き続き利用できる
・Yahoo!メール、Yahoo!カード、電子書籍サービス「ebookjapan」は例外的に提供を継続
これは興味深い。簡単にいえば、現在の日本国内で行っているサービスやコンテンツなどの中に、欧州の規則・法律に抵触することがあって、それを回避するためには相当なコストがかかるということか。まあ、日本はやりたい放題状態だもんなあ。これを機に引き締めて欲しいぞ。
個人情報云々の事情かなと思います。欧州はこれで相当数の客を逃している印象。
これ、在外邦人にとっては結構大きなニュースな気がする
今後、本気でGDPR遵守しようと思ったらキツくなる事業者多いだろうから、他のサービスでも同じこと起きそう
ヤフーニュースとヤフー検索がヨーロッパから見えなくなると、在日人と在外日本人のトレンドのズレがさらに進みそう。。はてブがあればいいのですか?
AmazonみたいにGDPR侵害で 1000億の罰金取られたら困るもんなー。インターネットにも国境できてきたのう
法令順守のための対応コスト…具体的に何を差すのかが知りたい
Yahoo、EEAおよびイギリスからの接続遮断。
IT鎖国じゃー!
検索も出来なくなるんで、欧州に出かける方は他の検索エンジンを使う必要があるって話
これあれかな?
「中国と取引のある会社はいかん!」
に引っかかるからかな?
ほほう?
「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」

法令?
ヤフーの欧州遮断問題

ホテルのwifi繋いだら表示されるようになった😨

⇦イタリアのホテルwifi(イタリアドメイン扱い)
⇨楽天海外ローミング(国内ドメイン扱い)
Googleでええやろ >
コストベネフィットのバランスが悪いならやらない、というビジネスの当たり前の判断ですね。
ヨーロッパからのアクセスが出来なくて困る人が僅少なら、インフラ企業としての責任が問われることも無いし。

ただ、イン...
「サービス終了の理由についてヤフーに問い合わせたところ「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」と答えた」とのことです。
欧州からの接続遮断・・・たしかにいろいろなコスト考えるとこういう選択肢もあるだろうが、、まさか本当にやるとは思わなかったな、、
まぁこれはしゃーない。 EU圏のアホみたいな法律が足かせになってるからな。 /
ヤフージャパンは、契約なども含めてサービス展開が日本を対象としたものに限定されているので、グローバルサービスにしていく選択肢がない。
欧州ユーザーのためにEUの厳しい規制コストはペイしないという判断だろう。
たしかに法令遵守の対応コストバカにならんよね。グローバルに展開しているプロダクトなら対応不可避だけどそうじゃないなら諦める
おそらくGDPR対応コストでしょうね。他も続くところが出てくると思います。
GDPRは非常に厳しく、違反した際の罰金も巨額なので懸命な判断と思う。世界中に開けていたWebも少しずつ排他的になっていくんだろうな。
Yahoo! JAPAN、2022.04.06に欧州からの接続遮断。
ユーザーさん気を付けて (・。・;)
言論の自由が制約される検閲制度がない国でもそんな事態が起こりうるんだ。
ちゃんと名言するあたりまだマシだと思ってしまう。自他国どこも告知せず接続遮断してるところはある。
日本国内からも遮断していただきたい
ここ数年のEUを初めとする欧州のIT系の法律は、事業者だけでなく利用者にも負担を強いる物ばかりで、ユーザを守ると言えば聞こえがいいが、その実金をせしめるために法律を作っているのではないかと思うほど。
どういうことなんでしょうか。
「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。」
EU官僚のお陰でめでたくインターネットにも国境が復活しましたとさ。。
具体的な法令について回答を避けてるけど、どうせGDPRやろ?
これとても困る
ヤフーニュースでメーカー不祥事を知れなくなる
ヨーロッパでやっちゃダメなら日本もダメでしょ。Yahoo ニュースにも載ってたけど理由や「ここがポイント」はなし>
欧州対応大変らしいよね
熱い。こういう対応をするサービスが増えて、「このサイトではCookieを利用しています~ [Accept]」のダイアログ消えないかな。
”サービス終了の理由についてヤフーに問い合わせたところ「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」と答えた。”
完璧な地域遮断は無理だろうから、
IPで大体遮断+「私はEU/GBに居住していません☑」とかかな
だよね。アホかと思うほど理不尽に面倒くさい。
本当に他社は相応の法令遵守コストを支払えてるのだろうか
IT Media もSBだからなぁ。なんかあるのかな。
これ、めちゃくちゃ不便になるやん😭😭
出来なくなる例
EEA及び英国からのアクセス遮断とのことだが、どこのニュースソースもどの法令に引っかかるのか書いていないのが気になる QT
日本国内向けサービスでもEUから利用があればGDPR対応が必要になっちゃいますからね。それならアクセスを遮断してしまえ、と。
なるほどGDPRかそれならしょうがない/
って書いたらTLに流れてきた。合ってた。

書くと関連したツイートをTLに出してくるツイッターは便利ねぇ。
これはGSPRを順守が厳しいって事かな?
規制厳しくなると便利なサービスも継続が厳しくなるな
逆グレートファイアウォールだなww
「出前館やアスクルは引き続き利用できる」
…欧州からのユースケースは少し気になる
>法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した
GPDRくらいしか思い当たらないんだけど、これが遵守できないとなると、今後、他の国でもまずいのでは?
一般ニュースでは話題になってるのかしら?
理由解答してたのか
思ってたんと逆の範囲だった。やはり朝日新聞は「デジタル」の癖にデジタル方面の取材が出来てないな。
なるほど、4月6日からはヨーロッパから が見られなくなるわけだな。なんとまあ。。
GDPR対応ですかね。
これはこれですごい判断。
「具体的な関連法令などは回答できない」って何?
隠す理由とは?

普通に考えて「GDPR」あたりなのかなと思いますよねぇ。対応するコストがもったえないなんてドケチぶりが露呈するのでみっともなくて言えないとか、そんなあたり?(笑)
割り切り、って感じ。余所からアクセスする人はメインの客じゃないにせよ中々の。
Yahoo!カード、ebookjapanは提供を継続
メールはアドレスの新規取得や変更、有料サービスの新規購入などの機能を制限して提供
Yahoo!プレミアム等、要月額利用料サービスは、4月の利用料が発生する前に停止や解約などの手続きが必要

Yahoo! JAPAN、欧州からの接続遮断
欧州からなんとなく日本のサイトにアクセスするのじゃなく、欧州からアクセスがあったら欧州の規制に合わせて表示しなくちゃならないので金かかりすぎるからやめると。
欧州というか GDPR の、ね。今後も似たようなケースが増えるのかなぁ。
本当にコストの問題なのだろうか。「法令遵守できない」なのでは?

> 「法令順守のための対応コストの観点で継続不能と判断した。具体的な関連法令などは回答できない」
EU圏からのアクセス遮断したい気持ちすごくよく分かる。GoogleやFacebookでも突かれて罰金されるくらいなので、開発リソースがいくらあっても足りないイメージ。
タイトルとURLをコピーしました