メディア記事

政権に物申す 安倍官邸に敵視された「サンモニ」出演の青木理さん

バズる指数ピーク 156

 twitterコメント 98件中 1~98件
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚し、波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者でジャーナリストの青木理さんに取材しました。
高市氏の進退も問題だが、悪は自民右派の未だに続いているマスコミへの圧力。
特にテレ朝上層部が通じている。
「政権に批判的なことも言うテレビ番組がどんどんなくなったから、サンデーモーニングが結果的に突出して見えてしまっているのが今の状況。」
⇨
『NGO「国境なき記者団」による報道の自由度ランキングで、日本は22年に180カ国・地域の中で71位だった。10年(当時は旧民主党政権)には11位で、12~20年の第2次安倍政権下で順位は大きく下がり、メディア環境の悪化がうかがえる』
「それぞれバックグラウンドが異なる各分野のプロフェッショナルが、おかしいと思った時はおかしいときちんと物申す、それがサンデーモーニングという番組の一貫した姿勢だと思います」
「批判と政権側の言い分を(一つの番組で公平に)同じ量で伝えることになれば、ものごとは全て相対化されます。ある政策に対する反対の声が大きくても相対化されることで、そうした声はほぼ無力化されてしまうでしょう」
⇨
「一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲です」
「(サンモニが)これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
放送局に政治的中立を求める政府自体が自民党の政治家に私物化されているのはどういうことか?
「選挙の結果だから問題ない」のだろうか?
いや、実は政府こそ政治的に中立でなければならないようです。
「・・・気が付いたら目の敵にされていたという話は、サンデーモーニングが偏っているのではなく、相当に『偏った』長期政権下、世の中の軸が異様に右にずれてしまった一つの証左なのではないかという気がします」


⇒その通り。今も続く、異常な右派政権が日本を破壊した。
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
…こんなにも とんでもない! 輩達が!
国の中枢 脅かす日本
全くその通り。

>「一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲です」
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」
とは自画自賛過ぎる
。
『ジャーナリズムが「死ぬ」』
もうすでに死んでいるよ。戦わないしそうした姿勢が見えないからね。
サンモニも青木もジャーナリズムではなく私怨による偏向報道なのは皆分かってる。それでも番組が潰されなかった事は放送法の解釈は変更されなかった証拠。ただそんな偏向報道を続ける限り新聞もテレビも視聴者に見限られ緩慢な死を迎えるのみ
サンデーモーニングに出演している青木理さん。「政権に批判的なことも言うテレビ番組がどんどんなくなったから、サンデーモーニングが結果的に突出して見えてしまっているのが今の状況。『偏った』長期政権下、世の中の軸が右にずれてしまった一つの証左なのではないか」
青木理さん 一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲です
»
文書によると、礒崎氏はサンデーモーニングについて「コメンテーター全員が同じことを述べているなど、明らかにおかしい」などとして偏っていると指摘。15年3月には、
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS系「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
<読まれています>安倍官邸に敵視された「サンモニ」出演の青木理さん


放送法の「政治的公平」の解釈を巡る行政文書。その中で「けしからん番組」として名指しされたのが報道番組「サンデーモーニング」。ジャーナリストの青木理さんはどう受け止めているのでしょうか。
これまでほとんど見なかったが、名誉勲章拝受を機会に今後は「サンモニ」に注目しようと思う。>
サンデーモーニングが偏っているのではなく、相当に『偏った』長期政権下、世の中の軸が異様に右にずれてしまった一つの証左なのではないかという気がします
テレビ局の上層部、萎縮
政権に批判的だったNHK「クローズアップ現代」の国谷裕子さん、TBS系「NEWS23」の岸井成格さん、テレビ朝日系「報道ステーション」の古舘伊知郎さんが次々と降板した。
表現の自由を保障して検閲を禁じた憲法との関係もあり、(総務省は)ある程度、自制的に『放送事業者の番組全体で判断する』と放送法を解釈してきた面もあったのではないでしょうか
安倍晋三首相(当時)の意向もあって官邸側が、一つの番組で判断できるように事実上の解釈変更を総務省に迫り、押し切った様子が分かる。
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」。文書にあった礒崎氏の「けしからん発言」に
偏向報道の雄!サンモニも末期状態プロ市民が語る!
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」
「権力を監視」する事が責務である にとって、 を推進していた から公然と された事は、 には絶対に得る事が出来ない「
安倍政権だけでなく菅政権と岸田政権が敵視ている。放送法の湾曲解釈を安倍政権と高市がしたが屈せず挑戦している。
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
青木理さん「表現の自由を保障して検閲を禁じた憲法との関係もあり…1つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や への介入であり、まさに検閲です」
"礒崎陽輔首相補佐官はサンデーモーニングに…「番組の路線と合わないゲストを呼ばない。あんなのが成り立つのはおかしい。総務省もウオッチしておかなきゃだめだろ」と同省幹部らに…
けしからん、なんて言う奴らの方がけしからん。幼稚過ぎる。
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」。
世間はお前を敵視してるよ
こいつはまともなこと言ってないからけしからんとは思わんが、気持ち悪いとは心底思う。
よくこんなのがコメンテーターやってるなあ。
ジャーナリズムを殺せば、民主主義は死ぬ。安倍政権は故意にやった。マスメディアも故意に追随した。
私はそう思っています。
日本が民主主義の一員?まさか。改憲せずに憲法解釈を変える国。
「批判と政権側の言い分を(一つの番組で公平に)同じ量で伝えることになれば、ものごとは全て相対化されます。ある政策に対する反対の声が大きくても相対化されることで、そうした声はほぼ無力化されてしまうでしょう」
「政権に批判的なことも言うテレビ番組がどんどんなくなったから、サンデーモーニングが結果的に突出して見えてしまっているのが今の状況。気が付いたら目の敵にされていた」
引用:「G7中で、政府の政策についてクリティカル(批判的)な見方をするのがメディアの役割と言われている」
⬆日本違う💦何を置いてもG7のキシダさん。またG6と異常ジャパンになってるよ…
政権に批判的なことも言うテレビ番組がどんどんなくなったから、サンモニが結果的に突出して見えてしまっているのが今の状況
サンモニが偏っているのではなく相当に『偏った』長期政権下、世の中の軸が異様に右にずれてしまった一つの証左

青木理さん
私より一歳若い青木理さん、、青木理さんはケーブルテレビに出てたころから、大好きでエールも送るし、青木理さんの本も買って(新本)たくさん読んだ。一番クズはマスコミより日本人よ
“NGO「国境なき記者団」(本部パリ)による報道の自由度ランキングで、日本は22年に180カ国・地域の中で71位だった。10年(当時は旧民主党政権)には11位で、12~20年の第2次安倍政権下で順位は大きく下がり、メディア環境の悪化がうかがえることも、青木さんは指摘する。”
「ある政策に対する反対の声が大きくても相対化されることで、そうした声はほぼ無力化されてしまうでしょう」
「政治権力の監視を使命とするメディアがそんなことをやったら、ジャーナリズムの役割は死にます」
【「"けしからん"は勲章」】
アベ官邸に敵視された「サンモニ」、政権に物申す=青木理さん。
その通り。幇間マスコミは、言論の自殺。
全面的に同意します。
「一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲です」
※「安倍自公政権に」って変えた方が正確です!!
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS系「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
青木さんの指摘はその通りで、テレビ局の上層部の萎縮は問題ですが、まず大阪のメディアやテレビ局の状況を訴えてよ!
例の高市メモには「大阪の放送局は維新ベッタリ」との発言があるんだよ。
おかしい事をおかしいと言うのは当たり前です。
それすら認めずに封じ込めるだなんて狂っています。
ビクビクして番組を作るからテレビが全く面白くないのだろう
だから私はラジオやPodcastを聴くかNetflixを楽しむ
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」

逆にこういう番組を許さない政権は、言論統制政権と言える。

安倍官邸に敵視された「サンモニ」出演の青木理さん
けしからんのは、礒崎さんたちの方だからなあ。官僚ヤクザって言ってもいいくらい。
政府は放送法の解釈を変えていないそうだから、左に偏った番組があっても無問題
維新爆アゲの関西民放や大本営NHKは「番組全体を見て判断」しても違法。停波して良し
特に橋下徹をテレビに出し続けるフジ等は政治的中立違反
安倍内閣以降ジャーナリズムは瀕死
その通りです。私は青木さんの意見に賛成します。⇒
いや…いやいやいや。
米国の言う通りにしかやってないじゃない。あんまりガッカリさせないでよ。
ジャーナリズムが「死ぬ」
政権とメディアの関係といえば安倍政権時代に自民党の萩生田光一筆頭副幹事長(当時)が14年11月20日在京のテレビ6局に「公平中立、かつ公正」な選挙報道を求める要請文を渡したことが思い出される
その2日前衆院解散を表明した安倍首相がTBS系報道
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」。
Critical personの重要性理解できぬ政治‼️😢😭

「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」。
「けしからん」発言は“勲章”
青木さん、ガンバレ!!
<政治的公平性?お前らは青木も含めて毎日新聞はこの記事を見て気付かないか?左の人物を呼んで、左の番組の記事を左の新聞が書く、公平か?百田さんや竹田さんも呼べよ!それから語れ!
何が公平か判断する人が、公平かどうかかも分からないのに?
さすが!ジャーナリストの雄。
新聞もテレビニュース番組も権力に、もっと嫌われたほうが良いのでは。
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」
コメンテーターに聞いてもムダじゃないの?TBSの社長はどう思ってんの?取締役その他の経営陣は?この方から放送中止って言われたら中止になるんでしょ?
放送ガバナンスも知りたいね!
いやいやいや、右左関係なく変な空間にズレてるだろ、この老害糞番組は。
良薬は口に苦し。
批判を恐れたり、怒って取り締まろうとする政府はろくなもんじゃないよね。

サンモニは政府から敵視される勲章をいただいた!
「けしからん番組」として名指しされたのが、TBS系報道番組の「サンデーモーニング」出演の青木理さん
一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲
敵視されないメディアは、報道ではなく広報。
「報道」「ニュース」とか言わないで。
〈「……気が付いたら目の敵にされていたという話は、サンデーモーニングが偏っているのではなく、相当に『偏った』長期政権下、世の中の軸が異様に右にずれてしまった一つの証左なのではないかという気がします」〉

……敵視された「サンモニ」出演の青木理さん
〈…報道の自由度ランキングで、日本は22年に180カ国・地域の中で71位だった。10年(当時は旧民主党政権)には11位で、12~20年の第2次安倍政権下で順位は大きく下がり、メディア環境の悪化がうかがえる……〉

安倍官邸に敵視された「サンモニ」出演の青木理さん
〈振り返れば16年3月には、政権に批判的だったNHK「クローズアップ現代」の国谷裕子さん、TBS系「NEWS23」の岸井成格さん、テレビ朝日系「報道ステーション」の古舘伊知郎さんが次々とキャスターを降板した〉

安倍官邸に敵視された「サンモニ」出演の青木理さん
〈元外務事務次官の藪中三十二さんは次のように語った。
「G7(主要7カ国)の中で、政府の政策についてクリティカル(批判的)な見方をするのがメディアの役割と言われている。そういうグローバルスタンダードから見ても、ちょっとこれはいかがなものかと思う」〉

毎日新聞
〈……ある政策に対する反対の声が大きくても相対化されることで、そうした声はほぼ無力化されてしまうでしょう」と話す。そしてこう続けた。「政治権力の監視を使命とするメディアがそんなことをやったら、ジャーナリズムの役割は死にます」〉

青木理さん
〈文書に目を通した青木さんは一連の発言について、「論外です」と断じる。
……一つの番組でも場合によっては『取り締まる』ということになれば、明らかに政治権力による表現や報道への介入であり、まさに検閲です」〉

…敵視された「サンモニ」出演の青木理さん
〈「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」。
……青木さんは淡々とした口調で答えた〉
・「けしからん」発言は“勲章”
・元首相補佐官の発言は「論外」
・ジャーナリズムが「死ぬ」
先日のポリタスTVで語られた事を改めて丁寧に話されていますね。
政府が放送事業者を直接監督するのは先進国では日本のみ、それが変わらない限り政府は放送業者にいつでも口出しできる。他の先進国では政府から独立した機関が監督する仕組み。
記者名含めて情報量が多すぎる。極左連合はやはり面白い。
> サンデーモーニングが偏っているのではなく、相当に『偏った』長期政権下、世の中の軸が異様に右にずれてしまった一つの証左なのではないかという気がします
安倍官邸に敵視された「 「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います…」
こういうことに全く報道しなかった抗おうとしなかった放送局もダメですよ。
報道の自由、表現の自由、言論の自由を守らないと戦前と同じことを繰り返す🤞
なんでも閣議決定で決めるダメ政治に🤞
放送法の「政治的公平」の解釈を巡る行政文書。その中で「けしからん番組」として名指しされたのが報道番組「サンデーモーニング」。青木理さんは、どう受け止めているのでしょうか。
「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」
頑張るジャーナリスト💪
政権に物申す
安倍官邸に敵視された「サンデーモーニング」出演の青木理さん

権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います
安倍政権が放送法第3条に違反して放送内容に干渉している明らかなのに、異議を唱えず、政権に批判的な識者やキャスターを降板させシッポを巻いた不甲斐ないTV局。
報道消滅のTVは見たくない。
「振り返れば16年3月には、政権に批判的だったNHK『クローズアップ現代』の国谷裕子さん、TBS系『NEWS23』の岸井成格さん、テレビ朝日系『報道ステーション』の古舘伊知郎さんが次々とキャスターを降板した」毎日
政権に物申す 安倍官邸に敵視された「 「これほど政権からにらまれて敵視されているというのは、権力を監視するメディアの仕事をちゃんと果たしてきた(番組の)勲章でもあると思います」👍
の「 」の解釈を巡り、安倍政権内のやり取りが行政文書で発覚して波紋を広げています。当時の首相補佐官がTBS「 」を敵視したのが、事実上の解釈変更への発端でした。サンモニ出演者のジャーナリスト、青木理さんに取材しました。
国民からは馬鹿にされているけどね。
震災後、サンモニが狂ったように左傾化する中で、国民はサヨクさんの言動の馬鹿さ加減を嫌というほど知った。彼の功績だね。
↓
タイトルとURLをコピーしました