メディア記事

【独占インタビュー】英BBC「ジャニー喜多川氏告発番組」取材記者が語る「4年間の戦い」

バズる指数ピーク 68

 twitterコメント 55件中 1~55件
4年前から構想があったという事はジャニー喜多川が亡くなった年になる。亡くなる前なのかあとかで状況はだいぶ違ってくるはず。当然ジャニーズ事務所ほどになれば国内外多方面から情報を得る事は出来るはずだし。亡くなる前に海外メディアが動いている事に気付いていたなら…
やっぱり再編集版なんだね。
英国放送版より数分短いと
>「会社側には、実際の問題に取り組む姿勢がゼロ。これは象牙の塔だ」と痛烈に批判している。
英国では左派のガーディアンすら「担当記者のリアクションがあまりにイノセンス」と批判されていて、おそらく当人もそれは予想外だったはず。
糾弾される、罪を問われるのは当然として、「芸能界って実際そういうもんでしょ」は、別に日本だけじゃない。
『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるファン、まるで宗教のようだと感じました。それが一番驚いたことですね」
秘められたスキャンダル"
NHK で放送してほしい内容のドキュメンタリーでした。被害者本人たちもファンも事の重大さに気づいていないことの恐ろしさ。性と肉体の尊厳に疎い日本社会。
「取材は難航した。何度もジャニーズ側にコンタクトを図ったが、彼らは全く反応しなかった。『答えられない』という返答すらなかった。完全に無視された」。
「被害者には言葉を詰まらせる方もいた。喜多川が現在も英雄として扱われているのには強い違和感を覚える。その評価が変わらない限り、彼から搾取された方々の傷は癒えない。これは今すぐ変えるべき事だ」
録画観てる。
再放送もう一回あるみたい
「03/20(月) 00:10 ~ 01:00 [字][英]J-POPの捕食者 秘められたスキャンダル(再)BBCワールドニュース 」
回答できないという回答すらしない事務所、事務所を怒らせたら怖いと沈黙するファン、リサーチを重ねコンタクトしたのは出演者の倍以上
BBC性暴力ドキュメンタリーの影響でジャニタレ使うスポンサー企業も躊躇し始めるかな?日本企業もコンプライアンス上ジャニタレ使うのヤバいと言う見解にならざるをえなくなるかも。ジャニタレ使いながら、相変わらず沈黙するNHK やその他大手メディアなど「恥を知れ」だ。
アザー記者インタビュー
「事務所はもちろんだが、ファンも口を閉じるのに驚いた」
「日本の人や文化を批判しているのではなく、日本の芸能界の『沈黙の文化』を批判している。
正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願う」
「第2弾の可能性もある」
社長 氏はカレンダーを始めジャニーズ関連の商材は今後扱わないと決断されたようです。大変な英断です。
////喜多川氏が現在も英雄として扱われていることには強い違和感を覚えます。その評価が変わらない限り、彼から搾取された方々の傷は癒えません。
「事務所の関係者は何も語ってくれないことは明白だったので、我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。まるで宗教のようだと感じました」
文春のジャニー喜多川記事をロンダリングしてるだけやないかい

「構想が持ち上がったのは4年前です。番組中にも登場する『週刊文春』の記者たちから、喜多川氏の裁判の話を聞いたことがきっかけでした。どうしてこの報道が話題にならないのか、私もBBCも興味を持ちました。
画期的な事だと思うよ。
ただこの件は、当事者が既にいないのでこれ以上の調査は難しいけど・・・・
現社長の事が出てくるんなら、さすがに日本のメディアもスルー出来なくなるか。
BBCに告発されてNHKはダンマリ。
どうなっとんの??
今テレビに出てるジャニーズのタレントに対して
この人もあの彼もそうだったのかと思うようになった

誰も訴える人もいなくて
売れたからええねんて
なんかかわいそうというか
哀れというか
“「第2弾はあるのか?」と問いかけると、アザー氏は「もちろんその可能性はあります。ただ、まずは世界がどう反応するのか、見てみましょう」と語った。”
. 氏はFRIDAYのインタビューに「正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願っています」と答えているが、自民党政権同様たぶん何も変わない。
変わるとしたらスポンサーが離れたとき。

【独占インタビュー】BBC取材記者
この番組は日本社会を批判しているわけではありません。この番組は日本文化を批判しているではなく、日本の芸能界の『沈黙の文化』を批判しているのです。正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願っています
事務所の関係者は何も語ってくれないことは明白だったので、我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。続く
「第2弾はあるのか?」と問いかけると、アザー氏は「もちろんその可能性はあります。ただ、まずは世界がどう反応するのか、見てみましょう」
フォーカスのトシちゃんパンツ写真の頃から言われてたのを覚えてる
「日本の芸能界の『沈黙の文化』を批判しているのです。正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願っています」
第2弾があるのなら見たい。
うわー

"事務所の関係者は何も語ってくれないことは明白だったので、我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです"
《我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。まるで宗教のようだと感じました。ファンまでコントロールしているのかと…。それが一番驚いたことですね》
短い期間ではないです
そして「やれよ」は日本人に向けてください

構想が持ち上がったのは4年前です。どうしてこの報道が話題にならないのか、私もBBCも興味を持ちました。その後も入念なリサーチを重ね、’22年8~9月には実際に日本を訪れて取材を行いました。
ジャニーズ事務所のロビーの映像流せるのはBBCだけ(笑):
消される前にシェア
ファンは重要な証言に触れそうになると『事務所を怒らせたくない』と口を閉じ、宗教のようだった。ファンまでコントロールしてる。それが一番驚いた。
まだ新聞、テレビでは報道を控えている?

引用:
「喜多川氏告発番組」取材者が語る4年間
[「この番組は日本社会を批判している訳ではありません。(中略) 日本文化を批判しているではなく、日本の芸能界の『沈黙の文化』を批判しているのです。正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願っています」]
取材者が語る4年間
[「被害者の中には言葉を詰まらせ、答えられなくなる方もいました。ジャニー喜多川氏が現在も英雄として扱われていることには強い違和感を覚えます。その評価が変わらない限り、彼から搾取された方々の傷は癒えません。これはいますぐ変えるべきことです」]
[「我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。まるで宗教の様だと感じました。ファンまでコントロールしているのかと…。それが一番驚いたことですね」]
「リサーチを重ねる中でファンが作成した特定の非公式サイトが信用に足り得るとわかり、…SNSも活用して、相互参照しながら被害者を特定し、アポイントを取っていきました」
告発番組の放送まで(´ω`)あと2時間切りましたん
日本政府、BBCに暴かれたこの期に及んで無視しないよね?行動するよね?
米国じゃ場合によっちゃ2度と刑務所から出られない犯罪レベル。警察も目覚ませ。
取材は初期段階から難航
[「我々は何度もジャニーズ事務所側にコンタクトを図りましたが、彼らは全く反応しませんでしたからね。『答えられない』という返答すらなかった。完全に無視された状態でした。
そこで途中から、被害者へコンタクトを取る方法に切り替えたのです」]
30年以上前から知っていたけど
今さらな感じ
逆に外国とは言え、おおっぴらにならなかったのもすごい
「我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。まるで宗教のようだと感じました。ファンまでコントロールしているのかと」
[「いくつかのシーンを削除しており、番組は数分短くなっています。(中略) フルバージョンでは、冒頭に『どぎつい描写がある』という警告が出ます。世界に向けて発信するにあたり、そういった気分を害するキツい描写を出すのはいかがなものか、と判断してカットしました」]
「この番組は日本文化を批判しているではなく、日本の芸能界の『沈黙の文化』を批判しているのです。正しいストーリーが広まり、社会がより良い方向へ変化することを願っています」
[「英国内では大きな反響がありました。具体的な視聴率などはお教えできませんが、公式HP上の『trending programs(話題の番組)』というランキング欄では、放送直後からずっとトップ3入りを果たしています]
日本では
放送されへんのかなぁ
相変わらずテレビは沈黙か。
まぁ、自浄能力はゼロだわ。
ジャニー喜多川氏のドキュメンタリー番組「J-POPの捕食者:秘められたスキャンダル」が今日と明日、BBCワールドで放送される。
(アマプラ、Huluなどで視聴可能)

取材を担当したはモビーン・アザー氏のインタビュー記事がFRIDAYに掲載された。
!!!!!…
BBCにNHKの沈黙と隠蔽の文化も取材して頂いたら多少は変わるのでしょうか?

ちなみに、ジャニーズはNHKのキャスティングにも影響力を行使していますよ

思いもよらない共演NGがたくさんあります
「事務所の関係者は何も語ってくれないことは明白だったので、我々はファンの方々の証言に活路を見出そうとしたのです。しかし、重要な証言に触れそうになると、皆さん『ジャニーズ事務所を怒らせたくない』と口を閉じるのです。まるで宗教のようだと感じました。ーー。」
3月18日の18時10分より、日本語字幕付き版がBBCワールドニュースにて放送される。
イギリス国内では大きな反響がありました。具体的な視聴率などはお教えできませんが、公式ホームページ上の『trending programs(話題の番組)』というランキング欄では、放送直後からずっとトップ3入りを果たしています。さらに各新聞社でも記事が扱われました。
½

日本に来日してからも、取材はスムーズにいかなかった。中でも一番困惑したのは、ファンの対応だ。

モビーン・アザー記者
「事務所の関係者は何も語ってくれない事
タイトルとURLをコピーしました