メディア記事

iPodは「Goodbye, MD」し、世界を変えて、Goodbyeした
iPodは「Goodbye, MD」し、世界を変えて、Goodbyeした
iPod miniを売り出したときの日本でのキャッチフレーズは「Goodbye, MD」だった。それ以外にもiPodは多くのものを変えてきた。その歴史を小寺信良さんが振り返る。

バズる指数ピーク 97

 twitterコメント 79件中 1~79件
“MD使ったことない、あれは大して流行ってなかったと主張するIT・パソコンオジサンを見かけたら、どうかそこは深掘りせず、「ああ……ね?」と哀れむような目で見るのはやめろください。”
いまだにnano使ってたりしますよ(笑)

●
色々思い出しながら読んだ。そうだったなぁ。
ちなみに高校2年の時からMD使ってました。
めちゃめちゃ素敵な記事だなぁ

"AppleといえばiPhoneの会社というイメージを持っているが、振り返れば一介のニッチなコンピュータ屋だった会社が初めて「世界を取った」のは、iPodだった"
確かにその通りだったね
ギミック的にMDはむっちゃカッコいいと思ってたんだけど、結局MDの機種は買わなかった。
iPodは初代から買った。

あの頃いつも、CDのDiscmanと複数のCDを鞄に入れてた。
>> われわれはiPod touchを以て、iPhoneの使い勝手を想像するしかなかった。
当時携帯は生粋のドコモ派だったからiPod touchで iPhone気分を味わってたことを思い出した。3.11の頃iPod touchでヤシマ作戦とか眺めてたなー。
妻はMDを使っていたけれど、私はちょうどMDの時代にまったく音楽を聞かなくなっていたのだよな。出先で音楽を聴く習慣もなかった。
私はDiscman→iriverの何か→iPod touchという変遷でした。一度くらいMDを使ってみたかった。
ちょっと長いけど読み応えのある記事だった。


私はCD>mp3>CD-RなのでMDは触れなかったなぁ。
iPod以前にiTunesが存在したことにも触れてほしかった。
小寺さんの記事。時代感含めよくまとまってる。

"現在IT業界で生き残っている40~50代の人達に話を聞くと、MDを使ったことがないという人が多い。
(中略)
「ああ……ね?」と哀れむような目で見るのはやめろください。"
確かにいまの Apple を作ったのは間違いなく iPod だったよなあ。iPad が出たときは日本人には iPod と iPad の発音の区別が難しいとか話題になってたっけ
リア充じゃなかったのにMD使ってたのは一体…その後は iPodじゃなくて台湾か中華製のMP3プレイヤーとオーテクイヤホン長く使ってたなぁ -
iPod以外のMP3プレイヤーの付属イヤホンは「良く言えば○○○で悪くいえば○○だった」。伏せ字部分は記事で読もう。>
MDは、友だちと交換したり、ベストセレクションを彼女にプレゼントしたりする「リア充」にしか浸透していなかった。そうですね、私は英会話の勉強が主でしたよ。>
自分はMD使いまくってたけど単にカセットのアップデート版だったなぁ
MDめっちゃ活用してた僕はリア充だった? >『現在IT業界で生き残っている40~50代の人達に話を聞くと、MDを使ったことがないという人が多い』『要するに今でいうところの「リア充」にしか浸透していなかったからである』
iPodの歴史と当時のAppleの戦略がわかる面白い記事でした。
iPodの白くて目立つ、そして及第点の音質のイヤホンはマーケティングのためだったんですねえ。
「当時WindowsにはiTunesがなく、サードパーティー製MP3プレーヤーの「MusicMatch Jukebox Plus」が付属していた。コーデックのAACもまだなく、iPodはMP3再生機だったのだ」
iPodお疲れ様……。
そのミームはiphoneに取り込まれたわけだから結果OKでしょ。
iPodが出たからMacBookに復帰したという側面もありました。
プレiPhoneとしてのiPod touchもその通り。
(NewtonからPalmも使いつつ)
iPodがなければ私は中国語を習得できなかったであろう。学習雑誌のCDを通勤電車で聞いて練習した。touchになって以降は音声スクリプトの内容が表示できるようになったのでさらにはかどった。
iPodからSARVHの話まで繋がっていく構成が流石小寺さん。ちなみに私も自分のMDプレーヤーを持ったことの無い人間ですが何か。
MDは長くないと考えたので、触ったことが一度もない。その後のiPod shuffleのインパクトはすごかった。これだと!思ってiPodをずっと使っていた。特にiPod touchは常に最新を使っていた。
iPod総括。思えばiPod全盛期は著作権を巡る旧勢力と新興勢力のせめぎ合いの時期でもあった。津田さんは今では好悪分かれてるけど、この件に関する活動は評価しています。
今乗ってる車ではiPod nanoが30pin接続でカーナビ連携して音楽ソースとして現役で頑張っている。だってBluetoothないんだもんよ
iPodの登場でGoodby MDどころか、CDもグッバイされたよね。
MDって、iPodの登場によりカセットテープほど長く使用されたわけではなく
覚えている層は少ないですよね
ど真ん中世代の私としては少し寂しい
唯一勝てなかったAppleは音が良くない 末期💽は音良かった
お世話になったiPod😎
編集を担当しました。iPodなどの写真は僕の私物です。MDは取材には便利に使ってましたが、音楽を聴く用途では一度も使いませんでした。
CDウォークマンあったら、MDいらないし。だからMDなんて使ってなかったよ。
“では信じられないかもしれないが、当時WindowsにはiTunesがなく、サードパーティー製MP3プレーヤーの「MusicMatch Jukebox Plus」が付属していた。コーデックのAACもまだなく、iPodはMP3再生機だったのだ。”
MDはリア充とかいう妄想が無ければな
MP3に取り込んだデータは専用のSDカードアダプタでないと読み書きできないってクソ仕様にすごく惑わされて結果iPodからの iPhoneユーザーになったのでしためでたしめでたし。そいでさよなら日本製とこうなったわけね。
カセット派だったし、デジタルで持ち歩くならPCMでCD-Rに焼いて持ち歩いてたのでMDは一切通らずメモリーウォークマン行ったっけ
Hi-MDが数年早く出ていれば買ってたかも?
青春時代を共にしたIPODが無くなります。いつのまにか携帯に変わり、音楽と携帯が同じ機器で聞けるなんて思いもしませんでした。"エモい"ってこういうことですよね?
ありがとうApple、ありがとうIpod.
*Ipod miniは何回も無くしました。
MD、『ジョジョ』第4部の最終話、ジョセフが杜王町から去るシーンでMDをプレーヤーに差し込んでいる様子が描かれていて、それが格好良く感じて買ったんだよ(使いこなせなかったけど)

あと『こち亀』でも両さんが「音の頭出しがとにかく早い」って説明していたね
iPodが無かったら今のアップルは無かったよね
自分が初めてiPod買ったのが第5世代のiPodで2005年だからもう17年も前か。前年に出たiPod miniがカラフルでスタイリッシュで人気だったんだよなあ。
“MD使ったことない、あれは大して流行ってなかったと主張するIT・パソコンオジサンを見かけたら、どうかそこは深掘りせず、「ああ……ね?」と哀れむような目で見るのはやめろください。”
Appleは高音質には興味がないからね。結局ソニーがDAPの覇権を取戻した。
iPodはGoodbye MDし世界を変えてGoodbyeした
日本企業はカニバリを恐れて負けるパターンが多いよね。かつての自分を滅ぼすぐらいじゃないと新興ライバルには勝てないのに。EVもそうなりそうで心配だ。
マジレスするとiPod出る前からCD-Rの普及や初期のMP3プレーヤーが出てきた段階でMDは廃れてたよね。とどめを刺したのがiPodなだけでMDは勝手に廃れてたと思うよ。
「 iPodの功績にイヤホンというのは「たしかに!」とは思った。なおiPodが変革したのはユーザ側の行動であって、音楽流通を踏み潰したのは記事最後にあるiTunesというのは何度も言っておきたい。iTunesこそ衝撃だった。
当時iPodの登場はサンレコとかに出てるアーティストがほとんど持ってて羨望の眼差しで眺めてた
“当時他社製MP3プレーヤーに付属のイヤフォンは、一部の良心的なメーカーを除けば、良く言えばうんこで悪くいえばクソだった。”
MDはmp3に変換するのが面倒くさく、ラジオ録音したやつとか人にあげてしまった。コピーしやすいメディアが残る
iPod nanoはよかったなあ、iPod classicもよかったなあ(MDもなつかしいなあ)
いろいろ懐かしい。iPod前のMP3プレイヤーは確かに酷かった。iPodはそれを上手い事まとめてたよなぁ。既存の(枯れた)技術を使って。
『このCMで蒔いた種〜街で目立つ白いイヤフォンは、iPodユーザーの象徴だった/現代は多くのコンテンツがなんでもできるスマートフォンに巻き取られており、専用機不在の時代/iPodは、Macintoshと並ぶ「祖業」だ』
俺はiPodよりも発売が先のdac使ってた。多分小学生くらいだと思う。MDはぎり使ってたくらいの世代。
第4世代以降使い続けたiPod touchは音楽再生メインには使うことはなく、NW-WM1AM2の今に至るまで再生機はほぼウォークマン。スマホで事足りる世ではあるけれど、それも寂しい。
確かに見出しの表現がふさわしい。
---
MD全盛の頃にPDAにイヤホン繋いで音楽聴いてる人を見かけて、これ最強なのでは?って思っていたらiPodが流行りだしたなあ。みんなiPodだったからWALKMANにしたけどw
__φ( ╹ω╹ ) 。oO(
マジレスするとWindows95登場ぐらいから、音楽がコピーし易くなりチープな音源出回って、音圧で誤魔化す、そんな感じになってきたのね。★
振り返れば一介のニッチなコンピュータ屋だった会社が初めて「世界を取った」のは、iPodだった
“現在IT業界で生き残っている40~50代の人達に話を聞くと、MDを使ったことがないという人が多い。(中略)要するに今でいうところの「リア充」にしか浸透していなかったからである。”

音楽に興味がなかっただけでしょう。
MDのような、アナログとデジタルの悪いところだけを掬って煮詰めたクソメディアの時代が、一番音楽聴かなかったな。ITMS登場で音楽漬けの生活が始まった。
自分用に。
iPodは音楽プレイヤーに特化する道を捨てたことで中途半端な立ち位置になった。Appleらしいのかもしれない。それでも私はまだTouchを使いますよ。
日本市場において iPod (+iTunes Windows対応)がMDの息の根を止めたのは事実であろう (눈_눈 )
もせあ
MD使ってたからって交換する様な友人がいると思うな!(血涙)/初代は最初の会社を辞める時の送別品として貰ったな。思えば自前でiPodを買うような精神的余裕も金銭的余裕もなかったのは辞める理由の一つではあった。
たしかにMDプレイヤーは「席巻する前にiPodに駆逐された」のではあるが、年間3百万台ペースで出荷されててそこそこ普及してたんだよ……
初代はめちゃくちゃ欲しかったけれどカネは無いしMac持って無いしで無理だったなー(高校生の頃)
AppleはiPodで種を蒔き、iPhoneで全てを刈り取ったわけである。
やっぱMDはATRACの印象がなぁ。
MDにもiPodにも縁がなかったなぁ。
MP3プレーヤーは使ったし、
iPodはプレゼントを結構したけれど。
同時期に流通してたSonyの音楽ストリーミング付きのデバイスは時代を先取りしすぎだったな
Napsterだっけ?コピーロックが簡単に外せるガバガバソフトだったけど
悪い人からすれば「人のビジネス奪っておいて自分も消えた」とか言って慰めているかも(iPhoneに持って行ってるからテッポウダマか)
MDって使ったことないんだよね。CD to CDにいきなり行っちゃったから。リッピングもmp3、wma、wavが使える携帯CDプレイヤーだったし。
『iPodは「Goodbye, MD」し、...』の記事にコメントしました


( ´Д`)y━・~~ そうそう、そうそうそう
そうそう最初にWindows対応の第2世代を当時買ったけど、iTunesなんて無かったんだよなぁ~懐かしい。

しかしiPod壊れたら今後どうしたものか
何もかもが皆懐かしい。
タイトルとURLをコピーしました