メディア記事

京都大学の保健診療所が突然の廃止、“署名4400通”反対運動も大学は「回答拒否」の実態
京都大学の保健診療所が突然の廃止、“署名4400通”反対運動も大学は「回答拒否」の実態
“自由”―それが京都大学が掲げた学風だった。そんな京大が今、大学側の“横暴”に揺れている。予約の必要がなく、無料で診察を受けられることで体調不良の学生たちの拠り所となっていた「保健診療所」が現場の医師にすら知らされず廃止に追い込まれた。反対意見はすべて黙殺―“不自由”な京大の現状……。

バズる指数ピーク 106

 twitterコメント 42件中 1~42件
京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ
カネのない学生時代、とてもお世話になった保健診療所が突然の廃止
霊長研廃止といい付属図書館運営外部委託といい今の当局は京大潰したいとしか・・・
うーん...|
犬山の霊長類研究所廃止など、最近の京大は本当におかしい。今の学長体制を変えないといけないかも?
こんなのがあったのか。。
大学生になるまで1人で初診行ったことがなかった私にはありがたかったです。コスト削減かな・・・存続してくれるといいんですが。
『週刊女性』って雑誌、全く縁のないものだと思っていたけど、なかなか立派ではないか。
「日本国内に無料の診療所がある、処方までしている」というのは、
皆保険制度と矛盾するだろう。
国は学内で診療所に支払っている補助を止めろ、そのぶん返還しろと言って当然。
【京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ】

「長い時間をかけて学生や職員のニーズに合うように育てられてきたもの。それが今回の診療の終了で、保健管理施設としておそらく法律の最低限のレベルまで落とされると予想される」
京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ
なぜ廃止?
現に利用者がいるのに。
記事には神経科の記述が多いですが、内科も重要。

院生の時、大規模国立大の似た診療所の利用経験あり。
マイコプラズマ肺炎。学内で続々病人が出ていました。
受診のハードルが低いことで、学内の公衆衛生対策上の意義が高まるのです。
あの京都大学も、東大並みに管理された大学に堕ちていくのか。
息子達が何度もお世話になっているので、突然の廃止は残念ですね。
ショック!昨春、息子が高熱を出し市の発熱相談が繋がらなず、こちらに連絡。うちでは診られないけれどと言いつつ、いくつか心当たりを教えてもらい助かりました。コロナではなく溶連菌だったのですが。一人暮らしの学生も多く、今は事情があっても復活してほしいなあ。
京大に内科・精神科が京大関係者は無料&保険証無しで受診可能な診療所があるんですね。自由診療扱いで保険請求をしないから可能かもしれません。防衛大学校にもあるらしいですが、様々な特権が存在しますね。
野党はこういう所を争点にして学問の自由を公約に掲げたらいいのに
「いちばん落ち込んでいる精神状態のときに、外部の病院に行くというのは、非常にハードルが高かったです。」

これは本当にそうで、病院に行くということが満足にできないがために投薬が滞り症状が悪化することが何度もあった。

これには抗議し続ける所存。
兄弟ももうぼろぼろやな。日本がぼろぼろやし。
『自由な大学は今、非常に“不自由”になっている』

もう行きたいとは思えないな。

京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ
京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ
スゴい赤字だったんだろな。別にクリニックなんてどこでもあるやんけ。
デパスもらってた 世話になっていました
大学の学生や職員向けの診療所の「精神科」の重要性について書かれている。超大事。ここ経由で精神科の診療に繋がって状況が改善したひとが沢山いるので…… >
マジか、、
とち狂ってんな、、大学側が、、
寮費にしてもこの無料診療にしても浮世離れしすぎていて外部の共感が得られないのになんなら外部の人間も巻き込んでジタバタするというあたりがきつい。そういうとこやぞってところはある。弱み晒してたら勝てないよ
/
📍 厳選
ï¼¼
📍
【出所: / 厳選】
反対意見が多数出るような大学側の決定は、ここ数年、目立つ。
・大学側と学生の対話の場、情報公開連絡会廃止
・メールでの苦情は停学や学籍の処分の対象の恐れ
・回答はテンプレばかり
大学は学生の意見を聞かないという無力感が蔓延。

闘うべき時に闘わなくてはならない。
未だに伸びているので宣伝というか

いま京大ではかつての自由な雰囲気とは一転して様々な規制が強まっており、直近では多くの学生が利用していた大学内の診療所が廃止される決定がなされるなど、学生が苦しめられています

少しでも興味を持っていただければ幸いです
また一つ…
Title : Source プライム
Date :
何とかして維持できないのか。
相談診察無料で保険証不要の診療所が今まで存在したんだ。
使ったことないけど…

京都大学の保健診療所が突如廃止のウラ
この手の記事にある「問い合わせたが、期日までに返答はなかった。」ってやつに、マスコミってホンマ上から目線やなぁって感じるね
学生全体の足元を見て、タテカン→寮→保険診療所→図書館→と拡大していく。
週刊誌に載ったみたい
や、京都大学病院を受診して下さい👍️それか地元の有料診療所。京都大学➡️国立➡️税金🙄🤔職員や学生が無料の意味がわからない。
【本文より】
大学側は、“メンタルの不調でカウンセリングルームを訪れる学生は増加”ということも廃止理由に挙げている
カウンセリングルームで診るのはあくまでカウンセラーの方です。保健診療所は医師免許を持った京大の教授が診察をしてくれるので、全然意味が違う
京都大学の保険診療所が突如廃止のウラ
京都大学保健診療所問題について週刊女性さんに取り上げていただきました。
記事が出たわね
タイトルとURLをコピーしました