メディア記事

死んだ愛犬「闘病中」とネット資金調達 有罪女の浅知恵
死んだ愛犬「闘病中」とネット資金調達 有罪女の浅知恵
死んだ飼い犬が闘病中だと噓をつき、治療費名目で支援金をだまし取ろうとしたとして今年4月、奈良地裁葛城支部で26歳の女が有罪判決を受けた。女はインターネットで資…

バズる指数ピーク 76

 twitterコメント 27件中 1~27件
みんなも騙されないようにね。
『SNSやホームページをチェックし、(実行者に)質問するなどやり取りをして信用できるか確認することが大切』
クラウドファンディングの運営会社は手数料がもらえれば良いのだから、真偽なんて関係ない
メルカリと同じ

CFは「物販」もしくは「寄付」と言いたくない人たちの集まり
カタカナにすると罪の意識は軽くなる
374人の支援者から計約184万円が集まった、
とあるね。
世間知らずの愛誤相手の商売は美味しいようだね。

そんな愛誤連中でもオレオレ詐欺にかかるお年寄りは
バカにしているのだろうね。
こういうのの判別が必要になってくるとなると、クラファンにも慎重にならざるを得ない…残念なことです。 →
人の善意を悪用し金を騙し取る
「クラウドファンディング」に
ご注意下さい。⚠️
ちゃんと有罪になってよかった

クラファンについての消費者庁の調査で520人中約26%がトラブルや困ったことがあったって、それ問題多すぎでは🤔
外国のクラウドファンディングならバレなかったんじゃね?
トゥイッター上でも この手の呼びかけ見かけるけど ホンマに精査せんと・・・
産経新聞でクラウドファンディング詐欺についてコメントしています。
実害がなかったとはいえ、腹立つな。
我が家の風呂のリフォーム代もこうやって捻出、、、、。www
運営側各社がアライアンス組んでちゃんとやんないと、やばい使われ方とかもしてると思うよ… "真偽を判断するため、どこまで情報を出してもらうのか。さじ加減が難しい" -
こういう奴が、本当に助けを必要としている人の声を届きにくくしてしまう。寄付した方たちの善意を踏みにじった罪も大きい。
本当にクソみたいな日本人のニュースが増えて嘆かわしい。
私の感覚では、これは「死んだ我が子を使っての詐欺」
下衆オブ下衆。
二度と生き物を飼って欲しくない。
ドナー400人じゃあ、何度も繰り返さなくちゃならないからダメだけど、フォロワーの多いやつ使って「拡散」すれば、これってかなり優れたビジネスモデル(笑)になるな。
昨年10月、奈良県大和高田市に住んでいた女は、重篤な心臓病などを患うフラットコーテッド・レトリバーの愛犬「斗偉(トイ)」の写真とともに支援を募るプロジェクト(企画)をCFサイトでスタート
26歳の女が有罪判決
詐欺未遂容疑で奈良県警に逮捕

女はインターネットで資金を募る
「クラウドファンディング」(CF)を悪用。
診断書などを偽造
記事中で引用されている調査、クラウドファンディングで26%もトラブルあったらせめて自主規制必要なんじゃないの…。/ 産経
至極真っ当な判決、かな。

でももっと重い罪を犯しても罪にさえ問われないことがあるな。今回は日本人だから?あれ?
これが捕まるならさ〜!
ね〜!は〜!という気持ちです。
こんな人の心を裏切る奴には厳罰を!
執行猶予がついたとはいえ有罪になったのは良かった
それプラスで執行猶予3年の期間
何か公共の場で清掃活動みたいなのも
義務付けすればいいのに・・・
愛犬家としては許せない記事ですね。天国のワンちゃんにも謝って欲しいです。。。
悪質極まりない
生き死にをネタに小銭稼ごうとすんなよ
いくらお金に困っていようが、人の善意につけ込んだ悪質な行為であることは変わりません。これは個人レベルのものですが、組織レベルで行っているものも少なくないでしょう。
悲惨な状況を訴えてお金や権利を求める活動には冷静に距離を置いて観察することが大切です。
タイトルとURLをコピーしました