メディア記事

特別リポート:地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走までの日々
特別リポート:地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走までの日々
 

バズる指数ピーク 153

 twitterコメント 38件中 1~38件
ロイターリポート
地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走(9月。ウクライナ東部バラクレヤの町からまでの日々)
地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走までの日々
_φ(・_・
ロシア軍が指揮所に利用し、後に放棄された施設で、前線指揮官の手記が発見された。手記の写真も。(綺麗な筆記体で記され、可愛らしいイラストなども書き込まれている)
手記の結末にジワジワと恐怖が。
「ハリコフの南方90キロにある川沿いの小さな町バラクレヤ」「地下壕からは、全部で数千ページに及ぶ文書」「彼らが所持していたウクライナの地図は、旧ソ連時代のもの」→地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走までの日々
ロイター◆ 「地下壕からは、全部で数千ページに及ぶ文書が発見され、ロイターはそのうち1000ページ以上を閲覧した」
いや本当に凄い記事だった〉ロイター (Reuters Japan):
流石ロイター。ちゃんと追跡調査も抜かりなし。言うまでもないけど対して日本のメディアは…〉ロイター (Reuters Japan):
凄い記事だ。
ロシア軍の窮状を中心に絶望的な状況が生々しく描かれている
地下司令部の文書でたどる、ロシア軍敗走までの日々
なかなか面白い ⇒
先日のロイターのやつの日本語記事
ロイター (Reuters Japan):
『「別の時には、女性が上階でレイプされ、何時間も泣き叫ぶのが聞こえた」。ストリレッツさんは、女性の叫び声を聞かなくて済むように、監房のトイレを壊して水が流れ続けるようにしたという』
数日前にロイターが入手した資料の一端が明らかとなり始めた🚀
さすがにリアルだな。
»
「ルーレットのようなものだ。当たるときもあれば外れるときもある。どこに着弾するかは分からない」「ロシア軍はドローンを購入するためにクラウドファンディングに頼ってきた」
Reuters★特別リポート:地下司令部の文書でたどる、🇷🇺軍敗走までの日々
これは凄い😳
東部ハリコフの南部、🇺🇦軍の反転攻勢から、🇷🇺軍の蜘蛛の子を散らす撤収に至る、一部始終が🇷🇺軍が残した1,000頁の文書をReutersが入手、分析、取材。戦況をつぶさに明かす第一級の文書だ
あとで読む
>ロシアはこれまで、ロシア軍が市民を標的にすることはないとしている。

では「軍以外」なら…
果てしなく読みごたえがあった
なんとも言えん...
司令部の文書でたどる、ロシア軍
この悲惨さ。早く終わってくれ。
一部不快な表現等がございますので、そういうのが苦手な方は読まない方がよいかと。
一般紙のレポートながら一前線基地の戦闘の跡を追った詳細な記述で読み応えがあった
数字を突き付けられると何よりも刺さる
戦時中なのに鹵獲文書を元にした調査報道を読めるのも考えてみれば贅沢な話だ
「立つ兵跡を濁す」です。ロシアの敗戦は濃厚になりつつある??
これが無料で読めてしまうとは……
「氏名不詳の参謀将校が残した手書きのノートの最後の書き込みは、日付がなく、内省的なものだった。
「ある程度の時間、座って川をじっと眺めていると、敵の兵士がぷかぷかと流れてくる」」
兵力不足、士気の低下など、ロシアにとって不都合な内容の内部文書。それさえ処分する余裕なく敗走したらしいことが分かる。
欧米の分析を具体的に裏付けることになり、プーチンには屈辱の報道だろう。
なんか長文っぽいな(´・ω・`)
ウクライナ北東部ハルキウ戦線のロシア側内実。結構興味深い。大規模反攻はずっと前に察知されていたが、結局どうすることも出来なかった。9月の反攻前には既にボロボロだった。
特別リポート:
地下司令部の文書でたどる、
ロシア軍敗走までの日々
最後が怖い
ハリコフの南方、バラクレヤにて。
敗走したロシア軍の旧司令部跡から見つかった"戦争の記憶 ロシア軍現地部隊から見た戦争の様相"として、
今後の示唆となるものが多々あろう…(u_u)
占領されたウクライナの人々にとって地獄のような日々だが、お粗末な補給で敵地に送り込まれたロシア兵もまた悲惨な境遇の中多くが死んでいったわけで、プーチンが生み出したのはただ惨禍と憎悪と死だけ、という…。
「地下壕からは、全部で数千ページに及ぶ文書が発見され、ロイターはそのうち1000ページ以上を閲覧した。ロシア軍内部の仕組みが詳述され、ウクライナ北東部からの混乱に満ちた撤退へと至る一連の出来事について、新たな事実が浮かび上がってきた。」
タイトルとURLをコピーしました