メディア記事

アングル:AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
アングル:AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
 

バズる指数ピーク 831

 twitterコメント 24件中 1~24件
左側、ビートたけしに見える。。。
“ビデオの絵コンテ描きなどはいずれ自動化されると予想。「単に時間の問題だ」と語った。”本文中にある著作権の考え方や懸念など海外でもほぼ同じ認識なんだなと思った。
面白くなって来た!!!

>受賞歴のある3Dグラフィックス・アーティスト兼映画監督のデービッド・オライリーさんは「AIに貢献する人は皆、自分自身のオートメーション化を加速させているのだ」と警鐘を鳴らした。
芸術家の方々は、他の芸術家が作成したアートはまったく見ていないのだろうか?脳の仕組み的に、脳内にインプットされた情報は似た様な事をする際にどこかに必ず影響を与えている。
例えば米国と欧州連合(EU)の著作権法では、AI生成の芸術作品が明示的にカバーされていない。

雑誌の表紙やポスター、ロゴなどの製作にAIを利用する動きは広がっており、AIが最終的にアーティストの職を奪うのではないかとの疑問も持ち上がっている。
AIが作成したものなんてスキル、経験関係無いからね。それは芸術かね🤔

AIを使って創作した絵の著作権を申請したが、ことし2月に米著作権審査委員会に却下。「人間の著作者がいない」というのがその理由。
この辺の議論はやっぱりどこの国も一緒だなあ
●AIが利用するデータに、著作権のある作品が含まれていないことを確認するのは困難
●画像生成AIの中には、著作権で保護された作品のスタイルを真似るものもある
●「デジタル窃盗」の不安が、アーティストの間で生じている
「米テクノロジー企業、イマジネーション・エンジンズのスティーブン・ターラー最高経営責任者(CEO)は、AIを使って創作した絵の著作権を申請したが、ことし2月に米著作権審査委員会に却下された。『人間の著作者がいない』というのがその理由だった」|
棋士同様にAIを使いこなせばよいのでは?

AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
お絵描きAI、やっぱり海外でもロイターが配信するくらいは問題になってるね。
AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
芸術ニュース。
とにかくミュージカルから嫌いだから、こういうのもムリ。
ギミック使い過ぎなヤツ。
Hugenholtz先生のコメントがある
議論はどちらに向かうか…「一線の引き方?、受け入れ方?」→
海外でもそういう声はあるんやねぇ
たぶんこれから変更を迫られていくのはAIアートのほうじゃなくて、オリジナリティ概念のほうなんだろうなあ
「画像生成AIの中には、既存の画像を検索し、著作権で保護された作品のスタイルをまねて新たな作品を生み出すものもあり、「デジタル窃盗」に当たるのではないか、との不安がアーティストの間で生じている」
これ、間違いだと思ってます。

AIアートに生成されたパブリックドメインの作品に対し、後から芸術家が類似の作品を創る可能性の方が格段に高い。
この場合、芸術家は元のAIアートに何もできない
少なくともAI創作で、著作権は認められない方向みたいね。
↓
AIを使って創作した絵の著作権を申請したが、ことし2月に米著作権審査委員会に却下された。「人間の著作者がいない」というのがその理由だった。

AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
凄い時代になっている。驚き桃の木山椒の木。
やっぱ海外でも普通に問題になってる〜
AIが生み出すものの位置づけは簡単には答えが出ないだろう。そのひとつに著作権なんてものをなくせばいいという声が。しかし著作権は創作物をつくる者のプライドを守るだけでなく食いぶちのため勝ち取られた権利だ。

AIアートが本格化、芸術家は「デジタル窃盗」を懸念
タイトルとURLをコピーしました