メディア記事

焦点:「中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車
焦点:「中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車
 

バズる指数ピーク 1,423

 twitterコメント 50件中 1~50件
コロナ政策で沼に入った中共の強権政治。いくら何でも人心が離れてしまえば国力は落ちるだろう。
中国当局による尋常ではない強権統治を目の当たりにして、クレア・ジアンさん(30)の人生設計は変わった。彼女はもう、中国で子どもを産みたいとは思っていない。
中国で産みたくない、か。
共産党の怖さを観たね。
著名な人口学者である易富賢氏は「中国は明らかに、『大きな政府、小さな家族』という社会だ。この国のゼロコロナ政策は、経済ゼロ、結婚ゼロ、出産ゼロにつながっている」と指摘する。
中国も同じ。日本も中国程政府の締付はないが高齢者ばかり優先された国で希望を持てるはずがない。ジェンダーギャップなんて中国より日本の方が低い。出生率向上に必要なのがジェンダー格差だとはっきり記載されているように、ここを直さない限り減る一方なのだろうなぁ。
「いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない」←いや70年前からそういう国だったと思うが…
中国の出生率は、1.16
中国国民が見放し始めた。
「「いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない」とメディア産業で働くジアンさんは言う。」
中国のゼロコロナ政策は、経済ゼロ、結婚ゼロ、出産ゼロ
中共の寿命はあと3年?後5年?後10年?
とは言うけども、両親出稼ぎで子供は祖父母に預けっぱなしとか、その経済状況でよく子供持ったよね?という層も多い。ここで書かれているのは選択できる一部の層に過ぎないと感じる。
あらら……

「いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない」
「新型コロナウイルス対策と経済成長をめぐる懸念の他に、教育費の高騰や低賃金、悪名高い長時間労働などの問題への対応が必要」
_φ(..)メモメモ
“国内で3番目に人口の多い河南省では、出生率に関する信頼性の高い代替指標である先天性異常の今年1─6月の検査件数が、前年同期比で9.5%減少した。”
まぁ人口14億人も実はって話だし武漢が…おや誰か…
「中国では産みたくない」と、コロナ下の出生数減少に拍車!億ションが当たり前(でもマンション暴落中)、教育費バカ高、結婚資金がない。人口学者の易富賢は「中国の大きな政府と小さな家族、ゼロコロナ政策が経済ゼロ、結婚ゼロ、出産ゼロにつながっている」と指摘:
そりゃあそうなるよね。中国そんなに好きな国ではないけど映像見てると国民かわいそうだもんな。
「いきなり政府が家に来て、好き放題やるような国に住む不安定な人生を子どもに背負わせたくない」と中国人女性。ロイターから。 妥協なき「ゼロコロナ政策」が、子どもを持ちたいという人々の希望に深刻なダメージを与えた可能性がある。人々は人生に無力感を感じる。
そろそろ中国の人口ボーナスも終わるだけに。
まじか。「中国の2021年の(合計特殊)出生率は1.16」
やはりゼロコロナは最高。
日夜きんぺー君に目指せゼロコロナ!テレパシーを送っているので、本邦の安全保障関係者は私に感謝すべき(^_^)
中国で産みたくない、少子化拍車
「中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車
4月から5月にかけてのロックダウンの時期、「我々が最後の世代」という意味のハッシュタグが中国のソーシャルメディア上で短期間のうちに急速に拡散し、その後検閲の対象となった。
焦点:「🇨🇳(🇭🇰)中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車
“このハッシュタグの元になったのは、防護服に身を包んで自宅を訪れ、コロナ対策のルール違反で3世代に渡って罰則を適用すると警告した当局者に対して、ある男性が投げつけた言葉だった。”

ゾクっとしたわね。
出産をためらう理由として、経済的な不安や新型コロナウイルスワクチンの胎児への影響に関する実証されていない懸念のほか、厳しい行動制限のもとで妊娠期を過ごし乳幼児を育てることの困難さを挙げている。
今後、中国政府がどう出るのだろう?このままの状態で放置するとはとても思えない。強権的な対策に進んでいくのだろうか?
中国のゼロコロナ政策によるロックダウンに対し、社会的に問題が生じ始めている!

接触の機会が激減したことにより、出生数が大幅に減少するとの懸念!

中国から出国する人も出てくる可能性も...。
「いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない」

中国でも出産に後ろ向きな若者が多数派のようです。
日・韓・中は人口減少問題で苦戦していますね。
ちなみに中国のジェンダー格差は146カ国中102位のようです。
日本も他人事ではないが、人口減少は中国の国力に対してボディブローのように効いていくだろう。
知り合いの中国人女性は皆、日本に来た理由は政府の強権的で朝令暮改な政策に疲れたらしい。

保守的である女性が、出たくなる国というのは良くない状態だ。
だからって日本に来ないでね。しかし中国ってほんとに14億人なんておるんやろか?
<国連が7月に発表した報告書では、14億人を数える中国の総人口は早ければ来年にも減少に転じる可能性があり、中国に代わってインドが世界で最も人口の多い国になると予測>
4月〜5月、中国での新型ウィルス・ロックダウンの時期、「我々が最後の世代」という意味のハッシュタグが中国のソーシャルメディア上で短期間のうちに急速に拡散し、その後検閲の対象となった
日本に来て、産むなよ、⇒「中国で産みたくない」、ゼロコロナで出生数減少に拍車
ゼロコロナ政策は、経済ゼロ、結婚ゼロ、出産ゼロにつながっている
人々の自由が制限されている社会だと、やはり持続が難しい。中国の若い世代でも、リベラルな価値観が浸透していることが分かる。
ロックダウンで離婚率も上昇しているというしな。
『いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない』
コロナ対策徹底の末路
焦点:「中国で産みたくない」、
ゼロコロナで出生数減少に拍車
>国連が7月に発表した報告書では、14億人を数える中国の総人口は早ければ来年にも減少に転じる可能性があり、中国に代わってインドが世界で最も人口の多い国になると予測

インドは自国製ワクチンは打ってたけど、デルタで白旗上げてもうアフターコロナだよな
“中国の2021年の(合計特殊)出生率は1.16だった。経済協力開発機構(OECD)諸国で人口安定の基準とされる2.1を下回り、世界でも最も低い部類に入る。”
日本の2021年の合計特殊出生率は1.30の由。
いきなり政府が家に来て好き放題やる国で子供産めない(中つ国)

30年以上前から少子化と人口減少は既知の事実だったのを、一向に改善する施策を打てず、現役世代をいじめてきた国では、やはり子供は持てないって考える人が多いことは想像に難くない。
中国は独裁政権が陥りやすい罠にはまったようだ。
「いきなり政府が家に来て好き放題やるような国に住むという不安定な人生を子どもに背負わせたくない」-ジアンさん
ゼロコロナで出生率低下が継続したら、少子化加速する懸念あるのか中国
大丈夫、人民解放軍がいる>
中華共産帝国の凋落と共に、習近平の暴走や金正恩の迷走が心配
長く経済の事を色々調べてきたけど、少子化は未だに謎が多い。フランスのように全力で支援しても全くと言っていいほど出生率は増えない一方で、環境がこの記事のように、強い影響を及ぼすこともある。
タイトルとURLをコピーしました