メディア記事

作家ラシュディ氏襲われる、首刺されヘリコプターで搬送 米NY州
作家ラシュディ氏襲われる、首刺されヘリコプターで搬送 米NY州
 

バズる指数ピーク 141

 twitterコメント 24件中 1~24件
作家ラシュディ氏襲われる、首など刺され病院で手術 米NY州
うわあ、積読はちゃんと読み終わるから頑張ってほしい
作家ラシュディ氏襲われる、首など刺され病院で手術 米NY州
もしやまた宗教がらみ?
世界統一政府推進のDSとイスラムが?
まだ犯人については殆どなにも分かってないけれど、自己啓発的たわごとでよく出てくるような「許す/忘れるのが勝ち」などは通じない時間軸で生きている人々の存在は忘れられないよな。
執念深いな
(偏愛メモ)『赤い盾』3.12 悪魔の詩 P821-867
襲われる、首など刺され病院で
ナイフで首を切るのは伝統の殺人法。筑波大の五十嵐教授が殺された方法と同じ
何てこった
イスラム教預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で知られる作家のサルマン・ラシュディ氏が12日、米ニューヨーク州で開かれたイベントに参加中、何者かに襲われた。

首刺されヘリコプターで搬送 米NY州
ファトワは生きている。『悪魔の歌』のサルマン・ラシュディがNYで講演中に首を刺され生死不明。サイードに読み方を示された。訳者五十嵐一も筑波大構内で殺されて30年。カザルスが演奏する「鳥の歌」について多くを教えられた。
チェック →
うわぁ
小説「悪魔の詩」で知られるサルマン・ラシュディ氏がNYのイベントで何者かに首を刺され病院に搬送。日本でもこの作品の翻訳者が殺害されている。

宗教がらみの事件がこうも続くと恐ろしい。
小説「悪魔の詩」で知られる…。★
ホメイニ氏による死刑宣告(イスラム法と解されるファトワとして宣告)は1989年のこと。
ファトワは発した本人しか撤回もできず、ホメイニ氏は89年に亡くなったので、この宣告は永久に有効、と…
『小説「悪魔の詩」で知られる作家のサルマン・ラシュディ氏が』うわ・・・。まだ狙われてたのか。
『悪魔の詩』から33年。
決して許さないということなんだろな
イスラム過激派も活性化している。
世界全体が不穏な空気に包まれてきた。
報復テロか🤔
イスラム教預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で知られる作家のサルマン・ラシュディ氏が12日、米ニューヨーク州で開かれたイベントに参加中、何者かに襲われた。
首……。

「警察と目撃者によると、首を刺され、ヘリコプターで病院に搬送された。」
タイトルとURLをコピーしました