メディア記事

アングル:日経平均はすでに「調整局面」、日銀ETF買いも効果薄
アングル:日経平均はすでに「調整局面」、日銀ETF買いも効果薄
日経平均は25日に昨年来安値を更新し、2020年12月以来の低水準に落ち込んだ。日銀はETF(上場投資信託)を購入したが、すでに「調整局面」入りしている中では効果は限定的。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めや、新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染再拡大への警戒感が重しとなっている。

バズる指数ピーク 78

 twitterコメント 22件中 1~22件
かなりやばい局面かもね。
「日銀のETF買い」は効果があると思っていました。
もし調整局面というなら、まともな上昇局面もないまま、調整局面だけはやってきたという事か。

ただ、私はこのようにはならないと思っているが。
2022-01-25

---
TOPIX
24日終値 1930
25日前場終値 1890
1930-1890=40
40/1930=2.1%下げだったのが
後場始値 1896
1930-1896=34
34/1930=1.8%下げ
2兆円規模の株式市場なので
たかが日銀が701億円買い入れても
微々たるものだがまとまった資金で
介入するわけですから心理的効果もあるし
特にファーストリテが敏感に反応するので
指数が動くから汚い
日銀はETF(上場投資信託)を購入したが、すでに「調整局面」入りしている中では効果は限定的
↑
日銀は買っていましたね
日経平均はすでに「調整局面」、日銀ETF買いも効果薄
2022-01-25
ETFを買うなら国家暴力の恐ろしさをマーケット参加者に植え付けるくらいの買付をしないと意味がないと思うんだけどね。単純な買付なら資金がいくらあっても足りないし。
日本株価が下落している。日銀が介入しても追いつかない下落であった。アメリカかしだいでは戻るかは、不明だ。但し、岸田内閣がコロナ感染爆大を止める事が出来ないと株式は下落して行くし、悪い円安が進む
えっ? 今日、結局、日銀出陣していたんだ。てっきり欧米と歩調を合わせて意図的なスルーかと思っていた。それなのに、あの有り様だったのか。→
日銀はETF(上場投資信託)を購入したがすでに「調整局面」入りしている中では効果は限定的。米連邦準備理事会(FRB)による金融引き締めや、新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染再拡大への警戒
踏ん張りどころ
株価が落ちれば今より不景気になるけど岸田首相を支持する人は理解してますかね
日銀はETF購入で日経平均を買い支えるのではなく、金融政策の正常化に向けて少しずつETFを売却して行くべきである。国債・社債は満期に償還されるが、ETFは満期が無いので、いつか売却する必要がある。
・政策金利上昇
・インフレ懸念
・ウクライナ情勢
・ガソリン価格上昇(原油も)
・スタグフレーションの嫌気

明日のFOMC(多分、何もやらずに3月へ持ち越し?)、そして決算発表次第。ん~、マザーズやられて塩漬け多く、頭が痛い。
日銀買いも効果なし!
日経平均の25日の終値は2万7131円34銭。21年9月14日に付けたバブル崩壊後高値3万0795円78銭から11.8%下落しており、「調整局面」にすでに入っていることになる。
個人が相当やられてるだろうから、焼き尽くされるまで待とうよホトトギス
官製株価要求w”ニッセイ基礎研究所のチーフ株式ストラテジスト、井出真吾氏は「700億円規模の買いでは流れには逆らえない。」
業績にハッキリ表れないと、業績相場になっている状況では、調整局面にならない。FOMCの内容を株価に織り込むための意図的な売り崩しで、大統領選前の調整相場と同じ。
ロイターより
701億程度ではなくて、100兆円ぐらい買っちゃえよ!!すべての日本の株式を日銀が買えばいい。
タイトルとURLをコピーしました