メディア記事

英中銀の国債購入、「年金危機」を回避 売り連鎖阻止
英中銀の国債購入、「年金危機」を回避 売り連鎖阻止
 

バズる指数ピーク 194

 twitterコメント 47件中 1~47件
国債価格暴落から年金の破綻を防ぐために高インフレ下でも中央銀行が急遽無制限に国債を買い入れせざるを得なくなった(実質的な大規模金融緩和)ということは、イギリスのインフレは今後さらに酷くなるでしょう
日本も同様の低金利政策、対応出来るか?。
日本の為替介入で米国債を売って円を買うと見せかけて、実は英国債を買ってるという妄想をしてニヤっとなる
英国が緩和策を取った。
確定給付型年金が金利変動リスクを軽減
超長期債に投資するとともに債券担保にレポ取引やデリバティブ
金利が急上昇、運用資産の評価が下がりマージンコール
保有する債券や株式など売却
放っておけば金融機関の流動性危機がソルベンシー(支払い能力)危機
昨日金利下げてたのはこれが理由だったのね
それにしてもイギリスはインフレ全然収まらないのに一時しのぎのためにまた金融緩和するってアホみたいだよな🤔
年金基金をぶっ壊して、高齢化社会を是正するつもりかな。
それならば長期的には賢い。
高齢者が減るから減税というストーリーも納得だ。
一旦はMMTでハイパーインフレ。
もうそれしかないもな。
ポンドに集っていた、ヘッジファンド勢が円に戻ってくるのかな…
金利ドリブン経済の危うさ💸
ファンドとしての年金の安定感は魅力なのかも。それを危険にさらすレバレッジの仕組み😬
年金運用の割には攻めすぎやろ…
「この措置は金融政策としてではなく、金融安定を担う金融行政委員会(FPC)の判断で決まった」
ハイまとも。
これは重要な前触れだった。世界の不換紙幣債務システムは、究極のデス・スパイラルを続けている。

英国


米国
取引の持ち高にかかる担保の追加拠出を迫られる基金が相次ぎ、換金売りの連鎖で混乱が広がる瀬戸際
とは、いわゆるパニック売りってことね🤔

▼
金融システムはもう目に見える崩壊が始まっているのでは?
年金が破綻しかけたとは、英国経済の危険度は日本の比ではない状態

「英中銀の国債購入は年金基金の破綻を防ぐ目的」
本日の顧問おすすめ記事です📩
この話、金融リテラシーの有無で理解度が違ってくる。日本国債も、レポ取引の担保になっている。😋
阻止と言い切るには、まだ早いかな
イギリス・・エリザベス女王が草葉の陰で泣いてるよ
“年金基金の破綻を防ぐ目的だったことが明らかになった。国債の…価格…[が]下落)したことで…担保の追加拠出を迫られる基金が相次ぎ、換金売りの連鎖で混乱が広がる瀬戸際にあった。インフレや財政悪化の懸念で進む金利急騰は金融危機のリスクを露呈させた”
なぜ追証が発生したのかということで、LDIについて上手に説明してある。
金融システムの危機を回避するため。その中で年金基金の存在が大きい。

結果として、為替相場も株式市場も不安を払拭した形で推移。
「神の見えざる手」とか本気で信じていそうでゾッとしましたけど、アダムスミスも新自由主義もサッチャーも正直勘弁してほしいですね。金融危機にならずに済んでよかったです😞
イングランド銀行「新米の首相がいきなり屋根工事をしたら天井に穴が開いて雨漏りして来たので、とりあえず「たらい」を置いて床が水浸しになるのを防いだけど、こんなことは1回きりにして欲しいぜ」
つまり浪費家庭で例えると、爺ちゃんの貯金担保に借金して浪費しまくって首が回らなくなり、倹約生活を始めた途端、爺ちゃんに小遣い渡せなくなって街金から借金て感じ?
金利の上昇に歯止めが掛からなければ、資金を捻出するために保有する債券や株式など様々な金融商品の売却を余儀なくされる動きが加速しかねない状況が迫った←そんな危機的状況だったんですかw
ブラックマンデーはイギリスが発端だったということを思い出しました。今回もピリピリ感じるのです。
BOEの国債買入は一時的措置。結局は英政府の財政スタンスの変更が必要となる筈。/
イングランド銀行の介入は金融政策ではなく、年金基金破綻の阻止とのこと。先日からの英国トリプル安は不吉な予兆に思える。
の に動いたのは、 の破綻を防ぐ目的だった・・とのこと・・・
英中銀の国債購入、
「年金危機」を回避
売り連鎖阻止
英中銀は国債売却から一転して無制限の国債買い入れ。とりあえず年金破綻は回避したものの、まだ英国発金融危機のリスクは続く気配。
イングランド銀行が英国債買入れ介入、年金危機を回避・売り連鎖阻止

※英新政府の減税策→ポンド・英国債の急落→英中銀の国債買入れ介入
国債売却から一転して無制限の国債買い入れ。とりあえず年金破綻は回避したものの、まだ英国発金融危機のリスクは続く気配。
🇬🇧🏦英中銀が28日に英国債の緊急買い入れに動いたのは、年金基金の破綻を防ぐため
>国債の利回り急上昇で、関連する取引の持ち高にかかる担保の追加拠出を迫られる基金が相次ぎ、換金売りの連鎖で混乱が広がる瀬戸際に
単なる一時的な延命措置。この間に政策を撤回すればまだ助かる余地はある
「放っておけば金融機関の流動性危機がソルベンシー(支払い能力)の危機に発展した可能性があった」
【参考資料】
詳しく知りたい方はこちらの3記事をどうぞ。

英中銀、国債の売却開始決定 連続で0.5%利上げ


英国債利回り急騰、財政懸念で「トリプル安」 減税策受け
崖っぷち、BOEが国債買い支え:「年金損失→売り連鎖」の回避が狙いだった

英国債PKOでひとまず食い止めたが、英国発の「国際」金融危機の寸前だったことに。そして危機はまだ終わっていない。
なるほど。日本もいずれ同じような年金危機が起きるかもしれない(今は投資しているので結構ギャンブル?)。英国がEUにいた時も通貨をユーロにしなかったのはこういう時のためなのかも、と思いました。
--
年金でもレバってかけるんや…
追証って聞いて❓やったけど納得
イングランド銀行が英国債の緊急買い入れに動いたのは、年金基金の破綻を防ぐ目的だったことが明らかになった。国債の利回りが急上昇したことで、担保の追加拠出を迫られる基金が相次ぎ、混乱が広がる瀬戸際にあった。金利急騰は金融危機のリスクを露呈させた。
イングランド銀行に救われた岸田コイン&黒田総裁
年金基金の破綻を防ぐ目的だった

国債の利回りが急上昇(債券価格は下落)したことで、関連する取引の持ち高にかかる担保の追加拠出を迫られる基金が相次ぎ、換金売りの連鎖で混乱が広がる瀬戸際にあった
今回の措置は金融政策としてではなく、金融安定を担う金融行政委員会(FPC)の判断で決まった。
なるほどね。我が国の年金は事実上、破綻している。
今回の英国の話、ある程度詳しく、何が起こったか、何故動いたかは知っておいた方が良いと思うし、市場の動きを甘く考えるとヤバいよ、という事で、対岸の火事で済まさない方が良い話、、(-。-;
タイトルとURLをコピーしました