メディア記事

ロシア、SNS戦巻き返し 対ウクライナで民主主義劣勢
ロシア、SNS戦巻き返し 対ウクライナで民主主義劣勢
ロシアがウクライナに出遅れていたSNS(交流サイト)による情報戦で巻き返している。米ツイッターのロシア支持投稿への反応は当初ウクライナ支持を大きく下回っていたが、迫っている。人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。民主主義を守る戦いだとしてウクライナを支援してきた西側諸国の結束が問われている。サイバー脅威分析のテリロ

バズる指数ピーク 180

 twitterコメント 130件中 1~100件
独仏露 対 米英波宇 の構図で見ると、伊をどちらが取り込むかが重要になるのでロシアがSNS戦でイタリア語で頑張っているのも理解できる。バチカンのカトリック圏への影響力もあるし。
これは由々しき事態。インフレに不満を持つ人が親露になっている。
負けないようにウクライナ応援しなければ。
【抜粋続き】
・イタリア語での投稿:ポピュリズム政党「五つ星運動」の急進的な元支持者が使う「EX☆5」を使うアカウントがロシア側支持の投稿で目立つ
【会員限定部分より抜粋・テリロジーワークスの分析】
・ツイッター上の公開情報をもとに投稿を分析
・ウクライナ側「
『人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。』
Reading: 【注:有料会員限定で全文読めます】
偏った基準による統計から割り出した数値であり、これを以ってSNS全体の傾向と判断するのはあまりにも稚拙。
>ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)で、スペイン語も20%と多い。英語が67%を占めるウクライナ支持投稿と対照的
南米は米に不満があるからスペイン語はまだわかるが、イタリア語?

◆
ロシア、
SNS戦巻き返し
対ウクライナで民主主義劣勢
わら ツイッターそのものがアレだから。ようこそゴキブリの巣へ
アメリカのQアノンのうち57%は親露派であるとのこと
今まで、ロシア陣営対G7陣営で考えていましたけど、権威主義🆚民主主義で考えるなら、現代のデマゴーグであるQアノンは、権威主義側の人間
すなわち敵☠️
日本にいる事実を歪めて認識し陰謀論を唱える政党支持者もこの類い
いつものことながら、ひでー見出し。
自分は大戦後70数年で培われた「国際秩序」を守る戦いだと思ってたんだけど、いつの間に民主主義を守る戦いになってたんだ?
「ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)で、スペイン語も20%と多い。英語が67%を占めるウクライナ支持投稿と対照的だ。」

スペイン語圏よりイタリア語圏の方がやばいのか…
「人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている」→
初期に避難民のスーツケースが立ってて遺体が横たわっている写真を見た時点でロシアはダメです。
米国でのロシア支持の投稿?完全にヤラセでしかないと言う裏返しに過ぎない。
// ハッシュタグで「親ウクライナ」「親ロシア」定義。旗幟鮮明のノイジーマイノリティ分析。しかしその向こうに膨大なサイレントマジョリティはこの限りだろうか。
あとツールはなにを使ったんだろう。
【お前らの“民主主義”は庶民を奴隷にするシステムやがな-ネオコン報道ファシズム 】
★お前ら資本家の奴隷になるより、お前らが“独裁者”というプーチンに従う方が民衆にとって利益やろ。
「先進国でも」ということやね。途上国、新興国ではもとからロシア優勢
“人々の関心が反🇷🇺よりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほど🇷🇺の工作に共鳴しやすくなっている。”

🇺🇸で57%のqアノン方面の人達は、🇷🇺のニュースを信じる傾向にあるらしい。それ以外の人は17%なのに。🤦🏻‍♀️

「🇷🇺SNS戦巻き返し 対🇺🇦で民主主義劣勢」
> 人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。
この分析は興味深い!ロシア賢いな
ロシア、
SNS戦巻き返し
対ウクライナで民主主義劣勢
日本ではSNS戦と呼ぶけれど、実際には、国際メディアが表現するように、広報/プロパガンダ戦。SNSは単なる道具の一つ。拡散の鍵を握るのはマスコミと世論。戦略や技術、アイディア、ノウハウを軽視し、道具が全てを解決すると今も信じているのが日本の弱点。
良い記事だけど、SNS戦ではなく広報(またはプロパガンダ)戦。SNSは単なるツール。
『…一部の民主主義国ではロシアのプーチン大統領による権威主義を評価する動きも出ている。ウクライナ支援を民主主義を守るための戦いと位置づけてきた米欧は劣勢に立たされつつある』
民主主義のバグをつくのが、専制主義者のやり方で、それが効果的なのは歴史が証明しているので、この辺そろそろセーフティのシステムを導入する。
とか、しても良いのでは。
宗教関連も同様の方法論でなんとかなるかも。
この記者アホかな?よう知らないで書いてるんかな
ロシアのSNS工作が、目立ちやすい英語圏ではなく他の言語圏で奏功し始めているという記事。
>「ロシアはイタリアで反欧州連合政党を長年支援するなど、自らの主張が浸透しやすい素地を作ってきた」中南米の反米感情を持つ層も、米国のヒスパニック系に働きかけるためのロシアの工作対象になっていると指摘。ロシア側の情報には既存政治に不満を持つ層ほど共鳴しやすい
このSNS戦というのが、現代のハイブリッド戦においては、かなり重要なウェイトを占めるということです。当然、ウクライナロシアは、これで熾烈な争いをやっており、日本だって中ロのターゲットです。
民主主義を守る戦いって、ウクライナはまともな民主主義国家じゃないやろ。そもそもEU加盟も認められて無かったんだから。
「『ウクライナ政府は偽の爆撃映像を公開している』とするロシア側の主張を『絶対に真実』『恐らく真実』と考える米国人は17%。だが極右の陰謀論集団『Qアノン』の活動に好意的な人に絞ると57%に膨らむ」
「ロシアはイタリアで反欧州連合(EU)政党を長年支援するなど、自らの主張が浸透しやすい素地を作ってきた」

これ本当か?
微妙に死にやすくなる💉より、戦争の方が結果・経緯がわかりやすいから、💉より世論の変化・学習が速い。メディアは💉と同じく陰謀論とラベリングするワンパターン😆。イタリア、スペインが特にお目覚め
旧ファシズム/権威主義体制国等の大陸欧州(米州含む)?↓

「ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)で、スペイン語も20%と多い。英語が67%を占めるウクライナ支持投稿と対照的だ。」
【経済速報_勝つためにはまず知ること】
ウクライナやばくね?って最近の空気の朝日的表現が蜂の巣記事で日経的表現がこれかいな?
岩間先生の解説が興味深い。
昨日の日経の特集でもSNS上でのロシア擁護の多さはイタリア語が多いと記事になってましたね
本来、デマ情報の拡散元になりやすいSNS自身がこうした情報の不自然な偏りを可視化するべき。トランプを大統領に押し上げることに成功したロシアは民主主義や言論の自由が如何に脆弱かと認識しただろう。
「民主主義を守る戦い」などと考え違いをするからこうなる。
この戦争は対ソ戦であり民主主義を守る戦いではないし、仮に後者であれば我が方は対民主主義で参戦しなければならない。
SNS上でウクライナを支持し、ロシアの過ちを非難し続けることは自由と民主主義を守るための戦いでもあります。皆で声をあげて、プーチンの専制政治を打倒しましょう!
うおっと またやばいことになってんじゃんよ
体を削ってまでやった経済制裁の意味をなくさないためにも ちゃんと折れずにやり通さないとじゃないかなぁ!
ロシアのウクライナ侵攻が長期化するにつれて、
SNSでの情報戦にも変化が見られる。
親ロシアは"ウクライナへの支援が西側の生活を圧迫する"のロジックで、
既存政治に不満を持つ人への浸透を図る、という。(u_u)
日本でも親ロシアのツイートが目立つようになってきたけれど、こういうことなのね。
いつでも読みたいときに
日経をより便利に、使いやすく

今なら がおトクに読める
無料期間中はいつでも解約可能

▼2カ月無料の申込はこちらから▼
ますますソ連感が出てきたな…
南欧は日本の未来だからのう
🌈🔴🔵⚪2022/08/14発信
🔷  
→☛共産主義オカルト宗教集団、ここでは🇷🇺のこと
▼SNS専門戦略部隊
▼敵の間違い情報を利用する、中共と同じく、フェイクは常道である
▼共産主義国家は、労働の多少で給料差無し、
ロシア支持論工作、確実に日本にも広がると思う。

親中露と親欧米とで苛烈な対立になる可能性もある。ロシアに分があるなら中露侵略も正しい一つの道、という世論になると、反警察反自衛隊の運動にもつながりかねない。
これはちょっと違うと思う。ほんの数種類のハッシュタグで調査してもそれほど意味がないんじゃないかな?
そんなハッシュタグ付けてるの見たことないんだが。
現代ではSNSも戦争の一部。
露支持が時間経過と共に増えており、特に親露投稿がイタリア語、スペイン語で顕著だという。
ガチのロシア支持というか、反米や既存の体制への不満、足元のインフレによる生活苦への不満を抱える層が噴き上がったのか。露の工作が効いているのか。
それで陰謀論者や反ワクを釣るようになったのか

>人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている
"西側諸国ではウクライナへの「支援疲れ」が指摘され、反ロシアよりも目の前のインフレによる生活苦に関心が向かいがち"🤔
そんだけ民主主義にはおバカにも発言権が与えられると言うこと
ロシア、中国体制になればSNSは有線になるんじゃない?
糸電話みたいなやつ
「ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)で、スペイン語も20%と多い。英語が67%を占めるウクライナ支持投稿と対照的だ」・・・この理由については掘り下げた分析を期待したい。
今朝の日経電子版。ロシアによる対ウクライナSNS広報の巻き返しを伝える。ウクライナへの支援疲れと物価上昇苦に付け入られてる、欧州各国の市民。マクロンの共和国前進が過半数割れになったフランスもなんだかなと思うが、イタリアの五つ星運動の元支持者は害毒すら感じる←
、 対ウクライナで民主主義劣勢 人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。とのこと・・・
情報が溢れすぎた結果、時間が経てば経つほど世の中の興味が薄れて、結果的に偽情報を発信し続けている🇷🇺に利がで始める結果となりつつあるようだ。

日本も同じように外から巻き込まれる可能性があるだけに、ウクライナ問題が炙り出す課題を一度しっかり精査した方がいい🤔
ロシアがウクライナに出遅れていたSNSによる情報戦で巻き返し、米ツイッターのロシア支持投稿への反応は当初ウクライナ支持を大きく下回っていたが、迫っている。人々の関心が反ロシアよりインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすく。
が による で ています。米ツイッターのロシア支持投稿への反応は当初ウクライナ支持を下回っていたが、迫っています。人々の関心が生活苦に移り、政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなり、西側諸国の結束が問われています。
戦争はトラトラトラの昔から、情報戦が戦況を制するから双方命懸け。

> ロシアがウクライナに出遅れていたSNSによる情報戦で巻き返している。

>
日本経済新聞
遥かに世界大戦時よりも人々の耐性は下がり、目の前の欲に翻弄されて真理よりも快楽を選ぶ。
「ポピュリズム政党が台頭する一部の民主主義国ではロシアのプーチン大統領による権威主義を評価する動きも出ている」

民主主義の弱い点を突いてきたか。嫌な感じ。
いずれにしても戦争の形態が変ったと。過去のように単なる武力の衝突で決着がつくものでなくなってきた?
「既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている 」
→『ロシアはイタリアで反欧州連合政党を長年支援するなど、自らの主張が浸透しやすい素地を作ってきた~中南米の反米感情を持つ層も、米国のヒスパニック系に働きかけるためのロシアの工作対象になっていると指摘』
ポピュリズム政党が台頭する一部の民主主義国ではロシアのプーチン大統領による権威主義を評価する動きも出ている。ウクライナ支援を民主主義を守るための戦いと位置づけてきた米欧は劣勢に立たされつつある。
面白い分析です。ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)とスペイン語(20%)です。一方、ウクライナ支持投稿だと英語(67%)です。日本語(4%)はウクライナ支持投稿の方に入っています。
「人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている」「ポピュリズム政党が台頭する一部の民主主義国ではロシアのプーチン大統領による権威主義を評価する動きも出ている」
「ロシア、SNS戦反抗

疑わしい情報をロシア政府系メディア「スプートニク」などが積極的に拡散している。ロシア側の情報には既存政治に不満を持つ層ほど共鳴しやすい」

日本人でも積極的にロシアを応援してるアカ増えてきたね。
SNSはすぐに騙せる
ロシア支持のSNS投稿が注目されるようになってきているとのこと。
ウクライナ情勢への対応と市民の負担増とのバランス、戦争への関心の低下などが原因になっていると分析されています。
SNSでの世論戦で当初のウクライナ優位から、露が巻き返しているとの日経記事。注目の問題ですが、①ハッシュタグはどれだけ実態を反映しているか、②伊の事情は懸念でも、ドラギ政権崩壊という個別事情が存在、③伊語での投稿がどれだけ国際的影響を持つか、などが若干疑問。
忌々しいロシアめ。
なんて態度がデカイんだ。
ドイツとか言う屑がウクライナ支援渋ってグダグダ、LNG不足で崩壊すんのは勝手だけど先進国で一番痛そうなのはイタリアだもんな。日本も危ないが。
ロシアがウクライナに出遅れていたSNSによる情報戦で巻き返し。米ツイッターのロシア支持投稿への反応は当初ウクライナ支持を大きく下回っていたが、インフレによる生活苦に、既存政治に不満を持ちロシアの工作に共鳴。
慶應SFCの廣瀬陽子先生と一緒にコメントが掲載されていました。
あの人達に負けるわけにはいかないのです
「人々の関心が反ロシアよりも…生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている」
米はガソリン高騰でQアノンが勢いづき、欧州はガスと小麦で対露包囲が綻んでる。日本だと維新と媚中派、マスコミ各社に警戒が必要か。
「ロシア支持投稿で最も使われている言語はイタリア語(32%)で、スペイン語も20%と多い。英語が67%を占めるウクライナ支持投稿と対照的だ。」
イタリア語が強いのか!
そもそも侵略戦争ってのに対するアプリオリな絶対悪って感情、欧米のほうが本朝より弱そうという疑念はあり
「ロシア側の主張を「絶対に真実」「恐らく真実」と考える米国人は17%。だが極右の陰謀論集団「Qアノン」の活動に好意的な人に絞ると57%に膨らむ」アメリカでさえこうなのか。|
マスコミの定義では

アメリカ合衆国の民主党=民主主義なのか?
共和党=悪魔の党?
日本の与党自由民主党=民主主義なのか?
野党=あんな人達?

『民主主義を守る戦い』

ロシア
SNS戦巻き返し
対ウクライナで民主主義劣勢
予想された流れではありますが、これなんかも今後の戦局如何でいくらでも変わってくるでしょうね。
利用しやすい連中だからなぁ・・・ “既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。”
これが今日の日経新聞の一面トップ。ヨーロッパ圏では国民に信じこまさせたい情報がプロパガンダだと見抜かれてることにお怒りである。
全てはロシアの工作と書いてある。
普通にこういう記事でもQアノンに言及されるようになったんだな
😱😱😱
世界人口自体ではロシア支持が圧倒的だし、ウクライナはちょっとSNSの使い方失敗している面も…
本当ですか?

SNSをやってるユーザーのうちの特定の特種なユーザーの話ではなくて?、民主主義が、劣勢???
人々の関心が反ロシアよりもインフレによる生活苦に移り、既存政治に不満を持つ層ほどロシアの工作に共鳴しやすくなっている。
結局ウクライナの行き着く先はフィンランドの冬戦争の結末なのかしら?
受け入れる事が難しいですわ。
数だけに着目すると複垢の可能性もある。SNSでは数が多ければ正解というワケでもないことは多くの利用者が気づいていると思う。調査を見る限りウクライナ側の情報が見えなくなるほどの影響力はまだなさそう
情報戦の真実と事実の攻防戦? 🧐😠🤔
簡単にプロパガンダを信じてしまうんだな。
ニュースを疑え!
ウクライナ側は「 開戦3カ月後、リツイート数はウクライナ90、ロシア105とロシアが逆転。いいね数もウクライナ410対ロシア280と差が縮まり、エンゲージメントは500対390に接近
世界規模の世論では、ロシア支持が増えているのですね。
私はロシアを支持はしませんが、今の国際秩序なるものも胡散臭いと思っています。
もしかしたら、そうした表れもあるのかも。
タイトルとURLをコピーしました