メディア記事

平城宮跡から女官の勤務評価した「木簡」出土 年間329日出勤か
平城宮跡から女官の勤務評価した「木簡」出土 年間329日出勤か
【NHK】奈良市の平城宮跡から、奈良時代の女官と呼ばれる女性の役人の勤務評価を記したとみられる木の札「木簡」が初めて見つかりました…

バズる指数ピーク 225

 twitterコメント 91件中 1~91件
“都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だった”
働きすぎ
これは…フェミさんの出番か?誰に文句言うのかな?
てか、「日参佰弐拾玖」ってマジで329日なんか?
「日参」が「129」って事やないんか…。
これは興味深い
当時の働き方は今とまるで違うだろうし、そもそも生活様式からして全く違うもんね
どんな一年だったんだろうな
そしてすごく重要な地位にいた人なんだろうな
日本のブラックな職場環境は奈良時代まで遡るんですね。
「都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だった」
言うて4時間ぐらい勤務なのでは(適当)
奈良時代の社畜…
へー面白い。
俺のご先祖様か………。
自分なら后妃のオキニで、毎日のように会ってたのね。はい百合。と考察します。
単純に割ると月に休日3日とか。昔から職場ブラックなのかね。今の方がマシとは言いたくないなぁ。
天平時代から
勤務形態と密度が全然違う。仕事してる最中にただ待機してるだけとか普通にあるぞ。仕事中ずっと働いてる現代みたいに考えるな
大昔からブラックでわろた
日本の「ブラック労働🥶」は奈良時代から始まっていた!?
中央省庁のブラックな働き方は1000年以上前からのの伝統なので、働き方改革のスローガン程度でどうにかなるものではないのだ。
奈良時代の女官が年間329日出勤していた記録が出てきたそうな。ブラックだ…

貴族はそうでもなかったらしいけど、下級役人の勤務形態はかなりきつかったらしいっすね。
こういう木簡が出てきたのもすごいが、勤務実態もすごいなw
無理言いやすくて…
お局キャリア官僚
年間329日出勤
せめて職場の近くに住めるくらいのランクであってほしい
日本の労働環境は奈良時代からブラックだったのか…
>
日本人奈良時代からブラック企業気質だったって記載があって
ちょっとへこんだ。
これ、歴史の教科書が新説に置き換わったら
「昔からブラック気質だった」って
学校の教科書で学ぶことになるわけか...
奈良時代からブラックかぁ……
どんな仕事かは分からないけど、良家のお嬢様の世話係兼家庭教師とかかな。
フィクションでも休日あるの??みたいな常に一緒の執事とかよくいるけど、そんな感じかな。
社畜 DOES exist in the Nara Era
奈良時代からブラックかぁ……
「都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だった」

それでも多いよ、1日の勤務時間は今より短かったかもしれないけれど。
奈良時代からブラックなのかよ
古代ローマの奴隷以下やん
【女官の勤務評価を記したとみられる木簡が見つかったのは、初めてだということです。…
1日最低8時間労働ではなかったと思うけどな
この時代から激務があったのか〜
(もっとゆったり勤務のイメージがあったけど)
出勤日数えぐいww
奈良時代から日本はブラック企業に溢れていたのね

伝統ある社畜
日本人の社畜根性はDNAに刻まれてるのかい?
奈良時代から既に勤務評価が導入されていたとは
記録媒体が貴重な時代のはずだが、それだけ重視されていたい模様
しっかし実体がブラックだ
奈良時代の官公庁職員も現代に負けず劣らずのブラック労働で草
奈良時代にも「社畜」はいたのか…。
そういう伝統なんやな。
ブラックは今に始まったことではないってことだね
大和民族の精神に深く刻まれているようだ
こ、こ、これは、59歳を「むすめ」と呼んだ貴重な用例では?
ブラック朝廷
59歳と当時としては高齢者なのでご意見番としてほぼ毎日呼ばれていた感じかな
見出しでイメージされるほどブラックではなさそう
奈良時代からブラックはあったってことぉ?
社畜どの時代にもいる…
社畜は文化。
気になるのは一日の労働時間だな。2時間くらいなのかもしれないし。
奈良時代の社畜
この時代からブラックなのびっくり(´゚д゚`)
奈良時代の社畜OLってそうなのー?
日本人のワーカーホリックは奈良時代からの伝統!?
59歳でこんなに働いてたのか😅
昔も元気な中高年は居たんだな🤔
奈良時代の社畜証明も興味深いが「女性を意味する「牟須売」や年齢を示す「年五十九」の文字」とあることから、当時は「むすめ」は若い女性を表す言葉ではなかったということだ。
—
A wooden board with a work evaluation of a woman who worked 1300 years ago was discovered. It seems she worked 329 days in a year😨
ブラックだなあ>
★古墳部通信★
"都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だったことがうかがえます"
女性は年間329日も出勤していたとみられ
🦐💦
平城宮での激務
1/4
・ で出土した に、 の女官が年間329日間出勤したいたことを示すとみられる記述。
[NHK (
ブラック企業・平城宮 >
記事のなかに出てくる「牟須売」は「むすめ」と読むみたいですね。万葉仮名的な。
ぜんぜん平常じゃねえ
場所は異なりますが、最近木簡の発見が相次いでいますね。
奈良県奈良市の平城宮跡から、奈良時代前半(約1300年前)の女官と呼ばれる女性の役人の勤務評価を記したとみられる木の札木簡が初めて見つかった。この女性は年間329日も出勤していたとみられ、研究者は「奈良時代の女官の実態を知るうえで貴重な資料だ」としている。 329日…。
昔から女性が活躍してたんですね。
超有能やったんやろな
平均寿命30歳前後の奈良時代で、59歳にしてブラック勤務の女官。大変お疲れ様でした

>男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だった
「都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だったことがうかがえます」
“男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だったことがうかがえます”
年329日出勤だとひと月に3日しか休みないよね?

>
あをによし奈良の都のブラック労働……
>木簡の長さはおよそ17センチ、幅およそ3センチで、女性を意味する「牟須売」や年齢を示す「年五十九」の文字、それに年間の出勤日数とみられる「日参佰弐拾玖」という文字などが墨で書かれていました
労基署仕事しろ(え
«奈良文化財研究所の桑田訓也主任研究員「当時としてもかなりハードワークだったと思う。ベテランで周りからも頼りにされ、出勤日数が増えてしまったのかもしれない。」»
«木簡の長さはおよそ17cm、幅およそ3cmで、女性を意味する「牟須売」や年齢を示す「年五十九」の文字、それに年間の出勤日数とみられる「日参佰弐拾玖」という文字などが墨で書かれていました。»|
«都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だったということで、この女性は、当時の規定を大幅に上回る出勤日数だったことがうかがえます。»
この時代から社畜はいたのか…
wwwww…
へー(゜o゜;;
きっと教員。
★古墳部通信★
「役人はひと月に5日の休みを取ることが定められ」だって。そんな中、もっとたくさん働いていた人もいたらしい。興味深い発見。---
ちょうブラック
平安時代に既にブラック勤務が……
むすめ(59)なかなかのハードワーク。
『当時としてもかなりハードワークだったと思う。ベテランで周りからも頼りにされ、出勤日数が増えてしまったのかもしれない』(記事本文より)

日本人くんさあ……
>この女性は年間329日も出勤していたとみられ、
>「当時としてもかなりハードワークだったと思う。ベテランで周りからも頼りにされ、出勤日数が増えてしまったのかもしれない。

(´;ω;`)ブワッ
木簡はおよそ1300年前の奈良時代前半のもので、女官の勤務評価を記している。

都で働く役人は原則、ひと月に5日の休日を取ることが定められ、男性の役人は年間300日未満の勤務が大半だった。
[ "年齢を示す「年五十九」/役人は原則、ひと月に5日の休日/年間300日未満の勤務が大半だった/「当時としてもかなりハードワークだったと思う" ]
タイトルとURLをコピーしました