メディア記事

桜島噴火 気象庁「大規模噴火が切迫している状況ではない」
桜島噴火 気象庁「大規模噴火が切迫している状況ではない」
【NHK】気象庁によりますと、桜島の周辺の地震計や地殻変動などの観測データを分析した結果、島内の広い範囲に影響を及ぼすような大規模…

バズる指数ピーク 835

 twitterコメント 35件中 1~35件
桜島が九州と地続きになって
まだ108年しか経ってないんだよね
正直、桜島はいつでも噴火していてるので、ちょっと元気になっただけではとか思ったりしました。
なお噴火警戒レベル5はそのまま大噴火ということでなくでかい噴石が結構飛んで危ないので桜島の人は避難!という意味だったそうです。ひええ。
年中、燃えてる🔥桜島⛰️だから地元の人でも桜島に住んでる人以外は案外👌みたいだな。年中吹いてる🔥気がする QT
あくまで噴石が2.5km飛んだのでそこの基準に従ったということでいいのかな。:
“今回、噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、
大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたため”

…だそうだ。 >
そんなに心配しなくてよさそう。
ふぅ(*ˊᵕˋ*)
とりあえず一安心😌
だったらなぜレベル5に?と普通の人は思うだろうね。
7/24 21:46
・いつも噴火してなかったか、何で今回だけ5なの
・噴石が2.5キロまで飛んだから
ーー「噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたため」
なるほど。避難範囲が3kmなのは、噴石が2.5km跳んだからなのか…って、夜間でそれを観測できるの凄いなぁ。
噴火 が切迫している状況ではない」
今回、 が5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたためだと説明しています。
噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5㎞を越えて飛んだことが確認されたためだと説明しています。
ふーん、かなり安心なのかなそしたら
気象庁によると、桜島の周辺の地震計や地殻変動等の観測データを分析した結果、島内の広い範囲に影響を及ぼすような大規模な噴火が切迫している状況ではなく、今回、噴火警戒レベルが5に引き上げたのは、大きな噴石が2.5kmを越えて飛んだことが確認された為だと説明している。
今回、噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたためだと説明しています。
・噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたため
有村……
気象庁発表、桜島噴火、「大規模噴火が切迫している状況ではない」。人的被害も現在は出ていない模様です。
この後どうなるの
ちょっと強めの噴火があると家の窓がビリビリなる地域の連れに言ったら「おお~噴石か~がんばったね~」程度の反応で恐ろしい地域だぜ(窓ビリビリで毎回びびる関西人
こーしてみると駅とかスタジアム近いな
最近、桜島は元気です。
だそうです
最近鹿児島県民よりも他県の方々が大騒ぎして、県民が「えっそんなでもないけども…」って驚くパターン多いな😂
やはり噴石がいつもより遠くまで飛んだからレベル上げた感じか
【桜島噴火警戒レベル5へ】
鹿児島の皆さん、お気をつけて。
宮崎の皆さんも降灰などの影響にご注意ください。
審議中/
心配です。降灰も気掛かり。。

桜島噴火 気象庁
「大規模噴火が切迫している状況ではない」
(引用↓)
なして言いきれるんだべ…🤔

>
あ、大規模噴火が切迫してるわけではないのね。一応良かった良かった。
とりあえずは良かった、大正大噴火、安永大噴火レベルだと鹿児島市街地の避難も必要になってくるだろうしな
😮‍💨😮‍💨😮‍💨
👨‍💼八王子
「噴火警戒レベルが5に引き上げられたのは、大きな噴石が2.5キロを越えて飛んだことが確認されたため」
タイトルとURLをコピーしました