メディア記事

芥川賞 高瀬隼子さん「おいしいごはんが食べられますように」
芥川賞 高瀬隼子さん「おいしいごはんが食べられますように」
【NHK】第167回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞に高瀬隼子さんの「おいしいごはんが食べられますように」が選ばれまし…

バズる指数ピーク 33

 twitterコメント 26件中 1~26件
あと、NHKとどっちが正しいかしら?

>高瀬さんは最初の投票から過半数を取りました」とダントツの評価での栄冠

>今回の5作の候補作はきっ抗しており、1回目の投票で大きな差がつかず議論を重ねた結果4作で最終投票を行い、その中で高瀬さんの作品だけが過半数の票を獲得
ぜんぜんピンと来てなかったのだけど、芥川賞受賞した人、「犬のかたちをしているもの」の著者さんじゃん!😲
実質4作同時受賞やな。
最近新人のレベル上がってきてるよな、間違いなく。
芥川賞の受賞が決まった高瀬隼子さんは、愛媛県出身の34歳。
先輩おめでとうございます😭!!
中高の先輩!
芯があってしなやかで、、、はじめてお会いしたとき、「こんなすてきな人いる?」てなるくらいの人だった記憶。
インタビュー見て「変わってない素敵な人だ」てなり、朝から泣きました。
"話としてはどこかで見たような印象もあったが、物語の型のようなものを少しずつ変えて書いていくのが小説であり、高瀬さんはその技術が非常に優れていた" 選考委員はこのように評価したそうだが、まるで技術点だけで受賞したかような印象を与えてしまって報道は難しいですね
ご飯オープナー使ってるので読むしかない
-----…
正直ここ数年"これは!"感無い
桜木紫乃さん以来は特に
【 直木賞 】📚(・∀・)
芥川賞「おいしいごはんが食べられますように」
男性と2人の女性の人間関係を、食べ物に絡めて描いた小説。
仕事や恋愛など、職場を中心とした毎日のありふれた光景を、それぞれの視点でつづりながら3人の関係性が絡み合い、そして徐々に変化していく様子を、食を通じて巧みに
そろそろあの人は「作家」の肩書きを返上した方がいいと思うんだよ。
芥川賞の高瀬さん、34歳ってことは、綿矢りさ・金原ひとみに影響受けたのかなぁ?盛り上がったもんね、あの時。
「心をざわつかせる、仕事+食べもの+恋愛小説。」
ちょっと読んでみたくなりますね。
> 「今回の5作の候補作はきっ抗しており、1回目の投票で大きな差がつかず議論を重ねた結果4作で最終投票を行い、その中で高瀬さんの作品だけが過半数の票を獲得したので1作の受賞となった」と説明しました。

最初に省かれた1作はなんだったんだ……
新居浜出身みたいですね
芥川賞の受賞が決まった高瀬隼子さんは、愛媛県出身の34歳
納得。だからこそW受賞にすれば……。
"今回の5作の候補作はきっ抗しており、1回目の投票で大きな差がつかず議論を重ねた結果4作で最終投票を行い、その中で高瀬さんの作品だけが過半数の票を獲得した"
読んでみたいです😄
おめでとうございます!!

🎊㊗(*'∇')/゚・:*【祝】*:・゚\('∇'*)
第167回直木賞に窪美澄さんの「夜に星を放つ」 7月20日 18時20分
いいね。面白そう😊
ヨドバシでポチッと!
🎉おめでとうございます!
『おいしいごはんが食べられますように』、今日届きました。配架までお待ちください。
愛媛県新居浜市出身ですね。
岩本さん、良かったですね。
👨‍💼八王子
『水たまりで息をする』より人に勧めやすいし、みんなの感想をたくさん聞きたくなる本だったから、よかったな~:
第167回芥川賞
高瀬隼子さん(愛媛県出身)
おいしいごはんが食べられますように
タイトルとURLをコピーしました