メディア記事

「ウクライナが民間人を危険に」とアムネスティ報告 猛反発受ける
「ウクライナが民間人を危険に」とアムネスティ報告 猛反発受ける
 国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」(国際事務局・ロンドン)が、ロシアの侵攻に対抗するウクライナ軍の戦術について「民間人を危険にさらしている」と調査報告で指摘し、波紋を広げている。ウクライナ政府側は強く反発。専門家からは報告に対する批判の声も上がっている。

バズる指数ピーク 28

 twitterコメント 30件中 1~30件
てことは、図星なんじゃないの?
コメントありがとうございます。まずご希望の毎日新聞のをコピーします、有料なので私は全部見てないです。
事実なんだろうな。
海外の人たちはウクライナがプロパガンダのために工作してロシア悪としていることに気付いてるよ
有料記事なので冒頭のみ。
この件は軽く見ない方がイイかも。
防衛側が民家を防塞化し、住民を避難させない事が「人道上の問題」とされるのがこれからのスタンダードなら、敵地攻撃能力を持たず、専守防衛に徹するのは自国民に対し非人道的だという事よね。
今更の今更になって日本でこの報道はあまりにも遅すぎる訳で、ウクライナ軍やアゾフがウクライナの一般人を平気虐待や虐殺の繰り返しをしているのが事実であって、こんな事実は多くの人たちが3月、4月から既に知ってる事
ゼレンスキーがウクライナ国民を擬勢にして戦争してるのは当初から分かってたことやろ。
反発してる人たちは事実から目を背けてるだけ。
ロシアもウクライナも汚い嘘で虚飾した戦争してんだからどちらかの目線で見ない方が良い。
そこは反発ではなく一考では?
やっとかよw
おせえよw
当初から言っていただろ
民間人を盾にしているってよ
そもそもおかしいって
攻めてくるときに重火器を配ること自体がよ
毎日新聞 2022/8/10 06:00(最終更新 8/10 06:00) 有料記事 1507文字
「ガーラスコ氏は「とりわけ市街戦では、ウクライナ軍は自分たちの守備する地域に部隊を配置できる」とツイッターで述べ、アムネスティの戦争法規に関する解釈は「誤っている」と指摘。ロシア軍がこの報告書を口実に「市街地への攻撃を拡大する恐れがある」とも訴える」
ウクライナが民間人を危険にとアムネスティ報告
「アムネスティのポカルチュク・ウクライナ事務所代表は5日、「(誤った見方の)修正を上層部に求めたが実現しなかった」と明かして辞任を表明」→
少しは『旗色』が変わりつつあるんじゃないの?😑

しかしながら、こんな重要なNEWSすら、正しく報道しない『カルト国家日本』😩
そもそも民間人の住んでる地域にロシア軍が駐留したら民間人皆殺しになるんやから民家近くにウクライナ軍を配置するの当たり前では…?
反発出ること自体おかしいだろ!

事実じゃないか!

何も間違ったことは言っていない

ドイツから反発しろって言われたのか?
(アサドとぜんぜん違うのは、シリアの方がはるかに先進国だから基準が厳しいの?)専門家からは報告に対する批判の声も上がっている
↓これ案の定変な人達がつけ上がって悪用したり誇張しまくってるね。じゃあ民間人を盾どころか狙って殺しまくってる侵略ロシア軍(プーチン政権)のやってることは何なの?
アムネスティの調査が正確ですよ。私自身もウクライナ政治家達はウクライナ人を人間の盾にしている事は何度もネットに投稿しています。キエフでもウクライナ軍や戦闘員が民間アパートから砲撃し。
武力紛争法とりわけ国際人道法と呼ばれるものの運用に際しては、軍事的必要と人道保護を高次に均衡させる必要がある。どちらかに偏りすぎればその所期の目的が達成できなくなる。ICRCもだが、アムネスティは性質上殊に人道に偏りすぎるきらいがあるのでそのへんは注意。
アムネスティのウクライナ報告書に関する問題点、今から日本語で読むならこの記事がお勧め。やはり、戦争法規(とくに民間人居住地区への部隊の配置)に関する同報告書の解釈が相当ずれているというのはこれまでにも多くの専門家が指摘してきたことです。
都合の悪い記事は有料か?
アムネスティはロシアンフレンズ。
「ロシアに言え」という感想しか出てこない

アムネスティ・インターナショナルは侵略者のためのプロパガンダを実施する団体ですか?
当初からロシア側が「ウクライナ軍が民間施設を陣地や基地にしてる」って事が西側によって明らかにされたってのは重要。

そして、安全保障問題の自称(笑)専門家達がその可能性を無視してロシアヘイトを繰り返してたのが問題。
多くの批判を呼んだアムネスティの報告書。

英グリニッジ大のヘインズ教授は「巻き添え被害を避けるのは現場司令官の責任だ」とする一方、「侵略の性質上、ウクライナでは市街地での戦闘行為が不可避になっている」と一定の理解を示した。まあ当然だよね。
多くの批判を呼んだアムネスティの報告書。

英グリニッジ大のヘインズ教授は「巻き添え被害を避けるのは現場司令官の責任だ」とする一方、「侵略の性質上、ウクライナでは市街地での戦闘行為が不可避になっている」と一定の理解を示した。
アムネスティが絶対正義ってわけでもないだろうからなぁ。鵜呑みは危険。
余計なお世話を焼くのがお仕事。
「侵略の性質上ウクライナでは市街地での戦闘行為が不可避になっている」
ロシア軍がこの報告書を口実に「市街地への攻撃を拡大する恐れがある」
「市民を危険にさらしているのはロシア軍のミサイルや砲撃だ。ウクライナへの侵攻をやめていたら市民への危険は生じなかった」
タイトルとURLをコピーしました