メディア記事

「もうライオンは飼いません」 変わる動物福祉の現場
「もうライオンは飼いません」 変わる動物福祉の現場
 京都市動物園を歩くと、こんな掲示が目に入る。「ライオンの飼育を行いません」。あの百獣の王はもう見られない。飼育員の好き嫌いで決めたのでも、人気投票で決めたのでもない。大学と連携した研究機関でもある動物園が最新の知見から出した結論だという。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユ

バズる指数ピーク 34

 twitterコメント 44件中 1~44件
良記事、京都市動物園の動物福祉への考え方&取り組み、ステキだな。
動物園ファンのオトナである自分は、こういうことを学んで行きたい。
そりゃ狩りをせずとも生きられちゃうわけですからねえ。プライド(群れ)みたいな独自の社会構造も消えてなくなる。園内二世三世ともなりゃ完全に別の生き物ですよ。
いい記事を読んだと思う。

>ちょっと難しそうな動物福祉の世界だが、足を踏み入れると「癒やし」や「楽しみ」だけでなくリスペクトの気持ちが生まれてくる。

確かに。
動物や植物への「リスペクト」の念こそが、次の時代を作ると思う(うちのニャンズもそう言ってた)
いい記事を読んだと思う。

>ちょっと難しそうな動物福祉の世界だが、足を踏み入れると「癒やし」や「楽しみ」だけでなくリスペクトの気持ちが生まれてくる。

確かに。
動物や植物への「リスペクト」の念こそが、次の時代を作ると思う(うちのニャンズもそう言ってた)
動物福祉を追求しようとしても、日本の動物園の財政では難しいのでは。
都市型だと客はくるけど敷地は狭く、郊外型だと敷地は広いけど集客が難しい。
⚪本来あるべき姿ではない環境で、人間本位の窮屈な飼育は動物福祉に反している故に、徐々に減らす方向でお願いしたい。
京都のこういうとこ好き。
「飼育員でも獣医師でもない研究者を抱える動物園は珍しい。京都市動物園は京都大学と連携し「生き物・学び・研究センター」を設け、動物の認知能力を分析する比較認知科学や動物園の教育機能、ゲノム科学など5人の研究者がいる」
別にライオン側も元々飼われたくねーよ!!!
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
<今週読まれた記事>
「もうライオンは飼いません」


百獣の王はもう見られない――。京都市動物園が野生の生態を考慮して議論した結論です。園の理念は「ヒトを含む全ての動物のいのちと暮らしに敬意を持って向き合う」。この姿勢から、動物福祉を考えます。
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
ゾウやカバも飼わないで
ライオンを飼わないことを決めたのは、飼育員の好き嫌いで決めたのでも、人気投票で決めたのでもありません。
>>大学と連携した研究機関でもある動物園が最新の知見から出した結論だという。
👏👏👏👏👏…
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
園として、最期までサポートすると決めましたが、ナイルにはそれなりの苦痛があったと思います。園の決断が正しかったのかは分かりませんが、安楽死を選ばなかった判断が間違いだったとも思いません。動物福祉に正解、不正解という考え方はそぐわないように思います
支持します。
変わる動物福祉の現場
途中から有料だったから全部読めなかったけど、こういう 増えるかも…。 「もう は飼いません」
「もうライオンは飼いません」 当たり前だ。動物園は苦しみしかない。人間の家族連れのための暇つぶしの場所にして。
野生の生態を考慮すれば、飼える野生動物はいなくなっていくでしょう。
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
「飼育員の好き嫌いで決めたのでも、人気投票で決めたのでもない。大学と連携した研究機関でもある動物園が最新の知見から出した結論だという。」
動物園にはもう行かない。動物園要らないと思う。やっぱり動物は自然状態で生きているのが一番良い。家畜は可哀想だけどね。
動物園、やめたら……?
動物園が率先して、アニマルウェルフェアを伝える拠点になる、というのは、これからの動物園のあり方として、すごく素敵な展開。→
京都市動物園を歩くと、こんな掲示が目に入ります。「ライオンの飼育を行いません」。大学と連携した研究機関でもある動物園が最新の知見から出した結論でした。飼育している動物について、ユーチューブなどで解説しています。園のからくりを探りました。 |
ふれあい動物園には反対だし水族館の狭く閉鎖的な水槽で飼われている白イルカは虐待じゃんと思う。ペットだって人間のエゴだし難しい問題だよ。
研究機関でもある京都市動物園が最新の知見から出した結論でした。京都市動物園はライオンに限らず、飼育している動物について、ユーチューブやブログ、インスタグラムなどで詳しく解説しています。なぜなのか、探りました。
「公立動物園は必要なのか?」議論に行き着く。教育目的は動物園反対論者には通用しない/生息地で絶滅しそうな動物を、繁殖させる目的以外では、公立動物園の存在意義は存在しない/私立は別。見せ物業は存在しうる
、狩りも協力し行う動物。
ようやくようやく動物福祉を尊重する動物園が。キリンの去勢もその一環らしいが。

福祉は本来「幸せ」や「ゆたかさ」を意味する言葉。
人間の飼育下で動物達は幸せなのか
ライオンは群れで暮らす動物。1頭だけの飼育ではアニマルウェルフェア精神は広がっている。他方、キリンへの去勢は、どうなのか。
さよならいおん
/
📍 厳選
ï¼¼
良い記事だった。:
種類はそんなに多くなくていいから、例えば亡くなった動物の場所を活かして、各動物のスペースが広くなればいいなと思っている。
[「ヒトを含む全ての動物のいのちと暮らしに敬意を持って向き合う」]
QT:"反省を生かす。これも動物福祉の大事な視点だ。"
訪れる人に癒やしや楽しみをもたらしてくれる動物園。でも、その環境が動物にとって快適で理想的とは限りません。 の観点から「もうライオンは飼いません」と宣言した を記者が歩き、あるべき姿を考えました。
ライオンの飼育を行いません――。京都市動物園には、このような掲示があります。なぜライオンを飼わないのでしょうか。
いいか悪いかは置いておいて、この記事を読んでもやはり以前書いたような繁殖目的の施設もしくは研究目的のもののみ残るみたいな方向に長期的には向かうのではないかなと思う
京都市動物園
タイトルとURLをコピーしました