メディア記事

「子どもを育てたい」 同性カップルに「里親」という道
「子どもを育てたい」 同性カップルに「里親」という道
 子どもを育てたい--。そう願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という選択肢があることが徐々に知られてきている。家族の形は多様化しており、実際に里親になることを検討している女性カップルに取材すると、家族として子どもと暮らしたいという希望を語った。また、里親に子どもを預ける児童相談所(児相)などに対

バズる指数ピーク 43

 twitterコメント 37件中 1~37件
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
こちらの性的少数者と里親制度に関する記事、毎日新聞紙面で本日13日朝刊と、明日14日朝刊の2回に分けて掲載しています。
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
こ私は異性・同性どちらのカップルであれ「第三者が関わる生殖医療」には反対だが「里親」「養子縁組」で子どもを持ち、育てる選択肢はもっと広がってほしい。
LGBTの問題だけではなく、普通に「里親」を推進してほしい。法的な問題をクリアーし、誰でも「子ども」を持てる社会。どんな子供でも「酷い親」から離れて育つ権利。こうした事が普通になる社会こそ平等で自由な社会の実現なのだ。「簡単」ではない、だからこそ意義がある。
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
実際に里親になることを検討している女性カップルに取材すると、家族として子どもと暮らしたいという希望を語ってくれました。
厚労省は、16年の児童福祉法改正で「より家庭に近い環境での養育の推進を図る」などと「家庭養育」優先を打ち出し、家庭的な養育ができるとして、里親や特別養子縁組などを促進している。
個人的に賛成です。
日本だと同性カップル✖️里親✖️社会的養護の子、とマイノリティ性が高く「可哀想」と言う人もいそうですが、大切なのは形じゃなくて家族の中身だと思う
(続く)
…
「欧米の主要国では、実の親と暮らせない子たちの多くは里親と暮らしているが、日本ではまだ少なく、里親の成り手も不足している」。
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
「里親になるための主な要件は、経済的に困窮していないことや里親研修を修了していることなど。法律上、婚姻しているかどうかは要件になっておらず、同性カップルを排除していない」→
そうか、以前より垣根が低くなってるんだな。
昔書いていた百合(ビアン)小説では、主人公の二人が里親になるラストシーンを書くために、ストーリー上の手続きを入れたんだよね。そのままじゃ無理じゃないか、と思って。
素晴らしいことだと個人的に思います。
育ててあげたい人が育てる。
里子にとっても心強い存在ではないでしょうか。
いろいろと法整備がいるかもしれませんが、推進されればよいと感じます。
自治体の児相に連絡し、説明を受けに行った。同性同士のカップルであることを告げ、里親登録への流れの説明を受けた際、里親の要件に当てはまらない点があるかを尋ねると、職員は「ありません」と答えた…
同性カップルについては、大阪市が男性カップルを「養育里親」として認定したケースが17年4月に明らかになった。全国初とみられ、大きく報道された。
「『養育里親』について『なりたいという相談を受けたことがある』という児相の割合は、『同居している女性カップル』からが6%、『同居している男性カップル』からが5%だった。『法律婚をしていないトランスジェンダーとそのパートナー』から相談があった児相は4%だった」
「里親になるための主な要件は、経済的に困窮していないことや里親研修を修了していることなど。法律上、婚姻しているかどうかは要件になっておらず、同性カップルを排除していない」
こどもが笑顔で過ごせる、それだけで判断すればいいと思う。
家族の形は自由だと思いますが、これは社会的養護が必要な子どもに対しての対策というよりは同性カップルの願望ですよね。現在、未委託の里親さん達はどう感じるのかな?
👩‍👩‍👧性的少数者×社会的養護
性的少数者が「里親」になることについて、検討している女性同士のカップル、そして性的少数者への里親委託や養子縁組に関して児相などに調査を実施した白井千晶教授に話を聞きました。

「多様な子どもがいるのだから、多様な里親や養親が必要です」
里親や養親の適格性とは何かという議論の中で考えるべきです。多様な子どもがいるのだから、多様な里親や養親が必要です
海外の調査結果や事例からも、性的少数者のカップルに育てられることが子どもにとって悪影響になることはありません。
なんだ、やっぱ出来るんじゃねーかよ
誰だよ、事実上出来ない制度になってるとかぬかしやがったの、嘘つき
血縁ではない子どもを育てる方法には、里親の他に「養子縁組」もある。虐待などで実の親と暮らせない子どもを法的に実子と同じ関係にする特別養子縁組は、法律婚の夫婦でなければできず、同性カップルや
"里親になるための主な要件は、経済的に困窮していないことや里親研修を修了していることなど。法律上、婚姻しているかどうかは要件になっておらず、同性カップルを排除していない。"
里親になるための主な要件は、経済的に困窮していないことや里親研修を修了していることなど。法律上、婚姻しているかどうかは要件になっておらず、同性カップルを排除していない。
検討中のカップル、調査実施の専門家に取材した話。米国などではよく聞く話ですね。
白井千晶•静岡大教授「里親や養親の適格性とは何かという議論の中で考えるべきです」
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られてきています。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
「海外の調査結果や事例からも、性的少数者のカップルに育てられることが子どもにとって悪影響になることはありません。性的少数者も、里親の貴重な担い手として期待できます」
「子どもを育てたい」と願うLGBTなど性的少数者に、「里親」という道があることが知られつつあります。家族の形は多様化しており、里親になることを検討している女性カップルに取材しました。里親に子どもを委託する児童相談所などに調査した研究者にも話を聞きました。
「里親」制度は法律上、婚姻が要件になっておらず同性カップルを排除していない。児相への調査で、実際の認定は男性カップルで1%、トランス当事者で結婚した人の場合は12%(委託は8%)児相は「法律婚に重点」の実態。厚労省によると施設や里親家庭で暮らす子どもは約4万2千人→
が「子どもを育てたい」と考えた時、「
←「塩崎恭久厚労相(当時)も同月の記者会見で「同性カップルでも男女のカップルでも、子どもが安定した家庭でしっかり育つことが大事で、それが達成されればありがたい」と歓迎した」
タイトルとURLをコピーしました