メディア記事

英作家ジャック・ヒギンズさん死去 92歳 「鷲は舞い降りた」
英作家ジャック・ヒギンズさん死去 92歳 「鷲は舞い降りた」
 英BBC放送などは10日までに、「鷲(わし)は舞い降りた」などの冒険小説で知られる英国の作家、ジャック・ヒギンズ(本名ヘンリー・パターソン)さんが居住地の英領ジャージー島で死去したと報じた。92歳。英出版社ハーパーコリンズ社が明らかにした。死亡日時や死因は不明。

バズる指数ピーク 33

 twitterコメント 29件中 1~29件
今知った。R.I.P.
ショック😨ジャック・ヒギンズが亡くなった💦名作「鷲は舞い降りた」他数多くの冒険、海洋、戦争、スパイ文学の傑作を残した。(ハリー・パタースン等別名義もある)全作に通じるのは
ついこの間、「鷲は舞い降りた」と「死にゆく者への祈り」を読みました。久しぶりに、骨太でずっしりと重みのある作品を味わえました。合掌。
ブッシュミルズで弔いのグラスを。
ジャック・ヒギンズさん、なくなったのか。
・・・「鷲は舞い降りた」映画はとても面白かった。
週末ブッシュミルズかジェムスンを開けながら頁をめくろう。記事に挙げられている3作『死にゆく者への祈り』『脱出航路』『鷲は舞い降りた』はいずれも大名作。繰り返し読んで手元の文庫もボロボロになっている。あとグレアム名義での『勇者たちの島』も好きだ。
『鷲は〜』より『死にゆく者への祈り』『非情の日』が好きでした。まだ本棚にあるよ。。
『鷲は舞い降りた』は生涯ベスト級!R.I.P.
鷲は舞い降りた(Wikipedia)
ちょうど今 、ジム・スタージェスの『鷲は舞いおりた』を観てるのに… 😭
ショーン・ディロンシリーズは完結したのかな?🐰🥃
ボクが大好きなジャック・ヒギンズが…。

『鷲は舞い降りた』はボクが読んだ生涯最高の小説。

熱い男の物語は永遠に不滅なのダ😢
『死にゆく者への祈り』は学生の頃、ミッキー・ローク主演の映画を見た。もう30年以上前なのね。作家さんがまだご存命とは知らなかった。合掌。
ご冥福をお祈りします
ヒギンズ作品を連読しているところに、このニュースが。⇒
「鷲は舞い降り・・・そして飛び去った」
自分はフォレスター、マクリーン、ヒギンズと王道の道をたどって楽しませてもらってました。ご冥福をお祈りします。ありがとうございました。 ~
……ご冥福を。冒険小説のなんたるかを教えてくれたなぁと。
初期の3部作の面白さは段違いだったけど、最近の自伝も波乱万丈ですごかった。
冒険小説と言うジャンルを教えてくれた。感謝、合唱。内藤陳さんと天国で酒を飲み交わして欲しい。
代表作の『鷲は舞い降りた』も特にそうだけど、悪役扱いのドイツ軍やテロリスト側の誇りや矜持を哀切を込めて描くことに長けた作家さんでした。
今のウクライナ戦争を彼ならどう描いたろう。R.I.P
英首相チャーチルの拉致を試みるナチス・ドイツ部隊の冒険を描いた代表作「鷲は舞い降りた」(75年)は、ドイツの軍人を、苦悩する血の通った人間として描いた点が話題になりました。
高校〜大学にかけてハマって色々読んだなぁ
追悼・・・
兵役を経験後、教師を経て作家に転身。他の代表作に「死にゆく者への祈り」「脱出航路」などがあります。
「ウィンザー公掠奪」はハリー・パターソン名義だったなぁ!…
語り尽くすことができない作家。
彼の作品に出会わなければアイルランドに興味を持つことも、英語を学ぶこともなかったかもしれない。
今晩のメニューは偉大なる作家を偲んでアイリッシュシチュー(暑い)。
英首相チャーチルの拉致を試みるナチス・ドイツ部隊の冒険。ドイツの軍人を、苦悩する血の通った人間として描いた点が話題になった。
「鷲は舞い降りた」
「死にゆく者への祈り」
「脱出航路」
英作家ジャック・ヒギンズさん死去
タイトルとURLをコピーしました