メディア記事

家を借りられない…生活保護受ける「住宅弱者」の苦悩
家を借りられない…生活保護受ける「住宅弱者」の苦悩
 新型コロナウイルスの流行による不況で、仕事を失って家賃を払えなくなったり、会社の寮に住めなくなったりするなど、住まいを失う人たちが少なくない。そうした人たちや単身高齢者、障害者など、住宅を借りづらい「住宅弱者」は、貸す側からすると、家賃の未払いや孤独死などのリスクがあり、貸すことをちゅうちょすると

バズる指数ピーク 44

 twitterコメント 43件中 1~43件
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
日本が貧乏から貧困に移動している現実を多くの人はまるで他人の問題だと思っている。しかし明日は我が身だ。住居は国や自治体が準備して誰でも安価に無料で住めるようにする事が必要だし、これから更に経済環境が悪くなり戦後のように「乞食が路上にあふれる」国になる。
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
毎日新聞とか言う低級紙のライターが書くような内容だからレベルが低いのは当然だけど、せめてもう少し生活保護のシステムを勉強してから文章書こうよ
知ってるようで知らない生活保護の制度
未だに新聞読んでる情弱は騙せても普通の人は騙せない
!!!ウクライナ避難支援同様 国家(国税で)が住居の提供が相当でしょう 一部の「政治家」を除き反対する国民はいませんよ!>>>
生活保護は勝ち組じゃない
これ本当の話…?
生活保護受給者は確実に保護費という収入が入るから家賃滞納のリスクもあまりないってことで選びさえしなければ住む所は見つかりやすいって聞いたけどな
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
など数々の経済失政により、ただでさえ生活が困窮していた一般国民が多いのに、 の長期化、 によって「
この国は善良な納税者であっても、何かにつけて「保証人」が必要です。市営住宅さえ借りられない。
戦前のの家父長制度に固着するムラ社会国家。
C国にコケにされる訳だ。
「大家が安心して貸せるほどには、居住支援法人などによる入居後の見守りや生活支援が十分ではないことが考えられます」と指摘。
住宅弱者が賃貸住宅を借りるには難しい状況が続く。国土交通省が20年度に行った調査によると、高齢者や障害者、外国人に対して、それぞれ約7割の貸手が「拒否感」を抱いていた。
生活保護受給者が入居可能な物件を探した。
「入居可能」となっていることを伝えても「(前の入居者が部屋で死亡した)事故物件しか紹介できない」と返された。
女性は「生活の基盤は家だということに気付きました。そこに安心感を得られないと、安定して仕事などで活動することは厳しいです」と話す。
新たなアパートを探すため、不動産仲介業者に行って物件を探してもらったが、生活保護受給者が入居可能な物件は10件に1件程度。
過去に派遣切り寮退去で住まいを失い、生活保護利用中の20代男性が、不動産屋10件目でようやくアパート契約できたが環境も悪い部屋で…との話を聞き、必ず住まい探しのサポートするようにしました。

サイトに生活保護利用可と掲載されていても実際は違ったとの話なども。
生活保護利用者、単身高齢者、障がい者など、住まいの確保に向けて、3月の予算特別委員会でも質問した案件。
生活保護受給者が入居可能な物件は10件に1件程度。

「 毎日新聞
そろそろマスコミさん方
『○○弱者』て言い方辞めない?
上から目線だよなぁ
市営住宅やコーポに住むべし!
生活保護なら家賃のとりっぱぐれない貸しやすいんじゃないのかな。実際、ワンルーム25000位の家賃のところを生活保護の方なら住宅扶助上限の4万程度なら貸す、てところ複数、近隣にはあったけど
[うつ病]
生活保護で部屋を借りるときは定期借家契約はやめるべきである
大阪の福祉事務所は制度を悪用して生活保護受給者を追い出しにかかる
大阪では、この逆の事が起こるのです。生活保護受給者は滞納する確率が他の方に比べて低いのです。よって家賃を下げてでも、生活保護受給者を住まわせて、安定した収入を確保する。しかしこれは一種の貧困者ビジネスです。
日本の住宅福祉は非常に貧困なんですよ。いずれ相続するアパートをこういう人のためのシェルターにしようかな。繋がりの支援
文中にもある代理納付を使うとか、手はあるかなあ、と。
食い物にされてるなあ、と感じるケースもあり、なかなかしんどいです。
議員宿舎や公務員宿舎を一時的に貸出せばいい。議員や公務員に宿舎はいらない。
海外への外面も大事ですが、足元も大事にして欲しいですね。
今後の日本は、
低賃金・低(無)貯蓄な「ロスジェネ世代の高齢化」する中で、更なる「住宅弱者」「社会的弱者」が増えるのは明白。
住宅自体も「価値」や「意味」が変化する。
当たり前だけど障害者にも単身高齢者にも人権はあるんだから絶対家は借りられるようにすべき。民営だと難しいから公営住宅。希望すればすぐに借りられるようにすべき。
「事故物件しか紹介できない」。生活保護を受ける40代男性は、住宅探しの際にそう言われました。新型コロナによる不況で、住まいを失う人がいます。
水際とか捕捉率とか、そんなものは些末ですらない。何もかも足りてない
「高齢者や低所得者、障害者、子育て世帯などで住宅弱者は増えている一方で、人口減で空き家や空室は増加。しかし、入居者リスクに不安があるため、貸したくても貸せない大家が多い」国有住宅整備で手当すべきでしょ
住まいを借りるのが難しい「住宅弱者」を知っていますか。コロナ禍での不況で家賃を払えなくなるなどした低所得者や、高齢者や障害者などのことを言います。家を貸す側は、家賃未払いや孤独死などを恐れ、貸すのを尻込みするそうです。実情や支援の在り方などを伝えます。
日本の愚かさを見た。弱者に住まいを与えないなんて。それなら大家にならないでほしい。きちんと支援者がいるなら尚更信用してほしい。50人毎に生保がいるからその人たちは被害者だ。政府に助けてもらいたい。
住み込みで働く人や、会社の寮に住んでいた人が仕事を失うと、途端に「住宅弱者」となり生活基盤が揺らぎます。都内の30代女性は「生活保護受給者が入居可能なのは10件に1件」と言われ、40代男性は「事故物件しか紹介できない」とあしらわれたそうです。解決策を探りました。
本来は行政が、(貧困ビジネスの道具になっている寮などではない、ちゃんとプライバシーを守れる)住宅探しまで支援するのがスジだろう。
> 女性は「生活の基盤は家だということに気付きました。そこに安心感を得られないと、安定して仕事などで活動することは厳しいです」と話す。
↑
早急な住宅支援を!
十分な社会保障を!
公営の住宅に優先的に入れるやんけ空いてればの話やけど
生活保護の家庭の子供は苛められるからね。
そういう時のための公営住宅、のはずだが、そもそもは、既得権を楯に住み続けている輩への対策が先。
↓
こういう時のための公営住宅は空いてないのかね。なぜ民間のアパートしかないの?
タイトルとURLをコピーしました