メディア記事

「プーチンはソ連の申し子」 元ウクライナ大使が迫る実像
「プーチンはソ連の申し子」 元ウクライナ大使が迫る実像
 「私が親しんできたロシアの人々を思い出しつつ、どんなに考えても、やはりこの戦争がロシアの民意を反映しているとは思えないのです」。そう話すのは、元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)だ。ロシア語を学んでモスクワ大に留学し、旧ソ連日本大使館公使としてソ連崩壊を現地で目の当たりにした。外交官時代に、ロ

バズる指数ピーク 37

 twitterコメント 31件中 1~31件
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)はロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語るプーチン像とは――。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――。
「プーチンはソ連の申し子」


元ウクライナ大使の天江喜七郎さんが「ウラジーミル・プーチン像」を語りました。
そう切り出しつつ、早々に「結論として言えること」を語った。「やはりプーチン氏は『ソ連の申し子』なのです」・・・」
「ウラジーミル。君と僕は、 を見ている。」(安倍晋三、2019)
毎日

ディスインフォメーション(
「私はずっと、この戦争について考え続けています。ウクライナのことを思うと、他に何も手が着かないのです」。ウクライナ大使を務めた天江喜七郎さんが語る「プーチン像」とは。
「KGBは、相手が言う話を『疑ってかかる』という世界。ディスインフォメーション(偽情報)とマニピュレーション(情報操作)によって相手を自分に有利なように導こうとする、そういう思考が基本の世界です。プーチン氏は、その世界に生きてきたのです」
「今回、プーチン氏が31年前に針を戻そうとするのは、彼の感覚からすれば『無理なことではない』のです」→
毎日新聞にある元ウクライナ大使の天江さんのインタビュー。ソ連崩壊の日に赤の広場にいて「かつて滅んだ帝政の旗を再び掲げたことには、心底驚いた」と。

僕なんか平成育ちだからソ連の後継国がロシアみたいな認識だけど、ロシア帝国の再興という側面があったんだなぁ。
モスクワに留学し、駐ソ連公使としてその崩壊を目の当たりにした元ウクライナ大使の天江喜七郎さん(78)は、ロシアのウクライナ侵攻を「プーチンの戦争」と位置付けます。天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――。
外交の根幹にかかわる安全保障の問題では、日米安保条約だけに頼るのではなく、嫌な相手とも話し合える関係を築く積極的な首脳外交が不可欠だと思います
天江さんは声を落とす。「まだまだ、ウクライナは人ごとのように思っている日本人は多いんじゃないでしょうか」。移住を余儀なくされているウクライナ人をどのように受け入れるか、日本の品格が問われて
KGBは、相手が言う話を『疑ってかかる』という世界。ディスインフォメーション(偽情報)とマニピュレーション(情報操作)によって相手を自分に有利なように導こうとする、そういう思考が基本の世界
「柔道をやって何が良かったですか」。知人がそう問うと、プーチン氏はちょっと考え込んだ後、こう言ったというのだ。「初対面の相手でも、どこにスキがあるのか分かるようになってきた」
年老いた女性たちが段ボールを持って立っている。「なんだろう」。中をのぞいた天江さんは驚いた。生まれたばかりの猫がニャアニャアと鳴いていた。「とにかく売る物がない中、なけなしの『売れるモノ』
2月24日のロシアのウクライナ侵攻から、私はずっと、この戦争について考え続けています。ウクライナのことを思うと、他に何も手が着かないのです
かつて滅んだ帝政の旗を再び掲げたことには、心底驚いた
「 元ウクライナ大使が迫る実像
"彼が、ここで使う...『катастрофа(カタストロファ)』...『трагедия(トラゲディア)』よりもっと大きな悲劇的な結末、破局です。この言葉一つとっても、ソ連に対する..."
KGBの申し子であっても「ソ連の申し子」ではないと思う>「やはりプーチン氏は『ソ連の申し子』なのです」
手を替え品を替え、絶対同じ土俵にはあがらない。
プーチン氏はソ連が崩壊した31年前に時計の針を戻そうとしているのか。ロシアやウクライナを愛する元ウクライナ大使が語りました。
「ロシア語は『катастрофа(カタストロファ)』。悲劇を表す『трагедия(トラゲディア)』よりもっと大きな悲劇的な結末、破局です。ソ連に対する愛着はすさまじいものがあります」

元ウクライナ大使の天江喜七郎さんにプーチン像を聞きました
旧ソ連も中国も集団指導体制である。今よりは遥かにマシである。彼は、凶器を持った独裁者であり、比較するならヒットラーと同じである。
「なぜ、こんなことが起きたのか。プーチン氏の身になってこの侵攻を考えようとすると……」。元ウクライナ大使の天江喜七郎さんに聞きました
いろいろと納得の記事。
“外交官時代に、ロシアに関わった期間は18年。「プーチンの戦争」と位置付け、戦争が起きてしまった「なぜ?」を思考し続ける天江さんが語る「ウラジーミル・プーチン像」とは――”
元ウクライナ大使の天江喜七郎さん
タイトルとURLをコピーしました