メディア記事

「みんな敵だった」 闇バイトに手を染めた青年は出頭をためらった
「みんな敵だった」 闇バイトに手を染めた青年は出頭をためらった
 高層ビルが林立し、ネオンきらめく東京・新宿。2020年秋、ユウタ(仮名、21歳)は雑踏を独りさまよっていた。  非行少年だった自分を受け入れてくれた大阪の「父親」のもとを抜け出してから4カ月。インターネットカフェで寝泊まりを繰り返すうち、恐怖に耐えられずパニックになった。気づいた時には電話をかけて

バズる指数ピーク 145

 twitterコメント 48件中 1~48件
低賃金、雇用確保困難ならばベーシックインカム導入すべきだ。岸田政権は変わろうとしていない。私だったら、昔のしきたりも大事にしつつ新しい試みをします。
「『おばあちゃん生きててよかった』という言葉が出てこない。人の気持ちを想像するのが苦手なんです。やった事は絶対に許されないけど、ユウタには弱い部分があった。
幼い頃に母親の再婚相手から虐待を受け、児童養護施設で育った。「お母さんと暮らしたい」。小学1年生のころから願い続けたが、母からも拒まれた。施設では、職員から性的な虐待を受けた
侵入から30分後、女性宅の固定電話が突然鳴り、驚いて逃げ出した。奪ったのは現金4万7000円と、暗証番号が分からず使えなかったキャッシュカード。女性は肋骨(ろっこつ)を13本折る重傷だった
でもこれは ↓ 徹底的に封じた方がいいでしょう。
犯罪者の育った環境なんて、被害者家族にはどうでもいい話しだ。
突然、怖い思いをさせられ、死んでもおかしくない状況にさせられて、そんなの弁償金だけの問題ではない。
育った環境、周りの大人が悪かったとわかっているなら、自分はそうはならないと固く誓えばいい。
悪いけどさこの青年が悪い。社会に責任を求めるな、向けるな@
自身の環境もあったりとすべての人がそうではないが、闇バイトをしようとする人がいる。
政府はわかっていると思うが、対策などしているのかな?
俺とまるっきり似てる奴らってこの世の中沢山居るんだな
今こうして更生して真面目に働いて
真面目に生きていけるのは
お世話になった施設の方々だよな
こいつに同情する余地は微塵もないけど、この手の話、施設で虐待というのもけっこう多いけど、なんとかならんのかね。
こんな奴最大限に重くていいやろっていつも思う
この特殊詐欺師犯罪者は
人生甘えてるね
世の中には親族ゼロ
コインロッカーや警察交番や警察署に捨てられた孤児も多い
自分だけが地球で1番不幸とか甘えるな
だから犯罪者に利用される!
「塾に戻るか。それとも、どこか遠くに逃げるか……」らしい。
なんだか良い記事みたいに書いてるけど、被害者の80代女性、その年齢で肋骨13本折ったらもう治らないだろ…折れた肋骨が肺に刺さったら間違いなく殺人になっただろうし、情状酌量する必要は一切無い
死ぬ覚悟無しに殺人相当未遂行為実行(強盗窃盗)するような奴が警察への自首躊躇うのチキンカスだろうなあ。刑務所でコロナウイルス感染被爆重症悪化で自然死してくれた方がマシか
そりゃあね、イジメとか虐待とかしまくってたらこういう事件は起きますよ、そりゃ…

和明
こうした加害者エピソードに違和感を感じないわけではない。罪は罪だ。でも、加害者は被害者より先に発生する。加害者を減らす試みというのは、社会に必要なはずだ。
「お母さんと暮らしたい」。小学1年生のころから願い続けた青年の罪。結果は重大だが、そこにいたるまでを考えると胸が痛い。虐待、犯罪…悲劇を繰り返さないためにも背景に目を向けないと。
"幼い頃に母親の再婚相手から虐待を受け、児童養護施設で育った。「お母さんと暮らしたい」。小学1年生のころから願い続けたが、母からも拒まれた。施設では、職員から性的な虐待を受けた。周りに訴えてもうやむやにされ、大人への不信感は募るばかりだった"
とてもいい記事です
紆余曲折はあったものの中卒で1年間に80万円を貯めたまでは良かったが、簡単にお金を得る手段を選んでしまったのでしょう。中卒のままの信念を貫いていたならば、と思います
懲役7年(求刑・懲役8年)軽すぎるし、こんなやつに社会に出てきて欲しくないわ
なんでこんな記事出すんだろう、と思ったが、もしかすると今はこういう層がオペレーションの対象かも知れない。
すごく勉強になりました。
こちらは警視庁クラブOBの2人の記者による記事。孤独な自分の親代わりになってくれた恩人を裏切り、闇バイトに手を染めて服役した青年と、それでもなお「家族」として出所を待ち続ける男性。事件の表面だけ取材しても決して見えない、それぞれの思いを取材しています。
いわゆる普通の子が闇バイトと知らずに騙されて受け子、出し子をさせられる、という事件ともまた違う。

自ら知った上で下手したら強盗殺人になるところだった。
被害者の婆さんは可哀想。でも青年が生まれてからの境遇も可哀想。
ただのカスやんけ
外に出さないでほしい
社会の末端の特別な出来事。のように思えなくなってきている。
彼女も相応など底辺なんだろうけど、中絶して本当によかったとしか…
この手の物件を救済したところで、人生軌道修正できるのなんて数%に見たないんでしょうね
青少年が道を踏み外す背景は貧困、格差社会なんだろう。セイフティネットの脆弱性も含めたこの国の問題なのかもしれない。
🆘🆘🆘
生を感じるなあ
出頭をためらった

ネット交流サービス(SNS)で「闇バイト」と検索すると、高額の報酬をうたって犯罪に誘う投稿が今も次々と見つかる。そんな裏の仕事に応募し、強盗に手を染めた青年たちの歩み
ヤクザのような政治的妥結なら、橋下徹よりこの人にやってもらいたい。少なくとも風見鶏はやらないだろう
>人の気持ちを想像するのが苦手なんです。

これほんそう、金属バットフルスイングする奴とか生まれつきか環境か他人の気持ちへの想像力が欠けてるのが多い
良記事です。
バイト感覚で強盗事件を起こし、被害者の骨を13本も折った当時20歳のユウタ。生い立ちから事件後までを書き尽くした記事です。

まるで小説のような、でも実際の話。ぜひ後編と併せて一読を。
良記事。
若い方々に読んでいただきたいなあ。
いやいやこの作文の犯罪者が実在するのかはどうでもいいけど、完全なクズで更生の見込みどころか人間じゃないだろこれ
「みんな敵」闇バイトで指名手配
たまたま読んだ、涙した。
ある強盗事件を、記者2人が関係者への取材で掘り下げました。事件を起こした2人の青年の話を2回に分けて書きます。4月から記者になった方にもぜひ読んでほしいです。
闇バイトで指名手配 青年の歩み
ネットカフェで寝泊まりを繰り返すうち、恐怖に耐えられずパニックになった。頼れるのは、一度裏切った親代わりの男性しかいなかった――。なぜ青年は強盗に手を染めたのか。歩みをたどります。
「人の気持ちを想像するのが苦手なんです」、ああ、なるほど。→
実行した者は、犯罪を自覚している。しかし、電話のオペレーターをしている女性は、詐欺に引き込む話をしていても、犯罪の自覚はなさそう。
タイトルとURLをコピーしました