メディア記事

ペットは「自分の子供」 ともに逃れた戦火 長い移動、重い負担
ペットは「自分の子供」 ともに逃れた戦火 長い移動、重い負担
 ポーランド南東部にある国境の駅プシェミシル。3月14日、ウクライナ各地からの難民で混雑する待合室で、ベンチに座るルドゥミラ・バシリエブナさん(67)が大切に愛犬を抱えていた。「自分の『子供』です。置いてくることなど考えませんでした」

バズる指数ピーク 49

 twitterコメント 29件中 1~29件
紙版(大阪)4月4日の社会面、国際面、1面と露のウクライナ侵攻関係の記事の一環として掲載された。ポーランドではペットへの支援も充実していて、この記事の避難所ではドイツの動物愛護団体(続)
〈…ポーランドでは難民だけでなく、同行のペットへの支援も充実している。徒歩で国境を越えられるメディカ検問所の前には、ドイツの動物愛護団体が臨時の支援テントを設置し…〉

犬や猫もウクライナから避難
戦争は動物たちにも不自由を強いている。「ペットたちも怒っています」
「どんな暴力にも反対します。早く戦争をやめてもらい、ペットと一緒に家に帰りたいです」
ポーランドにペットと同伴避難。交通機関も同伴移動できたそう。ペットにはすごいストレスだろうから一緒にいられる点は本当によかった。。
日本ではほぼ無理….🥲
「戦争は動物たちにも不自由を強いている。キスレンコさんは「ペットたちも怒っています」と訴える。「どんな暴力にも反対します。早く戦争をやめてもらい、ペットと一緒に家に帰りたいです」」毎日新聞
無責任な戦争の被害者は人間だけじゃない。もう終わらせて。
ペットはなんで戦争が起こっているのか理由がわからないし、爆撃音は人間よりも聴こえるだろうし、もう恐怖とストレスでしかないと思います。
ペットと共に逃れた戦火
≪徒歩で国境を越えられるメディカ検問所の前には、ドイツの動物愛護団体が臨時の支援テントを設置していた。ウクライナからやってきたばかりの犬や猫を対象に、常駐の獣医が体調をチェックしたり、食事やペット用品の無料配布をしたりしている≫
「自分の『子供』です。置いてくることなど考えませんでした」
≪手提げ型の籠に2匹を入れて自宅を出発。西部リビウに向かう列車は大混雑だったが、何とか場所を確保。他の乗客もかごを乗せるのを手伝ってくれた。16時間の移動中、籠に毛布をかけて犬が興奮しないようにした≫
ポーランド南東部にある国境の駅プシェミシル。ウクライナ各地からの難民で混雑する待合室でルドゥミラ・バシリエブナさん(67)が愛犬を抱えていました。「自分の『子供』です。置いてくることなど考えませんでした」
犬や猫、乳幼児、障がい児、老人が家にいる人にとっては本当に悪夢・・。
日本でこの対応できただろうか?
避難所は人間が来るところだから人間が第一とかなんとか正論風のイケズが横行しそう
日本は動物愛護後進国なんです

311の後に何十箇所の避難所を周ってた

おじさん達から次に来るときにはタバコと酒も頼むよって言われた

まだ死体が転がる中
けど2週間も避難生活してたら嗜好品欲しいよね〜って思った私

ペットは「自分の子供」
(キーワードによるニュース配信記事の非選択アップです。)
“キスレンコさんは「ペットにとても優しい避難所で子供のように接してくれる。感謝しています」。戦争は動物たちにも不自由を強いている。「ペットたちも怒っています」と訴える。「どんな暴力にも反対します。早く戦争をやめてもらい、ペットと一緒に家に帰りたい」
みんなの家族🤞
一年同じ支援が設けられている。
ポーランドでは難民だけでなく、同行のペットへの支援も充実している。徒歩で国境を越えられるメディカ検問所の前には、ドイツの動物愛護団体が臨時の支援テントを設置していた
⬆️
動物は家族😭👍
自分が病気になったら、地震がきたらといろんなことを想定、準備してペットと暮らす人は多いと思うが戦争が起きたらを想定しないとだめな世界は辛すぎる。
ペットは家族ってのはわかるけど畜生と人間を同じに考える人が理解できない。3.11のときペット連れのヤツが騒いでてクソ迷惑だった。自分ですべての面倒みられないなら連れてくるな。
日本はこのような対処
後進国以下ですね💢
🐻おやくま~☆

😖

☆「どんな動物も幸せになるために生まれてきてる」 障がいがある猫たちの写真展「オンリーにゃんず」が名古屋で開催
プーチンは本当に最悪❗️そして育てた親が同罪!
動画有り:連れて出る気持ちへの支援もなされている風景
戦禍の中での活動が当たり前なのだよね…🗾よ早く動物を命と考えて欲しい
ï½°ï½°ï½°ï½°ï½°
🌙おやすみん

😖ペットと戦火逃れた人々


ウクライナ各地からの難民で混雑する、ポーランド国境の駅の待合室。そこに愛犬を抱える女性がいました。「自分の『子供』です。置いてくることなど考えませんでした」。…
…⭐️おやすみなちゃーい。

😖ペットと戦火逃れた人々


ウクライナ各地からの難民で混雑する、ポーランド国境の駅の待合室。そこに愛犬を抱える女性がいました。「自分の『子供』です。…
そうだよね。
置いてく事なんて出来ない。
家族だもん。
ペットと戦火逃れた人々


ウクライナ各地からの難民で混雑する、ポーランド国境の駅の待合室。そこに愛犬を抱える女性がいました。「自分の『子供』です。置いてくることなど考えませんでした」。戦争は、動物たちにも不自由や大きな負担を強いています。
戦争や災害でペットと同行避難する覚悟がある飼い主ばかりなら、不幸な犬猫はいなくなるはず。必然的に多頭飼いはあり得ない。
『プーチンの言うこと ききたくない なんだよ』

『ひとりぼっちきらいなやつだから』

「当てっこしないで!」

『プーチンの せいよね?ね。』

『そうだ ひとり が 出来ないやつだ』

‘‛٠.٠‘‛
タイトルとURLをコピーしました