メディア記事

ゼレンスキー大統領、フランス国会では「自由、平等、博愛」強調
ゼレンスキー大統領、フランス国会では「自由、平等、博愛」強調
 ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、フランス国会でビデオ形式で演説し、ロシアによるウクライナ侵攻は「自由、平等、博愛に対する戦争だ」と訴え、戦闘停止に向けたフランスの支援強化を求めた。

バズる指数ピーク 147

 twitterコメント 46件中 1~46件
国に合わせてカルト宗教のキャッチフレーズを連発している。フランスはフリーメーソンで、日本は下を向いて棒読みするだけ。
なんか優秀すぎて違和感抱くレベルになってきたな

国を相手にするPR会社もあるから絡んでそうだわ
“仏自動車大手ルノーなど3社を名指ししながら「ロシアの戦争への支援をやめるべきだ」と訴えた。演説を受けてルノーは23日、モスクワ工場の操業を同日から一時停止した”
NATO軍事支援強化で増える抵抗の意思ないウクライナ市民の犠牲押し隠す。誰がストーリーを作り出したのか?
ミンスク合意無視、国民和解背を向け、市民救う停戦拒否。米国に膝まずく哀れな男が危機拡大の道具にされる。


写真)朝日・ロイター
ウクライナ侵攻は「自由、平等、博愛に対する戦争だ」とフランス革命以来の国家理念を引き合いに出して訴え。またマリウポリを第一次大戦の激戦地、仏のベルダンになぞらえ、悲惨な現状を強調。
・フラタニテは友愛でないかと
・ゲンミツには「貴様と俺とは革命戦士」的な
・国歌もなんか容赦ねぇ感じだし
・「自由と平等を愛する共和制の同志」限定な気が
・大仏共和会で「博愛の実践」つったらギロチンでは(苦痛が短い)
・知らんけど
本人もすごいけど良いブレーンが付いているんだろう。
まあ、わーくにとは正反対。
フランスでのゼレンスキー演説の締めくくりは「アデュー!」だったのかな。
国ごとに何が刺さるかちゃんと計算してるんですね
㊗️㊗️㊗️🙏🙏🇺🇦🇺🇦🇺🇦
日本での演説内容が薄いと言われる方々が居られます。
しかし、私は「逆に、そこまで過度に期待できないこの日本に対して、他に何を言うの?」と、思います。
経済制裁云々言いながら、前と変わらずロシアと経済活動を続けてるこの日本に。
余りある評価だったと思います。
"ロシア軍から激しい攻撃を受けているウクライナ南東部マリウポリ"
差があるのはただ単に、日本人よくわかんねーなんだと思う。
日本以外では「自由」と「勝つまで戦う」が強調されてますね。
日本では「平和」が多かった。憲法前文の「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し」が効果的だろうと考えたのかもね。
良し悪しは別として、プーチンとは対照的なリーダーシップだなぁ・・・と思います。その差が戦況にも表れているのでは?!とも。
“仏自動車大手ルノーなど3社を名指ししながら「ロシアの戦争への支援をやめるべきだ」と訴えた”
ゼレンスキー大統領のスピーチ、それぞれの国の価値観や国民性にあわせて練られていて、周囲のスタッフがとても優秀なのだと感じる。ゼレンスキー氏本人はもともと政治家出身じゃないのが逆に良いのかもしれない。
どう言う演説をすれば効果があるのかを考えて話をしている様に思われるゼレンスキー氏。

一日中だらだらと国会運営している我が国の政治屋とは比べるべくもない能力。
"一方で仏企業が露国内で事業を継続していることに対する不満を表明。ルノーなど3社を名指しし「戦争への支援をやめるべきだ」と訴えた。演説を受け、ルノーはモスクワ工場を操業停止したと発表"
短時間のアピールだったか簡潔。ダラダラ要領無く喋る日本の議員ではできない芸当。
フランス革命とはこっちまで胸熱( ;∀;)
国歌の歌詞読めば各国の精神性の違いがわかるんじゃないかな。日本と比べて煽られ気味の他国はかなり血なまぐさい内容
パンチラインとしては「自由が敗北しないためには、きっちり武装する必要があります」というくだりが一番重いんだけど、流石に本朝のメディアがそこ言及するには二の足を踏むとこかな
しかしどこの国で演説してもそこの国民のツボを狙ってくるな、上手いのは認める。
やっぱ相手にあわせて演説しているんだよな
ロシア事業を継続する企業にも止められない理由はあると思うけど、ルノー、演説を受けて操業停止できるんならはじめからやらんかーい感はある。相変わらず対象国に刺さる話をするなあ(演説全文見たいなあ)。
ゼレンスキー、日本🇯🇵の国会では、軍事援助を言わなかった。やはり9条を意識していたんだな。偉い‼️
ウクライナに経済的援助を、しようや、みんな❣️
ルノーはフランス国営だからな(嘘)
フランス企業がロシア国内で事業を継続していることに対する不満を表明。仏自動車大手ルノーなど3社を名指ししながら「ロシアの戦争への支援をやめるべきだ」と訴えた。
(メイソンリー精神)
ゼレンスキー大統領は23日、フランス国会でビデオ形式で演説し、ロシアによるウクライナ侵攻は「自由、平等、博愛に対する戦争だ」と訴え、戦闘停止に向けたフランスの支援強化を求めました
上手。良いか悪いかはnormative approachのtheorist の仕事やけど。ただ日本にも、アホみたいにマリオの格好してヘラヘラする人じゃなくて、ちゃんと世界でpolitical gameが出来る人必要じゃね?
この、大統領が世界各国の歴史に詳しいわけないじゃん。
それぞれの国のライターに書いてもらっているね。
まあそうだわな。あとはヴェルダンに言及か。WW2はフランスも後ろめたいとこいろいろあるし。
G7最後の演説はフランス国会で

ゼレンスキー大統領はフランス国会でビデオ形式で演説し、ロシアによるウクライナ侵攻は「自由、平等、博愛に対する戦争だ」と訴え、戦闘停止に向けたフランスの支援強化を求めた。
日本と同日に行ったフランス議会での演説。ゼレンスキーの言葉の使い分けが巧みすぎる。
ゼレンスキー大統領、フランス国会では
「自由、平等、博愛」

フランス企業がロシア国内で事業を継続していることに対する不満を表明。仏自動車大手ルノーなど3社を名指ししながら「ロシアの戦争への支援をやめるべきだ」
日本の場合、サハリン事業の件で批判が出なくて良かったね。
そうか、演説を受けて、ルノーはロシア操業を即停止したか、微笑ましい、微笑ましい。
ゼレンスキーが各国にやってる演説比べてみたら面白そう。原稿作ったの誰なんだろう。凄いな。
近現代史の復習のようなゼレンスキー大統領演説集だな。

歴史は生きているという証だ。
相手別のスピーチデザイン力すごいな。
ゼレンスキーこれじゃあ「ええとこづき」やんけʕ•́ω•̀ʔ
本当に国によってきれいに分けて語るなぁ。
あと、名指しして効果も出したりしてるのね。
「自動車大手ルノーなど3社を名指ししながら「ロシアの戦争への支援をやめるべきだ」と訴えた。演説を受けてルノーは23日、モスクワ工場の操業を同日から一時停止した」
まぁーどの口が喋っとんねん💢ウクライナ国民に武器を渡した時点で自由と博愛がぶっ飛びドンパス地方でロシア人を大虐殺した時点で平等なんかこれっぽっちも無いやろ💢ネオナチ野郎💢
『「自由、平等、博愛」は1789年のフランス革命で打ち立てられた国家の理念』

日本人にも改めて啓蒙していただきたかったね。参院議長のあの野蛮・蒙昧発言を思うと。
先ほど、France 2で観ましたが、元俳優さんらしい演出がここでも炸裂した模様。
↓
タイトルとURLをコピーしました