メディア記事

後手に回った政府と東電 大規模停電の危機、突然要請に企業不満
後手に回った政府と東電 大規模停電の危機、突然要請に企業不満
 日本の電力インフラの脆弱(ぜいじゃく)さが露呈した。東京、東北電力管内で電力の供給が需要に追い付かない事態となり、政府は「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」を出した。2012年の制度創設以来、初めての発令だが、突然の節電要請に企業などからは戸惑いの声も出た。なぜ、このような事態が起きたのか。

バズる指数ピーク 45

 twitterコメント 37件中 1~37件
昨日もツイートしたけど、この記事は深い。ドタバタ劇に注目が集まりがちだが、現在日本が抱えている構造的問題も考えたい。
大手電力会社は,11年前の大震災であれだけの目にあったのに,基幹的施設の効果的な震災対策を何もやってこなかったんだな!
この体質,競争の厳しい業界なら,とっくに潰れてるな。
電力系統運用は前の日にするだけではない。3日前とか週間、月間。つまり、気象条件等の予測が遅れたか、政府との連携のミスが疑われる

「節電効果が目標を下回っている。このままでは残念ながら、広範囲での停電を行わざるを得ない事態になる」
確かに需給が逼迫に近い事実はあっただろうが、この機に乗じて原発の再稼働の突破口にとの邪悪な魂胆もあったため警報を敢えて出したと。経団連の何とかいう会長が本音丸出しでそれを明言したのからも明らか。
“国や大手電力会社は今冬は電力需給が過去10年間で最も厳しいとして、警戒態勢をとっていた。だが、寒さが緩んだ2月末で対応の一部を解除し、定期点検に入る火力発電なども出て余力が乏しく…”
「想定外」というが…電力会社や政府の備えは?供給不足かねて指摘 送電網整備先送りのツケ 東京・東北電力管内に逼迫警報
【電力需給逼迫警報】
原発再稼働の言論が増えてきたが、すでに九州、四国、中部で合計6基が運転してる。問題はその電力を関東に十分に送電できる仕組みができてないこと。
それと原発は地震に一番弱い。
停止した火力発電所は10年もたっていない新型。原発はどれも40年以上。もし運転中なら緊急停止してるよ。それから再稼働するにはどんなに早くても一か月はかかる。
経団連の十倉雅和会長が22日の記者会見で「既存の原子力の有効活用を真剣に考えるべきだと再認識された」

あの地震で原発だけが無傷な訳がない。当然緊急停止だ。そうなれば再稼働まで一か月。
筆者です。この数日の政府、東電の対応に加え、自由化など原発事故以降の政策転換が道半ばで混沌気味であることなど構造的な背景も取り上げました。ひと段落した今こそ読んでいただきたい内容です。
100兆円の予算を組む日本であり得ない突然の停電危機騒ぎは、自民党政権の無能以外の何物でもない。
原発再稼働を画策する経産妨害省が、原発再稼働の邪魔になるからと再エネや既存火力水力の整備更新増設を怠ってきた結果だ。
政権交代しかない。産業界は目を覚ませ。
経産省幹部は「天候などの悪条件が重なれば綱渡りを強いられる状況は数年間続くだろう」。
<経済官庁幹部は「原発は安全確保が大前提。今回のような状況で必要性を訴えるようなやり方は良くない」と眉をひそめる>
気温低下と突然の地震(というか東日本震災の余震か)は致し方なかった気も。私は原発反対なのだが短期的には再稼働やむ無しだと思う。ただいずれ炉心自体巨大な高レベル放射性廃棄物になるし地層処分できないし…
原発、もう10基は動いてたのか:
経団連がアホ言っているが、目先の事だけ。

この逼迫は地震で起きた。
相馬や登米の6強の所に原発があったら、どうなっていたのか?
「原発は堅牢だから大丈夫」はすでに「神話」でなく「安全妄想」

泊原発でもわかったように、原発こそ「地震による外部電源喪失」に脆弱!

📍 厳選
逼迫の原因の相馬も原町も石炭火力。欧州はロシアの天然ガスに依存。ベース電源の化石燃料は大事。あまり嫌わないで欲しいな(もとその業界の人)。
「寒さが緩んだ2月末で対応の一部を解除し、定期点検に入る火力発電なども出て余力が乏しくなっていた。こうした悪条件が重なった結果、電力需給が引き締まり停電の危機につながった」
原発再稼働反対派には読んでもらいたい記事

原子力関係者、電力企業、政府など、複雑に噛み合っている。そこへ、稼働場所への補助金、働き手など、生活に関する問題が絡んでくる

国としてのエネルギー事情もあるだろう

止めれば良いという簡単な話しではない
お、そうだな
東日本大震災の時も作為的に数字操作した前歴在り。QT
政府は電力の安定供給の責任は東電にあると考えているのか?安定供給のためにはそれなりの設備投資が必要である。
2012年の制度創設以来初となった「電力需給逼迫警報」の発令。ドタバタの対応で突然の節電要請に企業などからは戸惑いの声も出た。なぜ、このような事態が起きたのでしょうか。
《原発5基弱に相当する火力8基454万キロワットの供給力が失われた》と自発的に書く時点でこの記事はおかしい。「原発を5基再稼働すれば節電要請の必要はなかった」ことをメディア自ら示唆している。
そもそも本当に危機だったのか?
経団連の十倉雅和会長が22日の記者会見で「既存の原子力の有効活用を真剣に考えるべきだと再認識された」と話した。
日経と毎日は、原発再稼働しろ、と言ってる感じ。
電力に詳しい専門家のコメントがない。ため息が出る。
電力危機の茶番。危機を煽って原発再稼働に拍車をかける、国民を騙す芝居。自公政権と東電が仕組んだプロパガンダ。これで世論調査の原発再稼働賛成者が増える。自国での原爆製造が近づいてくる。
つくづく思う…日本は、もはや先進国ではない。後進国でも、発展途上国でもない。後退国、または衰退国だ。
電力使用量など電力需給バランスは天候に大きく左右されます。経産省は、3連休初め時点でこれだけの寒さを予期できなかったと釈明。そうかなと思う反面、節電する側として「前日深夜に突如呼び掛けられても……」という気もします。運用改善に向けた検証は必要そうです。
この記事、なんでいちいち「原発◯基分に相当する」って書いてんの?だから原発が必要って結論に誘導したそうだけど、地震で止まった発電所が火力じゃなくて原子力だったら電力逼迫じゃ済まないのに
オペミス。
…季節外れの冷え込みって、数年に一度あるでしょう?
初の発令となった電力需給逼迫警報。16日の福島県沖で起きた地震発生後、火力が停止し電力不足となる懸念は出ていましたが、踏み込んだ対応をとっていませんでした。
タイトルとURLをコピーしました