メディア記事

映画評論家の佐藤忠男さん死去 91歳 日本映画大学名誉学長
映画評論家の佐藤忠男さん死去 91歳 日本映画大学名誉学長
 日本の映画評論の第一人者で日本映画大学名誉学長の佐藤忠男(さとう・ただお、本名・飯利忠男=いいり・ただお)さんが17日、胆のうがんのため死去した。91歳。葬儀は近親者のみで営んだ。

バズる指数ピーク 1,332

 twitterコメント 76件中 1~76件
佐藤忠男氏と言えば、私が思い出すのはNHKの「アジア映画劇場」。
評論家としても信頼でき尊敬していた恩師の訃報…心よりご冥福をお祈りいたします。
「日本映画大学名誉学長で映画評論家の佐藤忠男(本名飯利忠男)さんが今月17日に死去した病気療養中だった。」映画評論を参考にしたな。ご冥福を、合掌
91歳 日本映画学校校長
佐藤忠男先生、ご逝去。
東京国際映画祭で、ご縁を頂戴し、折に触れご指導賜っておりました。コロナ禍前、お隣の席でご一緒させていただき、受賞作上映を鑑賞させていただきましたのが最期になってしまいました。品格豊かな評論でらっしゃいました。どうぞ安らかに。合掌。
佐藤忠男さん。昔、とあるNPOのために作った自分の短い映像を、4−5回ループで見てくださり、その後「面白い」と言ってくださった記憶がある。若い頃、よく著作にある映画を端から見ていったものだった。合掌。
お世話になった映画監督で民族文化映像研究所所長の姫田忠義さんが「佐藤忠男さんがのう・・・」と生前よく話されていた。天国で再会して、つもる話を交わされている姿を思い浮かべる。合掌
追悼、佐藤忠男さん

三一からは以下の出版をされていました。

『日本の映画』『テレビの思想』『黒沢明の世界』『日本映画思想史』『アジア映画小事典』
『権利としての教育・言葉の論理と情念』『日本人の心情』『日本の映画・斬られ方の美学』(佐藤忠男著作集3冊)
高校の先輩が日本で映画評論家と呼べる人は淀川長治 双葉十三郎 飯島正 蓮實重彦と佐藤忠男の5人ぐらいだ┉と言われていた中の1人で1度講演を聞いた事がある。カラーの映画についてだった┉とても勉強になりました
謹んでご冥福を祈ります。
どうぞ安らかにお眠り下さい
本棚にはたくさん彼の著書がある。映画を勉強したいと思ったときまず読んだ。ご冥福をお祈りします。
ご冥福を祈ります
映画学校時代の校長
評価も酷評もされたな
目の輝きが少年のそれだった

本名が佐藤忠男じゃなかったことに今更驚いた
母校、日本映画学校の当時校長だった佐藤忠男先生。
1年生の時、映像科と合同授業で映画史みたいな授業があって、教えていただいてた。当時は全然興味なくてテキトーに聞いてたけど、今なら興味持って聞けそうなのにな。
ご冥福をお祈りいたします。
図書室にやたら著作があった。
乱読したなあ。
映画「もののけ姫」を特集した雑誌での宮崎駿さんとの対談は、とても内容が濃く、素晴らしいものでした。
心よりご冥福をお祈り致します。
亡くなったか...
合掌。
校長亡くなりましたか…
お悔み
映画評論家としての佐藤忠男さんにたいへんたいへんお世話になりました。映画をともに育ててくださった佐藤さんに心からのお礼、そしてお悔やみを申し上げます。合掌。
2016年に の角川映画特集で含蓄あるお話を聞かせてくださったことが焼き付いています。合掌。
佐藤純彌監督、大林宣彦監督、澤井信一郎監督・・・角川映画関連で取材した方が次々と鬼籍に入って寂しい限りです。

映画評論家の佐藤忠男さん死去 91歳
映画評論はのみならず、長谷川伸論でも卓抜した日本人論を展開してきた、敬愛する大先輩。映画評論家の佐藤忠男さんが彼岸へと逝った。91歳、大往生!お疲れ様でした⇒ 日本映画学校校長、日本映画大学学長など歴任(スポニチアネックス)
20年前大学生の時、映画史の卒論書く時に幾度となく著作を参考にさせていただきました。
その時は高価で買えなかった『日本映画史』全4巻を大人になってから揃えました。今でも度々読み返してます。
ご冥福をお祈りします。
謹んで、ご冥福をお祈りします。

僕らは映画学校が日本映画大学に改組される前の卒業生なので、佐藤さんが学長だった時代は知らないですが、授業は受けた記憶。脚本ゼミでだったかな。
佐藤忠男さんを知ったのはNHKのアジア映画を紹介する番組だった。韓国の『ディープ・ブルー・ナイト』、『風吹く良き日』などのアン・ソンギさんを知った。
ご冥福をお祈りします
本当に的確でわかりやすく解説してくれて。映画の感想でなくてちゃんと解説してくれる人でした。
値は253です。
今日も1日頑張りましょう。私は眠いのでまだ寝ています。
by tamchan

本日のニュースはこちら
一本筋の通った方だった。この人の評論で、映画の見方を教わった部分が結構ある。
ご冥福をお祈りします。
昔、毎週日曜日の3時にアジア映画📺を観ていたな。ご冥福をお祈りします。
> 胆のうがんのため死去した。
アジア映画劇場のおかげで、韓国映画に出会えました。
そして、佐藤さんの尽力でアジアフォーカス福岡映画祭でも多くの素晴らしい韓国映画を鑑賞する事ができました。ありがとうございました。
合掌
ご冥福をお祈りいたします。尊敬しておりました。>
今と違い、昔はアジア映画を知る手段はそんなになかった。そんな時に(ちょっと堅いけど)アジア映画を案内して下さったのが佐藤さんの解説でした。ありがとうございました。合掌。
沢山の映画の可能性を教えてくれました。
ありがとうございます。
欧米の映画だけが映画ではないのを知ったのは、NHK教育テレビで日曜午後2時からの放送で佐藤忠男さんが解説していただいた『紅いコーリャン』を観てからです。
アジア映画劇場(1988年~2002年)は、すばらしいラインナップでした。ありがとうございました。▷
とうとう亡くなってしまったのか。評論家としても研究者としても功績は多大。「日本映画史」は家宝にしている。ご冥福をお祈りします。
Tweetとか見てたら、すごい影響力あったんやなぁ……と。
わたし(日本映画学校OB)的には、ただ「校長先生」って認識でした。合掌/
また一人、名を成した新潟県人が鬼籍に・・・。
ご冥福を・・・。
韓国映画は佐藤さんの本で知りました。ありがとうございます。
佐藤忠男さんの事は詳しく存じませんが、鶴見俊輔さんが佐藤さんを見出したエピソードがとても良いんですよね。26分頃から↓
先生、亡くなったのか…。
専門学校時代、佐藤先生の映画評論の講義があって、よく小津映画のお話をされていた。
あまり真面目な生徒じゃなかったので、もっとちゃんと講義を受けておけばよかった、とこの世界に入ってから後悔した。
ご冥福をお祈りいたします。
「宮崎駿を初めて賛美した映画評論家」が逝った。
ご冥福を。
母校の校長が亡くなった。
100作近くあった学生映画の中で俺の作品を「面白かったね」と率直に誉めてもらったのは今でも誇りです。

ありがとうございました。
御冥福を。
宝田明さんに訃報に接したと思っていたら、今度は佐藤忠雄さんの訃報
一時期、佐藤さんの言葉(ご本人の著作や他の人が引用した佐藤さんの言葉)に誘われるように昭和30年代の日本映画を貪り観た
私にとって大きな心の財産になっている
合掌
昔NHKで「アジア映画劇場」の解説をしていたのが佐藤さん。
毎回素晴らしい映画を紹介してくれて、アジアに興味を持つことになり、その後中国やアジアの国々へ行くことができました。
とても感謝してます。合掌。
ご冥福をお祈りします。
御冥福を
映画大学初年度の卒業生としてご冥福をお祈りします。
NHK教育チャンネルでやってた「アジア映画劇場」で解説やってた印象が強いですね。合掌。
91歳… そうよね、20年経つもの。ご冥福をお祈りいたします。
邦画業界がガタ付くなか、日本の映画評論の良心とも言える方が遂にこの世を去られた。やはり我々の世代にとっては、N教の「アジア映画劇場」での解説に尽きる。この枠で多くの人の眼にふれられ"救われた"中華圏の作品は少なくない。心よりご冥福をお祈りいたします。合掌…
信頼している評論家のおひとりでした。合掌。
あら・・この人の映画評、何回か読んだ事あったな。
ご冥福をお祈り致します。
永年に渡るご活躍、お疲れ様でした。
どうぞ安らかにお眠りください。
ショック…
黒澤明監督に関する評論を読んだ事があります。合掌。
ハイテンションな喋り方をする映画評論家が多い中で朴訥とした語り口が印象に残ってるな
中国映画の紹介もされていましたよね。残念です。
映画評論家の佐藤忠男さん死去 91歳


日本の映画評論の第一人者で日本映画大学名誉学長。映画による国際交流に積極的に取り組み、アジアやアフリカ映画を日本に紹介するなど大きな役割を果たしました。
校長先生、RIP
合掌。このかたのお書きになったもので勉強してきました。誠心誠意をもって日本の映画芸術進歩のために尽くされた実績は不滅です
横浜で、日本映画史の授業を受けました。無声映画DVDの解説を収録しました。著作も売らせて頂きました。
謙虚で偉大な人でした。
邦画や役者さんたちに滅法詳しく、類まれな評論力や文章力もありながら、偉ぶったところが微塵もない、立派な方でした。渥美清さんの取材をさせていただくために伺ったら、資料を山ほど用意してくれていて、恐縮至極でした。重ねて本当に立派な方でした
ご冥福をお祈りいたします。
ああ…佐藤忠男さんが亡くなられた。
著書を読み漁り、勝手に師と仰いでいた。
御冥福を御祈り致します。
学生時代、映画の話を沢山聴かせてもらいました。
ご冥福をお祈りします。心から。
佐藤忠男先生の映画評は評論とはこういうものだ。なのですよ。さみしくなります😭
NHKで時々見てました。アジア映画の紹介が多かった気がします。御冥福をお祈りします。
佐藤忠男さん、亡くなられたのか・・。91歳。
数々の著作から、映画について学ばせていただきました。佐藤忠男氏のご冥福をお祈りします。
映画評論家の佐藤忠男さん、お亡くなりになったとか。その昔「アジア映画劇場」での解説、その他様々な批評などで楽しく拝見しておりました。ただただ残念です。心より御冥福をお祈り申します。ありがとう。
お金を自由に使えない小中学生高校生の時分、図書館で映画関連の雑誌や書籍を借りてでも読んでいた時期の方でした。ありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
合掌。
『キネマと砲聲』は名著でした。『草の根の軍国主義』は自らの戦争体験に根ざし未来に遺された本でしたね。
お悔やみ申しあげます。
※ 新潟県出身…
タイトルとURLをコピーしました