メディア記事

ロシアの次の手は市長ら拉致 プーチン氏の迷走、部下が誤情報報告か
ロシアの次の手は市長ら拉致 プーチン氏の迷走、部下が誤情報報告か
 ロシア軍が侵攻したウクライナで、地方の市長ら有力者が拉致されるケースが相次いでいる。親ロシア派指導者にすげ替えようとするロシア側の戦略とみられるが、ウクライナ政府や住民から激しい反発を招いている。【畠山哲郎、杉尾直哉】

バズる指数ピーク 175

 twitterコメント 26件中 1~26件
拉致されたのは「南部メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、南東部ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人」→
拉致、暗殺、こうして静かに?時間をかけて力の支配を強めていくのがプーチンさんの本来の手法だろう。
そして実質的に支配したと判断された時点で、市民を蜂起させ戦車を入場させて決める。そうしたつもりだったが何か違っていた。後からこんな方法を慌てて足しても無意味だ
≪ウクライナ大統領直属の国家安全保障国防会議などによると、3月11日から13日にかけて、南部メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、南東部ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人が拉致された≫
プーチンはさっさと謝罪会見して撤収しろ。
沖縄のようだな。
かつての中国でも日本軍が傀儡政権を作るときは、すでに政治生命の終わったロートル政治家がうようよ出てきたが、ロシアはそういう駒もないのか。準備足らんな。
冒頭の「 これだけで眩暈もするし気絶しそうになる。蛮族どころではないのでは?
傀儡政権って…
国民に自由を与えないのはなんでだろう。
やはり の狙いはウクライナの政権を傀儡化することだなこれは。完全併合とどちらを落としどころとしてるのかいまいち不分明だったが

の次の手は市長ら拉致 プーチン氏の迷走、部下が誤情報報告か
「フォードロフ市長はプラスチック製の袋を頭にかぶせられ、連れ去られた…「ロシア軍による市長の拉致を強く非難する。ウクライナの民主制度に対する新たな攻撃であり、主権国家の中に正当性のないもう一つの統治組織を作ろうとする試みだ」」なりふりかまわない野蛮が進行
傀儡政権樹立の試みには抵抗が相次ぎ、誤情報には粛清。プーチン氏の迷走。
「ロシア、ウクライナの市長等を次々と拉致。メリトポリ市長、ドニプロルドネ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性」
世界中の人々の監視下で戦争犯罪が積みあがっている。ロシア国内でいかに報道規制しようとも衆人監視下であることをプーチン政権は知るべきだ。>
南部の 国境からロシア国境までを併合する狙い
の次の手は市長ら拉致 氏の迷走、部下が誤情報報告か
本当にプーチンは、スターリン、ヒットラーとして歴史に残る。
“11日から13日にかけて、南部メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、南東部ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人が拉致された”
ウクライナで相次ぐ市長の拉致。傀儡政権の樹立が狙いなのか。
11日から13日にかけて、南部メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、南東部ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人が拉致された。
“メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人が拉致された”
「州都ヘルソンでは13日、『人民共和国反対』を訴える1万人規模の住民デモがあった……デモ隊は、銃を構えて見守るロシア軍部隊に対し『命があるうちに家に帰れ』などと連呼した。周囲を露軍の装甲車が走り、露軍兵士側から発砲したとみられる機関銃の音が響き渡った」毎日
傀儡政権って物理???ヤバすぎでは???
キエフを短期間で陥落させ、ゼレンスキー政権を崩壊させる「電撃戦」を狙っていたとみられるプーチン大統領。しかし、侵攻から3週目に入っても主要都市の多くを制圧できていません。ウクライナ情勢について誤った情報や分析の報告を部下から受けていた可能性があります。
香港に倣ったのかなー??
狂ってるなあ
次から次へ犯罪的国家の証明を自ら行うロシア
こんなにアッサリ市長さんが拉致されるなんて、誰も見ていない場所を、一人で歩いていない限り、無理ですわよねぇ…拉致されたのではなく逃亡したのではないかしら?
ロシアの次の手は市長ら拉致 “11日から13日にかけて、南部メリトポリのフォードロフ市長、ドニプロルドネのマツエフ市長、メリトポリ市議会議長、同市の反露デモ主催者の女性、南東部ザポロジエ州議会の女性議員――の計5人が拉致された”
タイトルとURLをコピーしました