メディア記事

「新・破産者マップ」が出現 掲載取り下げにビットコインの支払い要求【修正あり】
「新・破産者マップ」が出現 掲載取り下げにビットコインの支払い要求【修正あり】
自己破産した人の氏名や住所をGoogleマップ上にプロットした「破産者マップ」が公開されたことが分かった。2009年から2018年までの破産者の氏名と住所を掲載しており、6万円分のビットコインを支払えば情報を削除するとしている。

バズる指数ピーク 384

 twitterコメント 219件中 201~219件
すげぇ、こんなランサムウェアがあったんだ😳😳
「自己破産者の個人情報をGoogleマップに表示させた!決してほしくば金払え!」てなやつです。
公開情報である以上、防げない。

元破産者でビットコイン支払いができるリテラシーを持っている人の割合はそこまで高く無さそうにも感じるけど…👀
ここまでするかぁ、最低な野郎だな
どうすんだこれ。
岸田文雄総理
お忙しいところ大変申し訳ありませんが
自己破産者を恐喝してる者を
なんとかして下さい
よろしくお願いいたします🙇
同サイトの運営は海外で行われており、現地の法律が適応されていると記載
2019年に閉鎖になったのにまた出現したのか。金のない破産者が掲載取り下げにビットコインの支払い要求を飲むとは思えないのだが。💴
海外か。。
こういうのも海外サイトで運用とはcleverですね。
懲りないねぇ…。破産者マップの類を作った人マップでも作ってやれば? 『
ひぇ・・
『
>地図上に載ったピンの内容(破産者の情報)を非表示にするには6万円分、ピンごと削除するには12万円分のビットコインが必要と記載 / 運営は海外で行われており、現地の法律が適応されていると記載
破壊者マップに見えた
せこい
ゲスすぎw
「新・破産者マップ」が出現 掲載取り下げに約6万円分のビットコインの支払い要求
“同サイトの運営は海外で行われており、現地の法律が適応されていると記載。”
>2009年から2018年までの破産者の氏名と住所を掲載しており、6万円分のビットコインを支払えば情報を削除するとしている。

恐喝じゃないか!サーバーを国外に立ててるとしてもこんなセコい事
いいね
タイトルとURLをコピーしました