メディア記事

iPhoneの自撮りで本物そっくりな動く3Dリアルアバター 米Metaが技術開発
iPhoneの自撮りで本物そっくりな動く3Dリアルアバター 米Metaが技術開発
米MetaのReality Labsの研究チームは、スマートフォンで自撮りした短時間のスキャン画像から、本物そっくりの3D頭部アバターを生成するシステムを開発した。異なる視点やフォトリアリスティックな表情を表現し、高い忠実度で再現する。

バズる指数ピーク 71

 twitterコメント 35件中 1~35件
Metaのはよくわかってないですが、これだとするとiPhoneのフロントカメラなのでRGB-Dで3Dスキャンでしょうか。
中高生のエロにしか使わんだろw
有名人は写真撮られて体型値が高額で取引される。ガキやカネ欲しいヤツらは盗撮や自撮りで体型値売りまくる。
↓
Defi系アプリやiPhoneのフェイススキャンでたまにやるアレを応用した形。もはやスタジオ等不用で全部個人でできてしまう。
表情などの顔の動きも生成できるとか。メタバースの将来の本命は別人格アバターよりも、実社会との融合を目指すこちらの方向だと個人的には考えてる。/
実質と仮想の差がすごい。
《😲》
これも試してみます。(^_^)
本物そっくりの3D頭部アバターかキャラクターデザインの3Dアバターいかんによって、オフライン上のアイデンティティの示し方は変わるだろうね
(。・ω・。)ノ
生成されるアバターはリアルタイムにVRでレンダリングできるため、テレプレゼンスシステムへの応用が考えられる
海外でもVTuberが広まってるみたいだし、自分そっくりなリアル3Dにどれだけ需要があるかは疑問に思う(´・ω・`)つ …
Top story: , see more
Metaによる開発

▼
なりたいものになれないせかい
キモすぎる
日本では需要がなさそうだけど、海外でメタバースを普及させるには、こういった「リアルの自分を再現できる」「それもiPhoneで手軽に」といった方向でのアプローチが重要になってくるんだろうな……。
iPhone自撮りでリアルアバター作れる時代が来ると…

?
SAO実現までの技術が着々と。。。
やはりメタのメタバース技術は、完全実名・リアル結合のミラーワールド前提のコンセプトが多いな(たぶんFacebookの既存ソーシャルグラフを有効活用するため)。
勘弁してください、VR空間にまで来て気色の悪いものを見せられるなんて人権侵害です。せめて日本でだけでも法律で禁止すべきです
メタバースの世界でもリアルアバターが使われそうです
何が悲しくて仮想世界に自分を召喚しなきゃいけないんだ。もふもふの耳生やしてこそ”メタバース”じゃないのか?あ?
どんどん進化していきますね。🤪
もちろん「使いやすくなる」のはよいことですが、どのように「使いこなしていく」かをきちんと考えていかないと流行り物で終わってしまう気がします。頑張らんと!😠
Top story: , see more
まだまだデフォルメされたアバターの時代だと思ってたけど、もうリアルなアバターが来てしまう感じ?

好きなものになれる利点があるから、あえてリアルな見た目にせずに自由に好きなものになればいいのに。リアルな見た目は一定数ニーズはあるか。
もしこんなの無料で出されたら、リアルアバターを作る機器を作成している会社は堪らないだろうな・・。
“既存の手法とは異なり、人間の外見の多様性を直接モデル化する複雑な作業を避け、代わりに少量のデータで新しいアイデンティティーに特化できるアバターモデルを生成する。”
チェック →
の で本物そっくりな
動く3Dリアルアバター
米 が技術開発
📍
【出所: / 厳選】
そしてフェイク動画の素材へ?
スマホで撮影した短時間のスキャン画像から頭部アバターを生成。シワや歯など細部も正確に再現され,動く表情も自然に表現される。視点が変わっても頭部の角度に応じた光の当たり具合を表現。
便利といえば便利か
顔認証データが何処かに保存されてしまうということですね。
「人間の外見の多様性を直接モデル化する複雑な作業を避け、代わりに少量のデータで新しいアイデンティティーに特化できるアバターモデルを生成」
タイトルとURLをコピーしました