メディア記事

“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
“最強PC”を組めるヤツに会いに行く そして生まれた怪物のスペックは
プロの将棋棋士が研究に使える、“最強の将棋AIマシン”を組むべく記者が奔走する本連載。今回は「CPUもGPUも強いマシンを使ってみたい!」と自作PC専門家に相談し、実際にブツを組み上げるまでのお話。

バズる指数ピーク 37

 twitterコメント 30件中 1~30件
電源だけで5万か。
ワーオ

>>「あ、運送会社の責任限度額を超えるので頑張ってなんとか運んでくださいね」
さぞツイッターが捗ることだろう、、、
最強PCを組むっていうとPC-DIYのJo_Kubota氏を思い出す
まあそんなもんですよね。これと比べると3995WXに上げる代わりにメモリ半分GPU抜きで同じく140万でした。組んでもらってこれは格安でしたが。
最強の将棋AIマシン←手段と目的がぐちゃぐちゃに混じった感じがめっちゃ大好き!ww
>メモリは512GBに 自作のプロによる組み立ての儀
「あ、運送会社の責任限度額を超えるので頑張ってなんとか運んでくださいね」
メモリ512GBも積めるのか
ひょえ〜
こんなPC組んでみたいですなー。
最高です。メモリ2テラて、、、
見てる。
最強PCがワケワカラナイレベルなのは昔も今も変わらずですな
専門用語知らないし、どれくらいすごいスペックなのか全然理解できてないけど、200万円前後のPCってすごいな。もし自分で組み立てたら緊張しそう
このノリでMini ITXで組めるクリエイター最強マシンとかやりたい(消費電力的と発熱にパーツ代がバカ高い構成になりにくい)
夢がある企画で好き。続編記事も楽しみ!
肝心の記事を貼り忘れていた…
“Ryzen Threadripper 3990Xはもう入手が難しいんですよね。対応するマザーボードもほぼないので、3990Xでの組み立ては厳しいです。でも組めますよ。Ryzen Threadripper PROならね”
140万のPC運ぶのこえええええ…wwww
»
とりあえずMさんひどいwwwww…でもいいぞもっとやれwwwww…
メモリ512GBって、こち亀の「わしのPCはメモリ512Mモンスターマシンだ!」を思い出すな
ストレージ以外はちゃんと強かったので記事タイトルが過大!とか言わなくて良かった。
合計140万円
はえーすっごぉい
記事最後の言葉でたまひゅん^^;
オチが素敵で震える
プロ棋士が求めるPCスペックが凄すぎて規格外。普通の自作パソコンの域を大きく超えている。
「Ryzen Threadripper 3990Xはもう入手が難しい」「対応マザーボードを載せられるPCケースがほとんどない」「運送会社の責任限度額を超えるので頑張ってなんとか運んでくださいね」
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む!::
>対応マザーボードを載せられるPCケースがほとんどないんですよね
プロ棋士向け最強将棋AIマシンを組む
広瀬八段に渡すPCとのこと
タイトルとURLをコピーしました