メディア記事

VRアバターが相手だと自分のことを多く話してしまう? 東京都市大などが検証
VRアバターが相手だと自分のことを多く話してしまう? 東京都市大などが検証
東京都市大学などの研究チームは、ビデオチャットよりも、VRアバターを介した場合の方が、対話相手に自分自身の事柄(思考、感情、体験など)をより多く話してしまうことを明らかにした論文を発表した。

バズる指数ピーク 41

 twitterコメント 33件中 1~33件
今回は人型とのことやけど人型じゃないアバターでも自己開示しやすいなら「きいてアロエリーナ」は時代を先取りしてたのか。気になる。
そんな気はしていた
ごきげんよう(🙈)

人は相手が見える状態よりもVRアバターを介した会話の方がより多く自分の事を話してしまうそうです🗣

相手の外見や振る舞いなどの社会的手掛かりが少ない方が自己開示が行われやすいとのこと👫

たしかに普段大人しいけどSNSでは饒舌な人とかいますね📱
面白いなぁ。
顔の知らない相手とメールやチャットで、盛り上がったことを思い出す。
やっぱり人間相手だと饒舌になるのでしょうか。ガワだけだとしても。
おい、私のことを話すな
"ビデオチャットよりも、VRアバター(特に外見が本人に似ているアバターよりも似ていないアバター)を介した場合の方が、人は対話相手に自分自身の事柄(思考、感情、体験など)をより多く話してしまう(後略)”
そのままガチ恋へ
面白い研究
まあこんなアバターだと外見からの情報量ゼロだから自己開示して話さざるをえない気がするけど
顔が見えてる方がいい場面とそうでない場面があるのだな
“他者の率直な思考や感情を理解したい局面(例えば、管理職者が従業員の本音を知りたい時)などでアバターを活用することは、有効に働く可能性を示唆” →
"アバターの方が自己開示が促進されたにもかかわらず、2種類のアバターとビデオチャット条件間で、主観的な体験に差がなかった" この雑な白ハゲアバターでも促進されちゃうのか…
VRコーチングめっちゃいい説
おー、めっちゃ面白い
なるほどなぁ
これはめっちゃ面白いかも!
都市大記事になってるやん
面白そうなことやっとる
東京都市大学
実感を伴って理解できる
でも『万人に受け入れられるアバターデザイン』は無いんじゃない?
「自分がアバターで相手は実写」と、「自分は実写で相手だけがアバター」とかは試してないようだが、その場合分けも検証してみてほしい
おじさんが美少女アバターを着ると無意識に自分語りをしてしまうんやね🥺
興味深い…
なんとなくわかる

“自己開示は、外見や振る舞い(視線・表情・ジェスチャなど)などの社会的手掛かりが少ない方がより促されると考えられており〜”
おもしろい実験ですね🤩

YouTuberが流行する理由やメタバース発展の
裏付けとしても納得しました。

ゲームアバターだと、違う自分になった感覚になるのと
何か関係があるのでしょうか🤔
わかりみ
これ興味深いな。論文本体どっかにあるかな
「アバターが相手だと自分のことを話しやすくなる」のに加えて、その人自身の感覚としては「たくさん話しているつもりはない(=無意識に自分の話をしてしまっている)」という研究結果。おもしろ〜〜〜!!
面白いー。
興味深い一文が…
これ、なんとなくわかる。
良くも悪くも自分から多くのコミュニケーションを取れるようになるんだよね。

それが故に一層相手への気遣いが大切になるから、気を付けなきゃとは思ってる。
ラバーダッキングと同じ理屈かな。
無関係ぽい相手/モノなら返答や反応を気にしないでよくなる(ように感じる)から声出しでの情報整理が捗るというか
対話実験108人,ビデオチャットよりアバタ(特に外見が本人に似ていない)の方が自分事を多く話してしまう結果に。両者の主観体験に差がなかった為アバタだと「知らない間に多くを話していた」状態に
【アバターの方が自己開示が促進されたにもかかわらず、2種類のアバターとビデオチャット条件間で、主観的な体験に差がなかった】これはスゴイ。あと、似てないアバターをキモくないもので試してみてほしい。
相手をヒトと認識していないと多くを語るのかなあ。神父への懺悔とか占い師なんかと話すのと同じな気がする。
タイトルとURLをコピーしました