メディア記事

レーザーで木を焦がして作る「炭の電子回路」 お茶大などが開発
レーザーで木を焦がして作る「炭の電子回路」 お茶大などが開発
お茶の水女子大学と東京工科大学、ヤフー、東京大学による研究チームは、レーザー加工機で木材にレーザーを照射し、一部を炭にすることで木材表面に直接電子回路を作成する手法を開発した。

バズる指数ピーク 78

 twitterコメント 35件中 1~35件
『レーザーで木を焦がして作る「炭の電子回路...』の記事にコメントしました
おお、抵抗値は高いものの成立するのね。

-----
面白い😆
木が電子回路に。
炭でってところがユニーク♪

発火には

弱そうで、不安だけど、、、

その辺りも研究されているのだろう、、、

- - - -
導通するペイント剤で補修とか考慮すれば、一生ものの家電具になるんじゃね?さておき可愛い(๑╹ θ ╹๑)だし
木材って電子回路になるんだ……のちのち詳しくみておきたい。回路になるほど電気が通るとは思わなかった。
アイディアすご
面白い。導電率どれくらいなんだろう?
面白いなこれ。耐久性とか気になるけど。:
ふむむ。
お茶大って略すんや。
そうきたかー。
面白い!炭化した部分はボロボロ崩れていくだろうから、何かラミネート的な加工をすることで屋外でも使えそう。使わなくなったら薪にして終わり、なのもいいなー
しゅごい
おもしろそう‼️
おもしろい
ロマン度高い
電子回路の他、タッチセンサーや荷重センサー、回転角センサーなど、さまざまなセンサーも実装できた
【 が回路になる新たな で木材にレーザーを照射し、一部を炭にすることで として機能する。記事ではエアコンリモコンなど手作りできる例を紹介している。これ 好きたまらんのでは??
なんか割れたりしそう…耐久性とかどうなんだろう… →
これで積層合板作ったらICとかLSI作れるかな
炭化させて作ったパターン部分の抵抗値はどんなもんなのかね?
耐久性気になるけど面白いな
本日、「木工」でニュース検索したところ、「レーザーで木を焦がして作る『炭の電子回路』 お茶大などが開発」という記事が見つかりました。炭化部分は、一般的なプリント基板(PCB)の配線と同様に電気が流れる配線として機能するそうです。かなりマニアックです。
コレでfuzz faceとか作りたい!!まじ😃
面白い【
なんかワクワクする話だなぁ
♩D・I・Yで D・I・Yで
何作ろ〜 何作ろ〜
天才の発想
これは面白くなりそうな技術!
おしゃれでかわいい!
光って唸る仏像をレーザー彫刻で一発造形とかできそうね。
え、凄い
面白いなぁ。
指、汚れないのかな?とどうでもいいところを心配
CWレーザー加工機で木材に照射し一部を黒く炭にし木材表面に電気が流れる配線を作成。タッチ/荷重/回転角センサーにも活用できマイコン等と接続すれば炭をタッチしてLEDを点灯などが行える。
タイトルとURLをコピーしました