メディア記事

消えゆく名門オンキヨー 音楽に浸る時間は増えたけど様変わりした“聴き方”
消えゆく名門オンキヨー 音楽に浸る時間は増えたけど様変わりした“聴き方”
オンキヨーの子会社2社が破産申請するというニュースが先週話題に。かつての名門メーカーがなぜこのような状況に陥ってしまったのか。

バズる指数ピーク 62

 twitterコメント 30件中 1~30件
・参考になります→(略)

-パイオニア互換機とか
買いそうになったが
買わなくてよかった

-代々木のクリエイター会社
開発ラフ図
…
本当にお世話になりました。

海外ではAVアンプの新製品があったのですが、実際発売されたのでしょうか?そのへんも気になります。
アンプやらプレイヤーやらは壊れたり、規格が時代遅れになっていくけど、スピーカーって長期間使えるからなー。デカいテレビの横でオンキヨーのスピーカーが今日も鳴ってますよ。
スタートアップとM&Aしてほしかったですね、→
デノンとマランツ、あとYAMAHAもまだまだ生きてるねぇ
未だにONKYOのコンポを愛用しているので寂しい
倒産したのは子会社で本体は残ったものの、もぬけの殻の幽霊みたいな会社になっちまってるそうだ。
読んでみると色々興味深いポイントが。
オンキヨーは割とモバイルオーディオなんかにも積極的だったけどなんか微妙な製品が多かったんだよな
音楽を聴く時間ってみんな増えたのかな?音楽の聴き方は多様化したけど娯楽自体も多様化したから音楽だけを純粋に聴く時間って15年前と比べてみんな減ってそうな気がするんだが。
さみしいね
ONKYOファン(自分)が「音楽の聴き方ってだいぶ変わったよねぇ……」といろいろ語った話です。いつもの松尾さん対談。
色々懐かしいトピックでした。
パイオニアのPrivateは欲しかったなぁ。
この記事スマホで見てたらソニーのワイヤレスイヤホンの広告ばかり出てきた。スピーカーで聴くって体験自体がニッチになりつつある…?
ハイレゾ対応とか、やってきたことは
早かったのですがね。
パイオニアのMac用キーボードは出来が良かった。一時愛用してた。懐かしい>「パイオニアはMac互換機を出してた」
ONKYOのD509とパイオニアのアンプ、ネットワークオーディオプレイヤーのわたしには死角だけ!
/
🖍 厳選
ï¼¼
TADは現役で良いスピーカー作ってる。
再生環境とかスタイルが様変わりしたなぁという印象
ここの傘下のSHIDOというヘッドセット使ってたから、ほんのちょっぴりさみしいね
オーディオマニアにとって最も残念なニュース💧。
ONKYOがこうなってDENON、マランツが生きてる理由は何だろう?とは思う。
2010年頃までは他社より積極的だったし、目の付け所もいい線行ってた。
やりすぎたかなぁ‥
そうだなー、オレも数年前にYAMAHAのブックシェルフスピーカー買ったものの、今となっては専らBluetoothのイヤホンかスピーカーで音楽聴いてるもんなあ!!
コンポブームの頃も畳部屋にカラーボックス置いてコンポ乗せているとか、オーディオを語るには劣悪な日本の伝統的住環境では音楽体験はさほど向上しなくて、経済低迷期に量産前提価格帯に主軸を置いた事業がNGだったかと

音楽に浸る時間は増えたけど様変わりした“聴き方”
ページが最初じゃなかったので貼り直します
皆さんどうしてオーディオ機器にお金をかけないのですか?私はマニアじゃないけど
Hackint○shとか公言するなよ……
非オーディオ系の方が問題点分かってんじゃん。 | 「良いスピーカーもいいんだけど、スイートスポットが狭すぎるのが問題で。~ちょっと離れると、いい音じゃなくなる問題。」 |
新着のIT業界ニュースだにゃ。IT業界志望の学生はぜひチェックしてにゃ。
タイトルとURLをコピーしました