メディア記事

「ギフテッド」の子、才能定義せず個に応じた支援を 文科省の会議
「ギフテッド」の子、才能定義せず個に応じた支援を 文科省の会議
 特異な才能がある「ギフテッド」と呼ばれる子どもの支援を検討している文部科学省の有識者会議は29日、支援の対象とする才能は定義しない、との考えをまとめた。個々に応じた教育を実現することが適切とした。仮…

バズる指数ピーク 119

 twitterコメント 23件中 1~23件
文科省ナイス判断で〜す。
何に対して能力を発揮してくるかなんて幼少期だけで判断するのデンジャー。
身体能力が高い子はギフテッドにはならないのかしら?
先日の文教委員会質疑では、 の子への支援策についても質した。

現状では、科学コンテストを行っているとの答弁だったが、そういうことではない。

今の一律の学校教育に違和感を覚える子も多く根本的な取組検討が必要だと求めた。

文科省の動向も注視したい。
信仰を持たずに「ギフテッド」
って言葉は使わないってルールは無いのか?
まぁ、難しいよね。
アホか
ギフテッド就職氷河期おじさん支援もよろしくたのむ!www
すごくまともな結論なんだけれど、現在の日本で発達障害児への個別化教育がどういう扱われ方(はねのけ方)をされてるかという現実とかけ離れてる
「個々に応じた教育」は教育なのでしょうか?
「個々に応じた学習支援」では?
「学習支援」は総ての者に対応すべきでは?


個々に応じた教育を実現することが適切とした。
”IQやテストの得点によって選抜するのではなく、一人ひとりに応じた教育をし、その延長線上で、才能がある子どもへの支援をすることが適切”

妥当なまとめだと思う。ただ、人と予算をつけないと、いっぱいいっぱいの学校にこれ以上求めるのは難しい
つまり何も言ってないような……
特異な才能がある「ギフテッド」と呼ばれる子どもの支援を検討している文部科学省の有識者会議は29日、支援の対象とする才能は定義しない、との考えをまとめた。
定義できないことは定義しないというのは清々しい。定義できないことにこそ本質があるんですから。
>学校生活や学習上の困難が生じている子どもの支援策についても、検討
>学校現場でどう支援するかや、教員の指導方法の改善などを議論し、2022年内に意見をまとめて提言
→「特異な才能がある と呼ばれる子供の支援を検討する文科省の有識者会議は29日、支援の対象とする才能は定義しない、との考えをまとめた。個々に応じた教育を実現することが適切とした。仮に定義すれば、過度な競争や早期教育をあおることが懸念されるため」
the Gifted

>学校現場でどう支援するかや、教員の指導方法の改善などを議論し、2022年内に意見をまとめて提言する。

…だそうです。
「ギフテッド」の子をどう見いだすかという大きな課題について、IQやテスト成績ではなく、
中二病が捗るな…笑
具体的には何も決まってないって事です。ギフテッドって単語も日本では定着していない。生まれながら=天才児。後天的=秀才。別に日本語でいいんじゃない?
個の才能をブロックチェーンに記録して証明する。その才能の価値を見出すために見える化させる。過去の信用を未来の信頼へ変える。
「ギフテッド」の子をどう見いだすのかという大きな課題について、IQやテスト成績などの基準は設けないという考え方でまとまりそうです
今さらだし、あいまいだし。
中学受験といういびつなしくみが国の失政を補っている。
出る釘を叩かないことにするのが大切なのに,ギフテッドとか言い始めるの,大学の運営予算を削って競争施策ばっかにするのと同じで悪手。 >
理想的だけれども個に合った教育、支援を誰もができる環境なのかというのが問題。
タイトルとURLをコピーしました