メディア記事

安楽死解禁20年のベルギー 医師に聞く現場の声
安楽死解禁20年のベルギー 医師に聞く現場の声
【7月3日 AFP】「安楽死は他の医療処置と変わりません。

バズる指数ピーク 23

 twitterコメント 30件中 1~30件
一寸違う話しだけど、安楽死を認めない国が大部分なのって、社会から見て、死んでしまったら何の役にも立たないけど、生きてれば何かの役に立つ可能性があるからなのかも、と思ったり。
自分の望むところで死ねるのだな…(自宅など)。そういう体制も実現できるということを知って、嬉しいし安堵した(日本にはまだないけれど…)。
>
こういう記事がもっとシェアされるべき
そもそもベルギーのルールでは発達障害という要件では安楽死はできないし、
例えできたとしても普段からSNSで安楽死を訴えてる人もほぼ全員安楽死を目の前にしても利用しないだろうなって思う。
安楽死合法化しているベルギー
対象は不治の病に侵され、緩和できない肉体的・精神的苦痛に常時さいなまれている患者だけと
しっかり要件はチェックされているようですが、

安楽死が全死亡の2.4%に達しているというのは驚きしかない
「安楽死の処置を受ける人も、救命処置を受ける人も、同じように尊い存在だと思います。単に状況が違うだけです」
“安楽死の処置を受ける人も、救命処置を受ける人も、同じように尊い存在だと思います。単に状況が違うだけです”
個人的には賛成なんだけど、、、
日本も議論してほしいな。
発信地:ブリュッセル/ベルギー
.
これまでに100人以上の患者の安楽死に携わってきたベルギーの医師マルク・ドクロリー氏(58)。
個人的に安楽死は賛成
ただ医者が安楽死を認めるまでの過程は厳密に法整備をして悪用されない事が必須
以前安楽死を合法化したら海外から多くの数の患者が訪れたってニュースがあり驚いたけど
自死以外の選択肢も必要
余命宣告、難病、不治の病、等々ならば自分で最後を選びたい。
死者の2%って、私の感覚ではちょっと多め
安楽死って、そこにたどり着くまでのハードルがいくつもあるから

事前にちゃんと考えてた人が多いんだろうな
自分の安楽死も、家族の安楽死も

それと、家族で話し合えること。
オプションとしてこの選択肢はあったほうが良いな。最後まで自分の意思で。
“安楽死が認められるのは、不治の病に侵され、緩和できない肉体的・精神的苦痛に常時さいなまれている患者だけ/ベルギーでの昨年の安楽死は2700件で、死者全体の2.4%/大半は60~89歳の患者で、10人中8人は余命宣告”
これまでに100人以上の患者の安楽死に携わってきた。
ベルギーでの昨年の安楽死は2700件で、死者全体の2.4%。大半は60~89歳の患者で、10人中8人は余命宣告を受けていた。安楽死の半数以上は患者の自宅で行われた。
「1か月に3件以上の安楽死を扱うのはつらいです」とドクロリー氏
「ベッドで死ぬ必要はありません。お気に入りの椅子に座って死んでもいい。どこでも、自分が死にたい場所で」
安楽死が認められるのは、不治の病に侵され、緩和できない肉体的・精神的苦痛に常時さいなまれている患者だけ。しかも、本人が安楽死の希望を、他者の圧力に左右されずに十分考え抜いた上で明確に、繰り返し表明した場合。
" での昨年の は2700件で、死者全体の2.4%を占めた。当局によると、大半は60~89歳の患者で、10人中8人は余命宣告を受けていた。また安楽死の半数以上は患者の自宅で行われた"
本文引用
「安楽死の処置を受ける人も、救命処置を受ける人も、同じように尊い存在だと思います。単に状況が違うだけです」

個人に焦点を合わせればこうなると思う
社会に焦点を合わせるから訳が分からなくなる
安楽死解禁20年のベルギー
「安楽死の処置を受ける人、救命処置を受ける人、どちらも尊い」
「ドクロリー氏は末期がんの祖父のために家族が打診した安楽死の求めを拒否したこともある。「本人は苦しんではいませんでした。見舞いに訪れた孫娘のことや、庭に咲く花について私に話してくれました。自らは死にたがっていなかった。結局は自然に亡くなりました
解禁20年のベルギー 医師に聞く現場の声
>末期がんの祖父のために家族が打診した安楽死の求め
本人じゃなくて家族が……なお医師は拒否。患者本人は苦しんでない。
安楽死が認められるのは、不治の病に侵され、緩和できない肉体的・精神的苦痛に常時さいなまれている患者だけだ
📝
📌記事を読む

【出所: / 厳選】
安楽死は、日本でも実現すべきですね


安楽死の瞬間は「人間的なレベルで、非常に豊かです」とドクロリー氏は話した。「さまざまな感情を目にします。それによって私たちも成長し、前進できます」
// もちぶろ

【7月3日 AFP】「安楽死は他の医療
タイトルとURLをコピーしました