メディア記事

「太陽を再び見られるとは」 死を覚悟の製鉄所脱出 ウクライナ
「太陽を再び見られるとは」 死を覚悟の製鉄所脱出 ウクライナ
【5月8日 AFP】「太陽を再び見られるとは思っていなかった」。

バズる指数ピーク 39

 twitterコメント 39件中 1~39件
アゾフスタリ製鉄所から避難した人々、ロシアの尋問受けてたのか。国連主導だと思ってたけどなんで関わってんの。
ロシア支配地域に連れて行かれ、選別キャンプなるものもあり、本音など語れる訳ないですよね。命の危険があるのに
ロシア、ドネツク、マウリポリでの強制労働を選ばされるそうですよ。
なんて過酷なルポなんだ。
🐴🦌さん

露が包囲している製鉄所地下坑道から「露軍」が市民を連れ出してるのはみんな知ってることなのね?ヤバいインモー論に洗脳中だから知らないのかもしれないけど。

なんで白い腕章が市民を連れ出してるとTVが嘘ついてることになるのか説明してみ?
「白い腕章は露軍だから製鉄所から市民救出したの露兵であって宇軍じゃない。報道は嘘」という妄想の輩がわんさか湧いてる。インモー論者はまともに報道理解できないから何起きてるかわかってない。露が包囲する場で露が連行尋問してんだから露兵が市民連れてくのは当然な。
アンナ・ザイツェワ(Anna Zaitseva)さんは、生後6か月の赤ちゃんを抱いてバスから降りた。ハグやキスで迎えられ、涙ぐんだ。
「私たちを助けてくれたすべての人に感謝している。希望を失った時もあった。忘れられてしまったと思っていた」
"アゾフスタリ製鉄所から逃れ…ザポリージャに到着すると…Anna Zaitsevaさんは生後6か月の赤ちゃんを抱いてバスから降り…涙ぐんだ。「私たちを助けてくれたすべての人に感謝している。希望を失った時もあった。忘れられてしまったと思っていた」"
"衣類を脱いでの検査や指紋の採取、携帯電話や身分証明書などのチェックを何度も受けた… 側は…「人々を脱出させたい」として、製鉄所の地下壕がどこに位置しているのか詳しく説明するよう求めた…4時間にわたって尋問された"
「爆弾が当たるなら即死させて、と願っていた」「私たちを助けてくれたすべての人に感謝している。希望を失った時もあった。忘れられてしまったと思っていた」
ウクライナは何故こんな被害を受けなければならないのか。ロシアはせいぜい戦闘員が少し減って鉄クズを量産しただけ、理不尽だ。→
これはウクライナ寄りの記事
しかしとりあえずは、脱出できて本当に良かったなあと思う。
「マリウポリはもはや存在していない。どのようにして再建したり、戻ったりできるというのか」と嘆いた。
住んでた町が瓦礫になったらそうなるしかない…
アゾフスタリから脱出できた人々もUNに守られた安全な旅ではなかった。
・アゾフスターリ製鉄所から避難した人々への渾身のインタビュー
「爆弾が当たるなら即死させて、と願っていた。体が損なわれるのはいやだ。血を流し、死に至るのではないかとも恐れていた」
「脱出するためにはしかし、ロシア側が身元や所属などを調べる施設を通過しなければならなかった」「衣類を脱いでの検査や指紋の採取、携帯電話や身分証明書などのチェックを何度も受けたと証言」→
大手メディアの報道は切り抜き多すぎるし信用に値しないが記事にあるIDや身体検査などはアゾフ連中が女装して人道に紛れて逃げようとしたりしてるから当たり前。
ーーロシア側の「犯罪者扱い」されるような身元チェックを耐えねばならなかった。
『脱出するためにはしかし、ロシア側が身元や所属などを調べる施設を通過しなければならなかった。』

国際ニュース News
引用:ロシア側のアゾフ連隊に対する敵意
「なぜパスポートが必要なんだ。お前の夫の遺体が入った袋にパスポートを入れて送り返してやる」
内臓が飛び出して死んだ夫の写真も送ってやると、ののしられた
>救出された複数の民間人はAFPに、衣類を脱いでの検査や指紋の採取、携帯電話や身分証明書などのチェックを何度も受けたと証言
»
「爆弾が当たるなら即死させて、と願っていた。体が損なわれるのはいやだ。血を流し、死に至るのではないかとも恐れていた」
Top story: , see more
本当に
AFP★
マリウポリ市民の“選別施設”での取り調べの実態が証言され、興味深い重要な記事だ。とりあえずは安全な地域に帰還できたので、傷ついた心身を休め、希望を奮い起こし、生きる歓びを感じ取ってもらいたい。
記事「ロシア側は取り調べの際、「人々を脱出させたい」として、製鉄所の地下壕がどこに位置しているのか詳しく説明するよう求めた。」

え?
アゾフスターリを包囲してから何日でしたっけ?
ロシア軍は、まだ内部を把握してないの?
地下図面を入手するのが先じゃない?
製鉄所からの民間人脱出。このニュースを見る限り、尋問され選別された上での脱出だった模様。すると、ロシア側に拘束された人もいるのかもしれない
駐日ロシア大使館に必ずとんでもコメする人が"選別キャンプ"を裏付けてるとリンクしてた記事、「ナチスアゾフの父と夫を持つ女性が身元調査で苦戦」「露軍は女性の身体チェックを女性兵士にさせている」というむしろ至極当然&露軍の配慮まで書かれてある記事だった(>~<)
“製鉄所から救出された複数の女性は、ロシア側の女性担当者に脱衣を求められ、入れ墨や傷跡の有無を確認された。さらに顔写真を撮影され、政治思想から母親の旧姓まで幅広く質問されたと訴えた。”
「関門を通過する際、パスポートの返却を求めた。そこで、ロシア側のアゾフ連隊に対する敵意がむき出しになった。
「なぜパスポートが必要なんだ。お前の夫の遺体が入った袋にパスポートを入れて送り返してやる」
マウリポリは実質、ロシアの支配地域になってるし、選別キャンプなるものも存在する。命の危険を感じるような状況で、ロシアにとって都合悪い事を話せないのは当たり前。
ホントに良かった。
アゾフスターリ製鉄所から避難することができた、ある女性への取材記事。
ザポリージャに向かうための最後の関門を通過する際、パスポートの返却を求めた。

「なぜパスポートが必要なんだ。お前の夫の遺体が入った袋にパスポートを入れて送り返してやる」

内臓が飛び出して死んだ夫の写真も送ってやると、ののしられた。
アゾフ連隊の家族も
◆
ロシア、ドネツク、又は、マウリポリで強制労働
実質、選択肢ないじゃん
📍
【出所: / 厳選】
マリウポリ
全世界の皆さん、殺人鬼畜国家ロシア・ロシア支援の天安門戦車国民轢殺人国家中国を倒してください
殺人国家ナチスを倒したように
タイトルとURLをコピーしました