メディア記事

ロシア正教会司祭、ウクライナ侵攻を批判 投獄も覚悟
ロシア正教会司祭、ウクライナ侵攻を批判 投獄も覚悟
【5月4日 AFP】ロシア正教会のゲオルギー・エデルシュタイン(Georgy Edelshtein)司祭(89)は、ウクライナでのロシアの軍事作戦に反対している。

バズる指数ピーク 297

 twitterコメント 213件中 201~213件
「汝、殺すなかれ」
の教えを破る人間は不幸になる。
司祭で法王に対抗?(笑)
「ウクライナ住民の血は、ロシアの支配者や作戦命令を実行する兵士の手をぬらすだけではない。戦争を承認し、あるいは沈黙を守っている私たち一人ひとりの手をぬらしている」
犬伏の別れの真田家みたいなもので、なんの意味もない。
21世紀の「我、ここに立つ」のメッセージだと思わされました。
「話すときに自己検閲し、罪が罪であること、流血は容認できないことについて沈黙するならば、たとえ教会に所属していたとしても、知らず知らずのうちに、徐々に司祭であることをやめることになるだろう」:AFP
「ウクライナ住民の血は、ロシアの支配者や作戦命令を実行する兵士の手をぬらすだけではない。戦争を承認し、あるいは沈黙を守っている私たち一人ひとりの手をぬらしている」
ロシア正教司祭がここで言う「私たち」は勿論ロシア人だけを指しているわけではないだろう。
"
ウクライナ侵攻に反対の声を上げたロシア正教会の聖職者は、一握りしかいない。
21世紀の「我、ここに立つ」のメッセージだと思わされました。

「話すときに自己検閲し、罪が罪であること、流血は容認できないことについて沈黙するならば、たとえ教会に所属していたとしても、知らず知らずのうちに、徐々に司祭であることをやめることになるだろう」AFP
バチカン司教はロシアの侵攻を喜んでいるだろうね~!「神の計画通りだ」とね~!www →ロシア正教会司祭、侵攻を批判 反対の声をあげた国内の聖職者は一握り
ロシア正教会司祭、侵攻を批判 反対の声をあげた国内の聖職者は一握り
「ウクライナ住民の血は、ロシアの支配者や作戦命令を実行する兵士の手をぬらすだけではない。戦争を承認し、あるいは沈黙を守っている私たち一人ひとりの手をぬらしている」☦️
🥶👽😱
// もちぶろ

【5月4日 AFP】ロシア正教会の
タイトルとURLをコピーしました