メディア記事

文豪トルストイのひ孫、スイスでウクライナ難民受け入れ
文豪トルストイのひ孫、スイスでウクライナ難民受け入れ
【4月16日 AFP】ロシアの文豪レフ・トルストイ(Leo Tolstoy)のひ孫、マルタ・アルベルティーニ(Marta Albertini)さん(84)はスイス・アルプス(Alps)近郊の小さな村に暮らしている。

バズる指数ピーク 32

 twitterコメント 31件中 1~31件
🆘🆘🇺🇦🇺🇦🇺🇦㊗️㊗️㊗️
発信地:ランス/スイス
.
“光あるうち光の中を歩め”
トルストイの多くの子孫が、「私たち一族は、罪のない国を侵略するという現在の恐ろしい行為に反対します」と記した書簡に署名し、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領宛てに送った
ーー “曽祖父のトルストイは、平和主義者だったことで有名だった。もしも、ウクライナの紛争を見たら「戦慄(せんりつ)」し、「完全に打ちのめされてしまうだろう」”
さすが、文豪トルストイのひ孫さんです。↗️ 🇺🇦🕊
最近の若い子、トルストイを知らないので、『イワンのバカ』でギャグ言っても、うけない。
トルストイのひ孫、スイスでウクライナ難民受け入れ

露の文豪トルストイのひ孫、マルタさん(84)はスイス・アルプス近郊の小村に暮らしている。
難民を助けたいと所有アパートをウ避難民の女性と母親に提供。
祖父がこの紛争を見たら「完全に打ちのめされてしまうだろう」
こうした交流によって市井の人々は友愛の情を交わしているのだ…
労わりと慈しみ、何という尊さ…
~自身を含めトルストイの多くの子孫が、「私たち一族は、罪のない国を侵略するという現在の恐ろしい行為に反対します」と記した書簡に署名し、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領宛てに送ったことを明かした~
無風の好きな
「ここにあるのは恐怖」 荒廃したマリウポリの今


レフ・トルストイのひ孫、マルタ・アルベルティーニ(84)はスイスでウクライナ難民を受け入れている。
トルストイは19世紀半ばクリミア戦争に従軍し、セバストポリ包囲戦を経験。
*「
… 4月16日付の AFP 通信より。
トルストイのひ孫がスイスでウクライナ難民受け入れた。トルストイもドストエフスキーもルーツはウクライナにある。トルストイは若きガンジーと文通していて、それが無抵抗主義に強い影響を与えた。戦争よりも平和を!

トルストイのひ孫、スイスでウクライナ難民受け入れ
トルストイの曾孫さんがプーチン宛に戦争反対のメッセージを送り、ウクライナ難民を受け入れてる話。めちゃくちゃ勇気あるな。
「曽祖父のトルストイは、平和主義者だったことで有名だった。もしも、ウクライナの紛争を見たら「戦慄」し、「完全に打ちのめされてしまうだろう」と述べる」
グッジョブ👍🌟
ほんまに「トルストイも泣いてますわ」言うてるやんか
知り合いなら自然な行動💖
心配ですよね。
トルストイなら確かに。
ロシアでは「戦争と平和」を持っていて逮捕されたと聞きましたが…文豪が生きていたらどう思ったことか。
誇り高きひとびと。
素晴らしい行いです。本当のロシア人は、きっとこの様な方々だと思います。ロシア国内からの反戦運動、応援してます❗
「マルタ・アルベルティーニさん(84)はスイス・アルプス近郊の小さな村に暮らしている。家族のルーツであるロシアによるウクライナ侵攻が起きるとすぐに、難民を助けなければという思いに駆られたという」
素晴らしいです🇺🇦🐕✨
↓
海外にもぴょん吉みたいなベランダあるんだねえ。
曽祖父のトルストイは、平和主義者だったことで有名だった。もしも、ウクライナの紛争を見たら「戦慄(せんりつ)」し、「完全に打ちのめされてしまうだろう」と述べる。
レフ・トルストイはかなりの子だくさんだったはずなので、子孫はあちこちにいるんでしょうね。
「自身を含めトルストイの多くの子孫が、「私たち一族は、罪のない国を侵略するという現在の恐ろしい行為に反対します」と記した書簡に署名し、ロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領宛てに送ったことを明かした。」
Great-grandson of Tolstoy, literary giant, accepts Ukrainian refugees in Switzerland
📍
📝
【出所 News / 厳選】
タイトルとURLをコピーしました