メディア記事

欧米は「核戦争」に固執 ロシア外相が非難
欧米は「核戦争」に固執 ロシア外相が非難
【3月4日 AFP】ウクライナに侵攻したロシアのセルゲイ・ラブロフ(Sergei Lavrov)外相は3日、欧米諸国の政治家が核戦争に固執していると非難した。

バズる指数ピーク 28

 twitterコメント 25件中 1~25件
ロシアが仕掛けた侵略戦争

何言ってんだ
でもこの人、プーチンの御前会議に呼ばれない様な「ザコ」なんだよね、所詮。
メッセンジャーボーイじゃカウンターパートにはならないでしょ。
核攻撃を示唆したのはロシア。しかもジュネーブ条約第1条違反の原発に対する攻撃も行った。
おそらく暴走するプーチンと、閣僚らの間に温度差があるのかもしれないが、プーチンを引きずり下ろすべきでしょう。
侵攻してる国が核に言及して、原発を掌握し、諸悪する為には攻撃も辞さないで打っ放してればそりゃー神経質にはなるでしょ
全部ロシアが発信元ですけども
ラブロフよ
貴方まで話が通じない花畑の住民になったのか
核攻撃について、ロシアこそが今、これだけ世界を脅威に陥れているのに、そのロシア外相が何を言おうとしてるのかさっぱり理解できない😱
ロシアの国家安全保障会議に この外相は入ってない

前からクレムリンと外務省って 別の権力らしいけど

この人の言うことイコール ロシアの決定ではないんだってね
(2022年3月4日 AFP)
ロシア自身が核使用をちらつかせて恫喝しているくせに、被害者ズラは決して許されない。核戦争までエスカレートした場合、相互確証破壊を引き起こしたときの責任はすべてプーチン自身にある。
(地球温暖化が反転するかもと算段してるそうなので)「核戦争という考えが常に駆け巡っているのは西側諸国の政治家の頭の中であり、ロシア人の頭の中ではないことを指摘したい」
あんたに言われたくないよ‼️そのまま言葉をおかえしします。
.
AFPの報道
こいつは何を言っているのだ?
救難信号か。
ロシアのメシア思想と欧米の破壊の後にメシアがやって来るという狂った思想。

どっちもダメな思想であることは確かだが、両方共に聖書に基づく欧米では真っ当な思想。日本人には到底理解できない。
いつの時代も「この世の終わりが来る」と叫ぶ、終末論の大好きな人たちがいる。大抵は、やばいカルト。これは自らサリンまいた新興宗教団体の事例に近いかな→
さっさとプーチンを始末してください。誰でも良いから。
いやいや核兵器言い出したのおたくのボスが先だと思うんだが・・・>
何言ってたんだ
そっちから言い出したことだが……
先にしかけておいて、この屁理屈。ヤクザの恫喝と同じ。絶対にプーチン政権を許してはならない。
ラブロフが、第三次世界大戦になれば核戦争になるのは自明であり、欧米の政治家の頭の中では核戦争が駆け巡っている。ロシア人は核戦争を考えていない、とプーチンの核抑止力部隊への厳戒体制移行に関し詭弁を弄した。
核の脅しに欧米が引かない事に焦っている。
次の手は「小規模な核兵器の使用」だろうが、重大な結果になる。
核兵器による威嚇を行っているのはロシア。/
核の使用を仄めかしといて何を言っておるのだ?
ロシア外相は3枚舌でフェイク殺人者を手助けしている。
タイトルとURLをコピーしました