メディア記事

ワリエワ、検体から複数の治療薬検出 米紙報道
ワリエワ、検体から複数の治療薬検出 米紙報道
【2月16日 AFP】北京冬季五輪に出場しているフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(Kamila Valieva、ロシア五輪委員会<ROC>)について、米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が15日、今回のドーピング騒動につながった検体から心臓の治療に使う3種類の薬物が検出されていたと報じた。

バズる指数ピーク 162

 twitterコメント 78件中 1~78件
これらもお祖父ちゃんの飲んでいたものなのかな?(棒)
大人が盛ったのだろうが、健康な未成年に不要な薬を盛る大人が居る環境が可哀想になる。
15歳の子がコーチや周りから体のためだから飲めと言われたら断るわけないでしょう!これは周りが悪い!まだ子供なのに可哀想に。
国の為に
この若さで体ボロボロ?
いろんな意味で
お気の毒ですね
>L-カルニチン
エナジードリンクに含まれているような成分でもドーピングになるんだな
今回検出された「禁止薬物に指定されていない」L-カルニチンは脂肪燃焼を促進する効果のあるアミノ酸であり、羊肉や牛肉に多く含まれています。そのため一般の方も普段摂取している成分です。これが検出されたこと自体は「動物園で熊が出た」みたいな感じですね。
これって周りの悪い大人が当人に知らせず飲ませてたってことかな。あるいは当人は言い訳だけ練習させられて飲まされたとかかな。未成年という弱者的立場を逆手に取ったあくどいやり口だなぁ。
L-カルニチンはただのアミノ酸だぞ。報告に言い掛りを混ぜるな。正当性がぼやけるだろ。
トリメタジジンの他にも、WADAが禁止薬物に指定していない心臓の治療薬ハイポクセン(Hypoxen)とL-カルニチン(L-Carnitine)が含まれていたと報じた。
(ヽ´ω`)おじいちゃん、いろいろ薬飲んでるんだなあって読んでた
禁止薬物に指定していない成分が出てきたからどうなのよ。
指定されてないんだからいいんでしょうよ!

15歳の子供が、自ら進んで調べて飲むんですか?
医療も科学的知識もないのに。
五輪を餌にしてる指導者を追えよ。
ワリエワ、わりぃわ
国ぐるみでドーピングやるよぅな国だからな
「国家ぐるみの だが、そんな中で出場した女子フィギュア の から採取した検体から禁止薬物3種類が検出された事実は重大だ!
過失による摂取であったとしても、公正を損なうので出場許可という判断はおかしい。
それとは別に、まだ15歳なので精神面でのケアを大人達がしてあげてほしい。
これは卑劣な米帝の宣伝ですね(白目
しっかり原因調査して欲しいものです。
ワイは出場させるべきではないと思うが。他の選手に失礼。
オリンピック闇が多すぎ。開催しなくて良い!
お爺さん随分沢山の薬飲んでいたようだ。
完全に黒やん‼️
知らずの内にってのは言い訳として苦しいぞ💦
共産主義の国はなんでもありですね。

絶望 特大ブーメランですなw
ワリエワの検体から心臓の治療に使う3種類の薬物を検出 米紙ニューヨーク・タイムズ報道
これが真実だとしても、処分においては十分な違反には変わらないでしょ。自転車競技なら1〜2年は当たり前に出るレベルの過失事案や
普通、嫌なことがあったときは、気丈に振る舞おうとして作り笑顔で自分を鼓舞すると思うんだがな。終始困り顔ってのは逆になんだか違和感を感じる。
〝スポーツ仲裁裁判所は14日にワリエワの五輪出場継続を容認〟
スーツの測り方を勝手に変えて2cm大きいと言い掛かりつけて、即失格にする一方、こんなドーピングは野放しにする異常さ。なにがスポーツマンシップだ、阿呆か。
残り2種類は、禁止薬物ではないってのが微妙
祖父とグラスを共有した事に起因する可能性… /
メダルが欲しいんですか?おクスリ出しときますねー
児童虐待…
もしも、大人が15歳の少女に意図的に薬物を摂取させていたのであれば可哀想。
技術的な面では、相当な努力をしてきただろうに。。。
心臓の治療でトリメタジジンを服用する祖父とワリエワが同じグラスを使ったようだと伝えている。



禁止薬物に揺れるロシアでの騒動ということで否定的な見方が強かったが、ようやく理解出来る内容の情報が出てきた。
中共に良いように利用された冬季オリンピック、IOCは現体制を解体して新たに作り直すべき!
政治的に利用された平和の祭典、最早無用の長物か?
、 、 ドーピングカクテルかな?
1つは言われている禁止薬物で祖父のグラスで唾液を介して摂取したというものw
あと2つは非禁止薬物らしいが、その組み合わせで、禁止薬物と同等の効果があるらしいwww

ほぼ黒くて金メダルとっても批判されるだけでその選手にとっても良くないと思うが・・・。
そのお爺ちゃんは選手村まで同行してるの?それとも何日も前に同じグラスを使っただけで検出される様な薬なの?
ってかスポーツ選手のメンタルヘルスが叫ばれる中、1ミリも守れてない。IOCもそこだけは考慮したら?
ROCのカミラ・ワリエワ選手、ドーピング騒動で3種類の薬物が検出されているのに「祖父と同じコップを使い混入した」言い訳で出場し1位。
でもノルディックスキー・ジャンプの高梨沙羅選手はスーツの太もも部分が2cm太かったとして失格。
今回のオリンピックは何なんでしょうね
スーツが2cmどうたらで失格とかやっているのに、こんな明確にアウトな件を放置する意味が分からない。未成年の選手側に拒否権がなさそうなら、それこそチーム自体に処分下さないと意味がないのでは。 / …
蝶のように舞うワリエワちゃんの笑顔を消さないでよ。
何が出ても全部お爺ちゃんの薬なんです
・・・・は?いやいや、有り得んだろw
体操、水泳といった成長途上の未成年者が有利な種目がドーピング禍の温床となってしまう。ワリエワは本当に気の毒、最大の犠牲者の一人でもあろうが、保護を謳う大人たちが出場不可として連鎖を断ち切るべきだった。
カルニチンもダメなの??
に出場しているフィギュアスケート女子の について、米紙ニューヨーク・タイムズが15日、今回の 騒動につながった検体から心臓の治療に使う3種類の が されていたと報じた。
まだ間に合うから資格停止せにゃ
あらららー。可愛いから無罪でいいんじゃね?(適当)
2018「ナンシー•ケリガン襲撃事件」この有様醜聞、聞くに耐えない
15歳少女に向かってどこまで言える!?
要は競争相手を嵌めて国際競技から葬りたい!?
「ワリエワ…検体から心臓の治療に使う3種類の薬物が検出」←ここまでだと、むしろ、ホントに祖父の薬に反応したのかという気はしないでもないな。アウトになるんだろうけど。
( ・`д・´)✨ほほう💢
やはり。本人は知らないうちに周りの悪い大人たちに薬漬けにされている
危険性がありますね。
これこそ未成年者への虐待
早く保護してROCはオリンピックから追放すべきではは?
スーツとかフライングはあっさりアウトなのにドーピングオッケーなのちょっと笑う
薬物が禁止されると、別の薬を使ったり開発したりする。いたちごっこ
ニューヨーク・タイムズが15日、検体から心臓の治療に使う3種類の薬物が検出されていたと報じた

14日にワリエワの五輪出場継続を容認

ただし、ドーピング疑惑が解消されたわけではなく、後日処分が下る可能性がある
今回のドーピング騒動につながった検体から心臓の治療に使う3種類の薬物が検出されていたと報じた。
トリメタジジンは狭心症の治療に使われる
ほかに心臓の治療薬ハイポクセンとL-カルニチンが含まれていた
15歳でなんでこんなに薬漬けなんや・・・
ワリエワは直ちに失格とすべきだ。
これさあ、彼女のじーさんは心臓のお薬をワインで飲んだの?ロシアってお薬をアルコール摂取する風習でもあるの?
===
そもそも「16歳に満たない彼女はアスリートの将来に悪影響を及ぼす可能性があるから(出場を認める)」が無理筋過ぎ。

そしてこうやってますます強い疑念事案が出てくる。

そのうち「あの検査検体、実は間違えて他人のを提出していた」とか言い訳するんじゃないの?(笑)
仮に事実だとしても失格にしたらドンパチ始まっちゃうから失格にはできんでしょ。
装置ではアウトと判定できるのに。いろいろ学習した人達は問題ないという評価でしたっけ。
禁止外薬物を記事にして何の意味が?と感じる方もいると思います。
検査の中立性、正確性が担保される前提で(これ自体かなり難しいけど)、未成年や不慮の摂取等の理由の如何を問わずに検出で一律アウトにするしか無いのではという感じもする。中途半端が一番よくない。
罰するべきは組織的に行っている団体もしくは親、さらにはロシアだなー。
そもそもなぜロシアはROCと呼ばれることになったのか、気にもしてない感じ。
お爺ちゃん沢山薬飲んどるんやねえ.
「祖父の薬が誤って体内に入ったことが陽性反応の原因」だと出場できるの?風邪薬でもダメなのに?次は祖母、叔父、叔母、親戚総動員しそうだな。
どうやら事象については決まりのようですね。
何処が責任を負うのか。

2022年2月16日 10:26 発信地:ニューヨーク/米国
ドーピングも、その疑惑に伴う彼女の精神的なダメージもない、クリーンな状態での演技が観たかったなぁ。:
次はお婆さんの薬でしょうか?
もう何言っても無理だと思いますけどね。
「世界反ドーピング機関(WADA)が禁止薬物に指定していない心臓の治療薬ハイポクセン(Hypoxen)とL-カルニチン(L-Carnatine)が含まれていた」
禁止薬物にしていないものは、使うのは問題ないが…
ワリエワのおじいちゃん「わしはたくさん薬を飲んでおったのじゃよ。ワインでグイッとな。ホッホッホッホッ…」
13歳のウ国選手が露もドーピング当たり前的な発言をしていたけど、専制政治下の特定業界で自国の幼い選手にインフォームドコンセントも無しに薬物投与とか、虐待以外の何物でもないからな。マンフレッド・ヒョップナーかよ。
タイトル変更されましたね。

「複数の治療薬」→「複数の薬物」

心臓の治療薬に含まれる成分があったから、その通りなのだろうということなんだろうか?
>ニューヨーク・タイムズは、ワリエワの検体にはトリメタジジンの他にも、世界反ドーピング機関(WADA)が禁止薬物に指定していない心臓の治療薬ハイポクセン(Hypoxen)とL-カルニチン(L-Carnatine)が含まれていたと報じた。
あーあー・・・。
②が検出されたことを五輪開幕後に知らされた。トリメタジジンは狭心症の治療に用いられる一方、持久力を高める効果のある薬物だが、スポーツ仲裁裁判所は2/14にワリエワの五輪出場継続を容認したが、ドーピング疑惑が解消されたわけではなく、後日処分が下る可能性がある。
ウクライナ侵攻の報道と同じ、オリンピックメディア版でしょ…😰
メンタル強いと言うよりも、ジャンキー故に心臓に毛の生えた強さか。ある意味 手強いなw。 >#
→「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)が15日、今回のドーピング騒動につながった検体から心臓の治療に使う3種類の薬物が検出されていたと報じた(中略)ドーピング疑惑が解消されたわけではなく、後日処分が下る可能性がある。」
今までどれだけの選手が「間違って飲用」してしまい追放されてきたことか。。。
これでは今まで陽性反応で追放されてしまった選手が気の毒すぎる
みんな気をつけているのに
ワリエワは気を付けなかった
仮にそうだとしたら脇が甘すぎる。

「不公平」と漏らす選手も ワリエワの禁止薬物問題


そうだろうね。
まじかよ
SDGsニュース
タイトルとURLをコピーしました