メディア記事

『ファイト・クラブ』改変騒動、中国版の方が原作寄り 原作者
『ファイト・クラブ』改変騒動、中国版の方が原作寄り 原作者
【1月29日 AFP】中国で配信されている映画『ファイト・クラブ(Fight Club)』のエンディングが当局が勝利を収める形に改変されて物議を醸しているが、原作者によると、実はデヴィッド・フィンチャー(David Fincher)監督版よりも原作に近いという。

バズる指数ピーク 111

 twitterコメント 62件中 1~62件
中国版だったらメルパさよなら興行には上映されなかった?↓
ビル爆破シーンの代わりに「警察は迅速に計画の全貌を突き止め犯罪者全員を逮捕し爆発を未然に防ぐことに成功した」メッセージで終わり
面白いな
懐かしい!!好きな映画だったわ。
“原作小説の著者、チャック・パラニューク(Chuck Palahniuk)氏は「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で、中国版は少し原作寄りに戻った」と米エンタメ情報サイトTMZで語った。”
まぁハリウッド大作は事前に幾つかのエンディングを用意して、試写会の段階でテストする事は割とあるらしいけど…。
確かに中国版のほうが原作寄りだわw
俺はデヴィッド・フィンチャー監督を支持する。
国家権力に芸術作品をいいようにされてたまるか。
権力の検閲それを逆手に取って〜という一手間は作品を弱めるのだ。
なんだこの記事原作厨かよと思ったけど、「原作小説の国外版がフィンチャー版寄りに改変されていることもよくある」のくだりで「へー」ってなるな。
マ ジ か ! ?
へー。でもやっぱりファイト・クラブは、あの破壊的なシーンで終わるからこそ傑作なんだと思うけどなー。
映画を愛する者たちよ、拳を挙げろ!
へ~~~~~…
めっちゃ皮肉ですやん
特にハリウッドでは原作と映画が違うことが多いが皮肉にも中国の「道徳」に照れし合わせると… =
既存の社会が既得権者によって牛耳られているのはそうだろう。
権力を持つ人、資本主義の恩恵を受けてる人。
自由な創作が改変される事は共産の特許では無いという事だね🤔
そうなのか。原作だと続編で2あるしな。
『ファイト・クラブ』の中国版のエンディング改変問題、原作者は中国版のほうが原作に近いとコメントしたことが話題になっていますが・・・
そうなの。
あ、これかー
とってつけたように政府の「正しい」対応を強調するエンディングは「少年の君」「戦狼 ウルフ・オブ・ウォー」でもあった。やれやれ。
ビルの爆破シーンの代わりに画面が黒くなり、「警察は迅速に計画の全貌を突き止め、犯罪者全員を逮捕し、爆発を未然に防ぐことに成功した」というメッセージが流れる… >
映画『ファイト・クラブ』の、中国政府による(恐らく政治的な意図による)改変騒動について、原作者が「でも、この方が原作に近いんだよ」と落ち着いている皮肉。(原作者にしたら、映画の脚色には納得していなかったかもしれないしね)
中国。。。
しかし、パラニュークはシニシズムで、中国当局はガチという…
そういう問題じゃねえんだよ
“「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で、中国版は少し原作寄りに戻った」” じゃあ中国改変版も入れてBlu-ray売りなおそうぜ
原作読んでみたくなった!
「いかに後味を悪くできるか」みたいなとこのある話ですからねえ。
“パラニューク氏は、原作小説の国外版がフィンチャー版寄りに改変されていることもよくあるとした上で、「私はこの手の修正にずっと対処してきた。25年間も」と語った”

AFP
【AFP BB News】

チャック・パラニューク(原作者)
「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で、中国版は少し原作寄りに戻った」
「パラニューク氏は、原作小説の国外版がフィンチャー版寄りに改変されていることもよくあるとした上で、「私はこの手の修正にずっと対処してきた。25年間も」と語った。」
▼
必ずしも原作通りの方が受けるって訳じゃないんだな。
そうだっけ。覚えてないな。チャック・パラニュークの『ララバイ』と『サバイバー』の映画化はまだですか。『ララバイ』は何年も前にクラファンやってそれっきりだけど…
「原作小説の国外版がフィンチャー版寄りに改変されていることもよくある」ややこしい/
「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」
面白い
そうなの?🤔
いや、そういう問題じゃねーんだよな。だったら中国版としてリメイクすりゃいい話。勝手にラストを改変するなんざ作り手への冒涜に他ならんよ。
中国版のエンディングがギャグっぽくて面白かったんだけど、まさか元の方が改変が酷かったとは。皮肉としても面白い。
実際そうなんだよね。原作は終わり方が地味で余韻をもたせてる感じ。
ふーむ、「中国だから」という偏見でものを見てはならず、よく精査しなければならないという証左だなあ🤔
ちょっと笑った
中国が好きな人達(穏当な表現)がコレに反応してるのを見るけど、「原作に合わせるために改変した訳じゃない事位は理解してますよね?」って聞いてみたくなる。
[精神科・心療内科]
そもそも中国版とか作っていいのか
こwwwれwwwはwww
オール・ユー・ニード・イズ・キルだったら原作の結末に寄せた方が原作者は喜んだのかなぁ🤔

重要なのは商業的に成功したかどうかなのだが…(´ω`)ウレナキャナンニモナラン
これは面白い皮肉。確かにどちらの終わり方もアリなのかも。
しかし中国で検閲されて変更した方が原作寄りとか、皮肉な話やな。てか原作本はアメリカでは「禁書」扱いされているのか。
ジャックちゃうやろ…
個人的にはフィンチャー版の終わり方たいしていいと思ってないんだよな。
作品は原作者の物ではないから勝手に言ってろって話。既に『ファイト・クラブ』はD.フィンチャーの物でも勿論ブラッド・ピットの物でもなく観客の物であり我々の物だ。
ほえええ!
これまたちょうどジョジョがらみでチャック・パラニュークも読んでいるんだけど、かなりいいです原作。
大森望が言及してたやつか
そうなのか……
あ、この件、原作者も言及してたんだ。
原作小説が翻訳される時に、映画版に近い形に改変される逆のケースもあったと。
The first rule of Fight Club is you do not talk about Fight Club./
"原作小説の著者、チャック・パラニューク氏は「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で、中国版は少し原作寄りに戻った」"
話が複雑になってきた。
”チャック・パラニューク氏は「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違いエンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で中国版は少し原作寄りに戻った」と米エンタメ情報サイトTMZで語った”
>パラニューク(Chuck Palahniuk)氏は「皮肉なことに、中国版はフィンチャー版と違い、エンディングを原作とほぼ同じ形にそろえている」「だからある意味で、中国版は少し原作寄りに戻った」
タイトルとURLをコピーしました