メディア記事

フリーメイソンの秘密解明に一歩 ナチス押収の資料館 ポーランド
フリーメイソンの秘密解明に一歩 ナチス押収の資料館 ポーランド
【1月22日 AFP】第2次世界大戦(World War II)中、ナチス・ドイツ(Nazi)に押収された友愛結社「フリーメイソン(Freemason)」の膨大な歴史的資料がポーランドの図書館に所蔵されている。

バズる指数ピーク 54

 twitterコメント 27件中 1~27件
じつはあのモーツァルトもフリーメーソンだった。
最強のフリーメイソンは日本の黄色ユダヤ人秘密組織。
TVで洗脳させ、国民全員にマスク。蔓延防止というふざけた名前で国民を管理、あちこちでうるさいコロナアナウンス。今や独裁国家。

太古の昔は天国と呼ばれ、皇子を世界へ派遣していた世界の中心国家だった。
フリーメイソンの一部は、怪しい成分という理由で、コロナワクチン接種に否定的と聞いた。
いったい何が出てくるのだろう。興味深い。
👉
ナチス・ドイツに押収された「フリーメイソン」の膨大な歴史的資料がポーランドの大学図書館に所蔵されている。秘密解明に向け調査開始。
SSのヒムラーがドイツ軍の占領地から押収した資料❗️
◆フリーメーソン対ナチス!!
フリーメイソン
NEWSでとりあげるなんて
第2次世界大戦中、 に押収された友愛結社「 がポーランドの に所蔵されている。学芸員は、まだ多くの謎が眠っているとの見方を示している。
おおっ:
おぉー😃すごいな!!
ナチスは当初、フリーメイソンを容認していたが自由主義的な知識人の秘密結社は反体制勢力の中心になり得ると見なし1930年代には陰謀論の標的とするようになった。第2次大戦中はドイツ軍の進攻に伴い、国内外でフリーメイソンのロッジは解体され、会員は投獄、または殺害された
第2次世界大戦中、ナチス・ドイツに押収された友愛結社「フリーメイソン」の膨大な歴史的資料がポーランドの図書館に所蔵されている。学芸員は、まだ多くの謎が眠っているとの見方を示している。
(笑)
17世紀から第2次大戦前までのフリーメイソンの資料約8万点が所蔵されている。女性版ロッジ(支部)に関する見解や、非公開の式典で使われた楽譜など、知られていない歴史にも光を当てる資料群だ
おー。これからの解明が楽しみ。
股の間を潜らせるあの握手の謎が(゚д゚)
ほぅこれが出てくるようになったか👏
ロマンがすげぇこれ
…ナチスは当初、フリーメイソンを容認していたが、自由主義的な知識人の秘密結社は反体制勢力の中心になり得ると見なし、1930年代には陰謀論の標的とするようになった。 第2次大戦中はドイツ軍の進攻に伴い、国内外でフ…
こういうニュースがしれっと出てくるようになったんやね。
「17世紀から第2次大戦前までのフリーメイソンの資料約8万点が所蔵されている。女性版ロッジ(支部)に関する見解や、非公開の式典で使われた楽譜など、あまり知られていない歴史にも光を当てる資料群だ」
📝
📌記事を読む

【出所: / 厳選】
の秘密解明に一歩 ナチス押収の資料館 ポーランド
ドイツ軍の進攻に伴い、フリーメイソンのロッジは解体され、会員は投獄、または殺害された。
ポズナニ大学の資料群は、ナチス親衛隊のトップだったヒムラーの命令によって押収された。
反知性的、反エリート的な傾向のあるナチスのイデオロギーは本質的に「反フリーメイソン」だった、と。 »
📍
📝【1月22日 AFP】第2次世界大戦中、ナチス・ドイツに押収された友愛結社「フリーメイソン」の膨大な歴史的資料がポーランドの図書館に所蔵され…

【出所 News / 厳選】
タイトルとURLをコピーしました